【ホアヒンの歩き方】王室の愛するロイヤルリゾートを歩く

王族の避暑地としても知られる『ホアヒン』は、バンコクから南西におよそ200kmにあるビーチリゾートです。美しい白砂の海岸が続く、タイ湾西海岸でも有数の観光地となっております。

今から100年以上前に、バンコクからマレー半島を縦貫する鉄道がホアヒンまで開通したことを機会に、王室の避暑地として開発が始まりました。またバンコクから富裕層が訪れることになり、さらに発展いたします。

ラーマ7世の時代には、クライカンウォン宮殿も建設され、古くから王室も愛するロイヤルリゾートとして、格式のある優雅なビーチリゾートです。

【ホアヒンの歩き方】王室の愛するロイヤルリゾートを歩く|アジアの歩き方

ホアヒン(Hua-Hin)とは

ホアヒンは、タイの首都バンコクから南西に約200kmに位置する、タイ最古のビーチリゾートです。今から100年以上前に開発が始まりました。

バンコクから車で約2時間30分ほど、タイの玄関口「スワナプーム国際空港」から約3時間でアクセスすることができます。

タイ中部の都市で、マレー半島を縦断する鉄道が通る主要な観光地となっております。鉄道の開通とともにバンコクの富裕層が訪れるようになり発展しました。

近年タイ湾を挟んで反対側のパタヤが急速に開発されるまでは、タイで最大のリゾートを誇っていました。

王室の愛するロイヤルリゾート

小さな漁村だったホアヒンの開発が始まったのは、ラーマ7世の時代です。美しい白浜のビーチが、海浜リゾートに最適と王室の避暑地として発展していくことになります。

開発が進むにつれて、バンコクの富裕層が訪れるようになり、別荘やバンガロー、ゴルフ場などが建設されました。

フアヒンの北15kmに位置するマルックターイワーン宮殿や、中心部に近いクライカンウォン宮殿など、王室にゆかりのある建物をところどころに見ることができます。

フワヒン群-wikipedia

ホアヒンの美しいビーチ

ホアヒンのビーチは、南北に約5kmも続く美しい白砂のビーチです。パタヤやプーケットと異なり、エンジン音を発するマリンスポーツが禁止されていることもあり、のんびりと静かに過ごせるのが魅力の一つです。

浜辺でビーチシートを敷いて、屋台でタイのローカルフードを買って、のんびりするのに最適です。また、ホアヒン名物の乗馬を楽しむことができます。一度乗ってみるのもいいかもしれません。

ホアヒンビーチの中で海の透明度が高いことで知られるスアンソンビーチや、景観が美しサイノイビーチはさらにおすすめです。観光客よりも、地元のタイの方々が海水浴を楽しんでいる姿をよく見かけます。

ホアヒンでお買いものをするなら

ホアヒンナイトマーケット(Hua-Hin night market)

夕方くらいから、たくさんの観光客で賑わいます。タイレストランで地元のおいしいシーフードをリーズナブルに楽しめます。

シカダマーケット(Cicada Market)

綺麗に整備されたウィークエンド・ナイトマーケット。開催は毎週末、金曜日から日曜日。洋服や雑貨から絵画などのアート作品、日用品まで、いろいろなものが販売されています。中にはバンコクでも見たことないような素敵なものまで見つけることもしばしば。

18時くらいにはほとんどのお店がオープンしています。地元の人びともたくさん訪れて、たいへん賑やかなマーケット。

飲食店もたくさん出店しています。飲食する場合はチケットを購入して、各販売ブースで交換しましょう。ローカル屋台に比べて、少しだけ料金設定価格が高いですが、きれいで清潔です。

おすすめはプラー・パオ(魚の丸焼き)です。魚を丸ごと塩をたっぷりつけて丸焼きにします。ビールの肴に最高の1品。

タイの屋台飯(Cicada Market)を読む

前にCicada Marketの屋台に行ったときの記事です。合わせてご一読ください。

ホアヒンマーケットヴィレッジ

大型商業施設、ホアヒンマーケットヴィレッジです。日中に何か買いものに行きたい場合はこちらがおすすめです。基本的に必要なものはほとんど揃います。日曜日は定休日だったと思います。

またホアヒンでは貴重な両替所もあります。レストランなどもありますので、たいへん便利な商業施設です。

ホアヒンの観光スポット

ホアヒン駅(Hua-Hin station)

タイ国内でも最も古い歴史を持つ駅です。ラーマ6世の時代につくられた、王族専用の待合室を見学に来る観光客がたくさん訪れます。

クライカンウォン宮殿

1926年、ラーマ7世が建てたスペイン式建築の宮殿です。故プミポン国王陛下とシリキット女王がご家族でよく滞在されておりました。

タイ王室の滞在中以外は一般公開されています。非常に手入れが行き届いた美しい庭の宮殿。元々の宮殿名は、「心配事とは無縁な庭園」を意味するスアンクライカンウォンと言います。

カオ・タキアップ(Khao Takiab)

