『トムヤムクン』タイではスープではない!?

『トムヤムクン』はタイではスープではない

『トムヤムクン』といえば、これぞタイ料理ですね。日本でもたいへん人気のスープです。

世界三大スープと言われ、フランスの『ブイヤベース』、中国の『フカヒレスープ』、ロシアの『ボルシチ』と並び、世界中の至る所で食される人気のスープです。

ていうか三大スープなのに4つある?これは諸説あるようなので、ここでは言及しませんが。

この間、バンコクのタイレストランで、『トムヤムクン』はタイではスープではない?という話を聞きました。ちょっと気になったので、ちょっとだけ調べてみました。

『トムヤムクン』について過去の記事がありますので、こちらもぜひご覧くださいね!

トムヤムクン ต้มยำกุ้ง, Tom yum goong タイ料理の王道!!!を読む

『トムヤムクン』はスープではなくておかず!?
 
タイの食文化
 
『トムヤムクン』に代表されるタイ料理は、「辛い、しょっぱい、酸っぱい、甘い」などの濃い味の料理を想像しますね。
 
タイの食文化は日本と同じで、お米を主食として、タンパク源はお魚というのが基本です。
 
タイのお米はインディカ種ですので、日本のジャポニカ種と比べると、長粒でパサパサします。
 
そして、魚は伝統的に淡水魚を食べます。雨季の間に捕まえた魚を乾期でも食べられるように、発酵食品も作られています。
 
この魚を発酵させた時に出る、上澄みの液体が『ナンプラー』と呼ばれる魚醤です。日本の秋田県の『しょっつる』も同じものです。
 
このように日本の食文化とタイの食文化は味付けは違えど、多くの共通点があり、たいへん似た部分が多いですね。
 
こういった部分も多くの日本人にタイ料理が愛される理由の一つではないでしょうか。
 

伝統的なタイ料理

伝統的なタイ料理は、焼いたり、煮たりという非常に単純な調理方法でした。

基本的には主食がお米、おかずが魚などのタンパク質にハーブなどの野菜類を生食するのでした。

魚醤、調味料、唐辛子を組み合わせた「ナムプリック」と呼ばれるペーストで味をつけ、お米と一緒に食べるのが一般的でした。

その後、中国から「炒める」という料理法が伝わったことにより、現在では、炒めたり、揚げたりと油を使った料理が増えました。

いずれにしても、副食をお米とともに食べるスタイルは変わらず、味の濃い副食はお米を食べやすくするための、食欲増進剤の役割を果たしています。

『トムヤムクン』はスープではなくておかず!?

このように、タイ料理レストランの店主が言っていた通り、『トムヤムクン』も本来はスープではなくて、ご飯と一緒に食べるおかずのようです。

ご飯と一緒に食べるおかずであるからこそ、あの濃い味付けになっている、ということのようですね。

そして、私がレストランでトムヤムクンをご飯にかけて、日本でいう「猫まんま」風に食べるのは、実はタイでは伝統的な食べ方だったようです。

また、タイ料理に欠かせない、辛みを出す唐辛子は、実は新大陸から来た食材でありヨーロッパ人が新大陸を発見してから、アジアに流入してきた新参者でした。

それまでのタイの辛みの源はコショウでした。

暑い地域で辛いものが好まれるのは、辛さによって発汗が促進され、汗が引く際に清涼感を得られるからだと言われています。

コショウと唐辛子は、辛さの種類が違います。この発汗作用を促進する唐辛子の到来で、急速に辛みの主役が交代して行ったのは、こういう意味がありました。

常夏の国タイでも唐辛子が大量に消費されるのはある意味理にかなっていたようですね。

タイではこの唐辛子を口直しに、そのままかじることもありますからね。

まとめ

話が少し広がってしまいましたが、タイ料理の王道『トムヤムクン』が本来、日本のお味噌汁や西洋のコーンスープのようなものかと思いきや、『パックブンファイデーン』(空芯菜の炒め物)と同様に、ご飯の副食としてのおかず。

話の結論として、『トムヤムクン』がおいしいタイ料理の一つということは変わらない。ということでまとまりました(笑)。

しかし、こうやって食べ物の由来から、タイの食文化や歴史を知ることはすごくいいことだと思います。

また気になることがあったら調べてみます。では、次回の記事もよろしくお願いいたします。