2017年10月 プミポン国王・本葬儀について タイを訪れる旅行者の注意点は

昨年、御崩御されたプミポン前国王のご葬儀の日程が、2017年10月25日(水)~29日(日)まで、国葬にて執り行われることがタイ政府より発表されました。

◎タイ国政府観光庁WEBサイト(日本語)

『故プミポン前国王の火葬式に関する旅行者の皆様へのアドバイス』を読んでみる

こちらで、現在わかっている情報を発信したいと思います。

プミポン国王・本葬儀についてタイを訪れる旅行者の注意点は?

絶対的に国民に愛されたプミポン国王

プミポン国王は、第二次世界大戦の終わりを迎え、世界が混乱からの激動の時代を迎える1946年にに18歳でご即位されます。

その後、世界でも稀に見る70年という長きにわたり国王を務めました。世界でも最長の在位期間を誇るだけでなく、その在位期間を絶対的に国民に愛された国王でもありました。

ご葬儀の日

 国王

2017年10月25日(水)~29日(日)の日程にて執り行われます。

10月25日(水)17:30  御遺体へのお別れの祈り

10月26日(木) 7:00  火葬場へ御遺体移動

         17:30  仮火葬式(タイでは本火葬の前に仮火葬の儀式を行う)

         22:00  本火葬式(翌朝まで続く)

10月27日(金) 6:00 御遺骨の取り出し

10月28日(土)17:30 御遺骨へのお祈り

10月29日(日) 午前中 御遺骨の一部を宮殿に運ぶ

            17:30 御遺骨をラチャボピット寺とホウォン寺に移送し埋葬

10月26日は基本的にタイの全会社がお休みしなければならないようです。私の取引先も26日はセレモニー休暇と連絡がありました。

交通機関

エアポートリンク・25日〜27日まで無料運行。26日は翌2:00まで運行延長。
BTS・26日無料運行。26日は翌2:00まで運行延長。スクンビット線のオンヌットーサムローン間、シーロム線のウォンウィエンヤイーベーリン間は25日と27日も無料運行。
MRT・26日無料運行。26日は翌2:00まで運行延長

タイを訪れる方の注意点は

交通渋滞

国内外より1万人以上の人々が葬儀のためにバンコクを訪れるといわれています。このためにセキュリティ強化のために、入国審査等の混雑が予想されます。

また特に王宮付近を中心に、バンコク市内は慢性的な交通渋滞が予想されています。外出や帰国などは時間に余裕を持ちましょう。

王宮周辺の観光スポットは

また、10月1日(日)〜29日(日)まで、王宮・ワット・プラケーオの一般公開が中止されています。また、王宮周辺での交通規制が実施されますので注意が必要です。

お酒類の販売を自粛

10月25日〜10月27日にかけて、アルコール類を販売、提供するバーなどのナイトスポットは、営業とアルコール類の販売に関して自粛を行うと考えられます。特に26日に関しては、かなりの店舗で営業自粛をすると予想されています。

コンビニやスーパーに関しても、26日は販売を自粛、時間帯を定めて閉店するようですので、こちらも合わせて注意が必要です。

外資系ホテルなどは、各ホテルでの対応になるようです。

服装に関しても配慮

観光客に関しては特に服装は自由ですが、昨年の御崩御の後も、タイ国民は上下黒の喪服、または喪章をつけるなど、喪服を身につけることが一般的でした。

この時期に関しては、観光客も過度に明るい洋服は避けたほうがいいかもしれません。もちろん強制ではありません。気持ちの問題ですので、あくまで自由ですが、喪に服するタイ国民に配慮が必要です。

セキュリティ強化について

王宮付近などの規制エリアはもちろんですが、その他観光スポットでもパスポートや身分証を携帯し、常に身分を確認出来る状態にしましょう。

気になるナイトライフ・繁華街は!?

パッポンやスクンビット周辺の繁華街は10月26日(木)は基本的に全店が休業のようです。26日以外は通常どおり営業するようですが、25日はアルコール類の販売は自粛も、営業自体は行うようです。これに関しては、現時点での情報です。

タイは警察の手入れなどで、直前に変更があるかもしれません。観光客もこの期間に限っては自粛が必要ということでしょうかね。

今後の影響は

この10月のご葬儀の後も、タイ国民全体のマインドはしばらく喪に服するムードになると思われます。しかし、去年の御崩御の後と同様に徐々に平穏を取り戻すと考えまれます。

喪に服し、悲しみにくれるタイの人々も、それを逆に商売にして乗り越える強さも持っています。この通りタイの人々は、優しさと強さを兼ね備えた国民です。

観光産業の盛んなタイ王国ですから、私たちもたくさんタイを訪れて、外貨を落とすことが最も応援になるはずです。

まとめ

このように、非常に国民に愛された国王のご葬儀になります。また、70年にも渡り在位が続いた偉大な国王のご葬儀ということで、ほとんどのタイ国民が初めての経験になります。

これからどういう影響があるかは、未知数な部分もありますので、これは分かり次第アップデートしていきたいと思います。

関連記事も合わせてご一読ください。

タイ王国の歴史3 この記事を読んでみる