バックパッカーの聖地『カオサン』は米屋街だった?

バックパッカーとして、タイを訪れる際、必ず訪れるところ。『カオサン』通りですね。

私も若かりし頃、東南アジアを周遊中にタイを訪れた際には、カオサンのゲストハウスに宿泊しました。

最近はめっきり行くことがなくなりましたが、大変思い出の深い場所です。

最近タイの友人と話していて、ふと思ったのですが。現地の言葉で『カーオサーン』?「カーオ」(ข้าว)はご飯・米の、という意味。『サーン』(สาร)は炊いていないという意味合い。

そんな話がちょっと気になったので、詳しくカオサンの成り立ちを調べてみました。

バックパッカーの聖地『カオサン』は米屋街だった?
 

『カオサン通り』

カオサン通り(カオサンロード)はバンコクの中心部から少し離れた位置にあります。

住所 Khwaeng Talat Yot, Khet Phra Nakhon Krung Thep Maha Nakhon 10200 Thailand

BTSの一番近い駅、ラーチャテーウィー(Ratchathewi)駅からでも約4キロほど。

中心部から向かう場合は、バス、タクシーなどを利用。もしくはチャオプラヤ川の船を利用した水上交通。

サパーンタクシーン駅、2番の出口を降り、サトーンピアという船着場からPhra Artit Pier(プラ・アーティット・ピアー)に向かいます。この港から約5分歩くとカオサンに到着します。

派手は看板が立ち並び、周囲とは異なる雰囲気の繁華街です。英語で書かれた看板たくさん掲げられ、世界各国からやってきた観光客がたくさんいます。

夜にはたくさんのネオンで輝き、通り沿いに並ぶゲストハウスの下のバーには、外国人観光客があふれ、深夜まで大変にぎやかな街となります。

ここがバンコク最大の安宿街で『バックパッカーの聖地』カオサン通りです。

現在では、バーでまったり飲んだり、クラブで騒いだり。マッサージやナイトマーケットでショッピングを楽しむなど。特に白人たちの天国といった様子です。

『バックパッカーの聖地』だけあって、屋台やナイトマーケットなどの物価は安いです。

しかし、その安さとリンクするかのように、クオリティーは若干低めのような気がします。

クオリティーよりも雰囲気を味わう事が重要なのかもしれませんね。

安宿街になった『カオサン』

カオサン通りがゲストハウス街に変わっていくきっかけは、1983年のバンコク遷都200年記念祭だと言われています。

この頃から、バンコクを訪える外国人観光客が増え、映画のロケでも使われるようになりました。

そのロケ隊の一行が、カオサン通りの民家の空部屋を借りたことがきっかけとなり、85年頃から空部屋を格安で貸し出すゲストハウスが現れ始めます。

その後、ゲストハウスが増えるにつれて、安宿街となっていったのでした。

ゲストハウスの設備は簡素で、最低レベルは相部屋のドミトリー形式。トイレ、シャワーは共用だが、宿泊費が安いことから、バックパッカーが押し寄せるようになります。

現在のカオサン通りはこうして生まれたのでした。

スポンサーリンク

水かけ祭り【ソンクラーン】のメッカに

現在のカオサン通りは、タイの旧正月である【ソンクラーン】を祝う場所として有名になりました。

ソンクラーンは4月上旬の一番暑い盛りに新年を祝う行事です。

元々は、目上の人の手に水をかけて新年を祝うものだったのですが。その後、大々的に水をかけあう盛大なお祭りになりました。

そして、現在の「水かけ祭り」と言われるようになった由来です。

このソンクラーンの水のかけあいが、カオサンに滞在している外国人の興味を引き、1990年代頃から始まり、2000年頃には水かけのみならず、コンテストまで行われるようになりました。

こうしてカオサン通りは、今やバンコクにおけるソンクラーン祭りのメイン会場の一つになています。

米屋街だった『カオサン』

現在ではバックパッカーの聖地『カオサン』も、元々は米屋街だったことはほとんど知られていません。

この記事の最初の通り、『カーオ・サーン』とは「精米」を意味します。この通りの名前は、「トゥローク・カーオサーン」。つまり「精米小路」から来ています。

ラーマ5世王朝の時代に、現在のカオサン通りが作られました。その際に、以前からあった精米小路という名称が、そのまま通りの名前に用いられることになりました。

そもそも精米小路と呼ばれていたこの通りは精米を売るお店が並んでいたからです。

クームアンドゥーム運河沿いにあった米蔵から運ばれてきたお米をたくさんのお店が販売していました。

その後、精米以外にも、木炭や乾物などを販売するお店も増え、商店街として発展していくことになりました。

まとめ

現在のカオサン通りは、当時の米屋街の雰囲気とは大きく変わってしまったようですが、どことなく下町っぽい感じは、バックパッカーの旅行のスタイルにぴったりなのではないでしょうか。

私も久しぶりにカオサンを訪れてみたくなりました。次回は少し時間を作ってカオサンに行ってみようと思います。

でもソンクラーンのタイミングでは決して行ってはいけない(笑)。若ければ楽しいんですけどね。。。