タイの伝統的な挨拶「ワイ(wai)」とは!?

タイに行くとよく見かけますよね?また自分もされることがあるのですが、なんとなく見よう見まねでしていた合掌です。

日本でもお葬式などで合掌いたします。また、小さい頃にみんなでお弁当と食べる時に合掌をしたのを覚えています。

ということで、今回の記事は、タイでよく見かけるこの合掌「ワイ」について、調べてみることにしました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年版 日本人男性がタイでモテるための5つの条件とは!?【保存版】 この記事を読んでみる

タイの伝統的な挨拶「ワイ」とは!?

 ワイ

ワイとは?

上の写真にもあるようにタイではマクドナルドのドナルドさんも「ワイ」でお出迎えしてくれます。この「ワイ」とは一体どういうものなのか気になったので調べてみました。

このワイ(合掌)は(英語: wai, タイ語: ไหว้)は、タイの伝統的挨拶。先方への敬意を示すもので、合掌してお辞儀をすることを言います。

日本人も小さい頃、給食のご飯を食べる時にみんなで手を合わせたり、お寺で合掌したりと馴染み深いものです。

おそらくルーツはタイも同じ仏教の国です。宗教的な作法から始まったのだと思います。そして、日本の合掌とタイの「ワイ」には違いがあるようです。

タイの合掌について

タイの場合は手のひらを完全に合わせるのではなく、中を少し膨らませます。これは仏教と縁の深い蓮花の蕾を模しているということのようです。

また、合掌の位置が上にあるほど、そしてお辞儀が深いほど敬意の高さを表します。親指を鼻に限りなく近づけるのが最高の作法のようです。

特に注意すべき点は「ワイ」は年長者や社会的身分の高いひと、特に僧侶へ向けてする作法のようで、あまり年下の人にすることではないようです。

ただ、相手からワイをされたら微笑するか、軽いワイと会釈をしてお返しするのがいいようですね。

タイでは小さいころからワイを教わります

JALの機内で流れている映像には、小学生が学校の入り口で先生に1人1人「ワイ」している映像が流れていました。ということは小さい頃に習う基本的な挨拶なんでしょうね。

タイでのワイは、私みたいに誰にでもすべきではないようですね。相手の立場や身分などに従ってするようです。

私のイメージでは合掌とは、アニメのサザエさんで、マスオさんが「サザエ頼むよ〜」って感じでマスオさんが手を合わせて何かをお願いしているシーンを思い浮かべました(笑)。

タイの「ワイ」には、こういうお願いや謝ったり、感謝したりなどの意味合いとは全く違う意味があったのですね。

私たち外国人はどうしたら良い?

とはいえ私たちは外国人ですからどうしたらいいのでしょうか?とりあえず自分より目上の人?年配の人にされたら、悪く会釈をして、「ワイ」すればいいといった感じでしょう。

絶対ないかもしれないですが、もしタイでとんでもない偉い方にお会いする機会があったら、それは綺麗な「ワイ」と深々お辞儀をすると言った感じでしょうか。

とはいえ私が思うには、日本で外国人が合掌しているのを見ると、なんだかほのぼのするよな感覚と一緒ではないでしょうか。

タイでも、私たち外国人が街中で「ワイ」をしている姿を見ると、決して悪い気はしないような気がします。むしろ好印象なのではないでしょうか。

そうだ、タイに行こう!!!

非常に評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。

サプライスは、HISが運営しているオンライン旅行代理店、日本の会社ですから非常に信頼もできます。また、とてもリーズナブルな料金に定評があります。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)へはこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

タイのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

タイのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをたいへんお得に予約することができます。

また、日本人による安心のカスタマーサポート、予約に関する確認を日本語でお問い合わせすることもできます。ぜひ、アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

ということですが、今回タイの伝統や生活習慣の中での「ワイ」をなんとなくですが理解できたので、ちょっと実践してみようかと思います。

<人気の関連記事はこちらからどうぞ>

【タイ移住】バンコクに住んでみるということを考えてみる この記事を読んでみる

【タイ移住】バンコクに住んでみるということを考えてみる Part2 この記事を読んでみる