タイの観光名所と言えば寺院です。ホアヒンの寺院の中では1番有名な観光スポット。頂上まで少し歩きますが、美しいスワンソンビーチを望む絶景を見ることができます。

また、たくさんの野生の猿が生息していることから、「モンキーマウンテン」とも呼ばれています。かわいいですが、あくまで野生です。あまり刺激しないようにしましょう。

ブラックマウンテン・ウォーターパーク(Black Mountain Water Park)

2014年の年末にできたばかりの大型ウォーターパーク。お子様連れの家族、カップルにおすすめです。のんびりと海過ごすのに飽きてきたら、アクティブにレジャーもいいかもしれませんね。

入場料は大人1000B、子供600Bです。

エレファントヴィレッジ(Elephant village)

 ホアヒン

タイといえばエレファントトレッキングです。象に乗ってお散歩に出かけましょう。大自然、ジャングル中を象の背中に乗って、池の中を渡ったりとスリル満点の盛りだくさんです。

30分と60分のコースがあります。象の背中が意外にも揺れてバランスが悪いため、私は30分で満足できました。お子様はほんとうに喜ぶアトラクションですね。

ホアヒンのナイトライフ

バービア街

あまりガイドブックでは見かけませんが、上の地図の赤色マーキングのあたりに密集しています。ちょうどsoi57とsoi59の間あたりの地域です。意外にもホアヒンにはたくさんのバービアがあります。

また、soi80にもバービア街があります。特に夜中になると白人の観光客で騒がしくなります。遊び足りない方は行ってみるのもいいでしょう。

ホアヒンへの行きかた・バンコクへの帰りかた

バンコクからホアヒンへの行きかたは大きく2つの方法があります。

タクシーを利用する

スワナプーム国際空港、バンコク市内のホテルからタクシーで向かいます。乗車する車の大きさにもよりますが、ベーシックなセダンタイプで料金は約2000B程度。宿泊先のホテルまでダイレクトに連れて行ってくれます。

パブリックタクシーを利用することも可能ですが、私のおすすめはタイコールタクシーさんです。ちなみにスワナプーム空港からホアヒンのホテルまで1900Bでした。

タイコールタクシー(Thai Call Taxi)で『ホアヒン』に行ってみた 記事を読んでみる

実際にタイコールタクシー(Thai Call Taxi)でホアヒンに行った時の記事ですので、ぜひご参考にどうぞ。

バスを利用する

スワナプーム国際空港からホアヒン行きのシャトルバスが出ております。こちらを利用しましょう。料金は269Bとリーズナブルです。

ホアヒン郊外のバスターミナルに到着しますので、そこからタクシー(ソンテウ)に乗り換えて宿泊先まで行きましょう。料金は約100B程度です。

鉄道を利用することも可能ですが。バンコク市内中央のファランポーン駅から4時間ほどで、ホアヒン駅に到着します。結構遅れるので、あまりおすすめはしていません。私も若く、バックパッカーだったころは、よく鉄道を利用しておりました。

ホアヒンからバンコクへの帰りかた

基本的には行きの逆ということになります。タクシー(タイコールタクシー)を利用された方は、行きの車中で帰りはどうするのか聞かれるので、その時にピックアップの場所(宿泊先)、時間を約束しましょう。

そうすれば、帰る当日の約束の時間にタクシーに乗って、行き先まで乗るだけです。帰りも同じく1900Bでしたが、多少のディスカウントはできるかもしれません。

ロットゥーを利用する

帰りのロットゥー乗り場は、到着時のバスターミナルと異なりますので、注意が必要です。soi80の近くです。料金は180Bです。定員が埋まると出発いたします。

ホアヒンで人気のホテルは

インターコンチネンタル ホアヒン リゾート(InterContinental Hua Hin Resort)

ホアヒンでもっとも人気のあるホテルです。目の前はビーチ、美しい眺望。繁華街へのアクセスも良い最高のロケーション。5つ星のサービス、ホスピタリティは、さすが『インターコンチネンタル』です。ホアヒンで一度は泊まってみたい憧れの豪華リゾートホテルです。

インターコンチネンタル ホアヒン リゾート(InterContinental Hua Hin Resort)空室を確認してみる

アナンタラ ホアヒン リゾート (Anantara  Resort Hua Hin)

ホアヒンに限らず、タイを代表する高級リゾートホテル。ビル・ベンズリー設計の風景式庭園とタイ様式のデザインが融合したエレガントなホテル。近隣に素晴らしいゴルフコースもあり、ゆっくりと贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

アナンタラ ホアヒン リゾート (Anantara  Resort Hua Hin)空室を確認してみる

Dヴァリー ディーバ キアン ハード ビーチ(D Varee Diva Kiang Haad Beach Hua Hin)

こちらはリーズナブルで大人気のホテル。繁華街へのアクセスも良く、静かにゆっくり過ごすことのできるホテル。快適さとコストパフォーマンスの高さから、リピーター続出のホテルです。

2017年版ホアヒンで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 5選【アジアの歩き方】を読んでみる

関連記事、こちらも合わせてご一読ください。

まとめ

王室に愛される美しいロイヤルリゾート『ホアヒン』にぜひお出かけしませんか。都会の喧騒を忘れて、ゆったりと流れる時間は、最高にリラックスできること間違いありません。

極上のリゾート『ホアヒン』があなたをお待ちしております。