【再訪】アソークの名店『THONG KEE RESTAURANT』に行ってきました

先日の出張で、再び『THONG KEE RESTAURANT』に行ってきました。今回はプミポン前国王のご葬儀のタイミングでしたので、26日はほとんどのお店はクローズしていました。

しかし、ここ『THONG KEE RESTAURANT』トンキーレストランはやっていました。本当にありがたいですね。

アソークの名店『THONG KEE RESTAURANT』に行ってきました

『THONG KEE RESTAURANT』の詳細は前回の記事をご一読ください。こちらに場所やお店の成り立ちなどをご紹介しております。

アソークの名店『THONG KEE RESTAURANT』この記事を読んでみる

ここを訪れるといつも頼むメニューが一緒だったので、今回は違うメニューを頼んでみました。とはいえスタートはシンハービールですね。

ダックのバミーが絶品

前回の記事を読んでいただいた方から、コメントをいただき、「このお店のあひるのバミーがおいしい」との情報をいただきまして、早速注文してみました。

お店の方から、1人で食べるなら、味が変わった方がいいと、ダックと豚の相盛りをおすすめしてくれたので、こちらを注文。見るからにおいしそう。

うまい!本当に絶品です。ビールが本当にすすみます。大瓶を2本頂いてしまいました。ダックはもちろん豚肉も本当においしいです。写真を見てまた食べたくなってます。

このレストランの良さは、おいしいだけでなく、コストパフォーマンスが最高に高いです。このバミーは確か150バーツほどだったと思います。間違っていたらすみません。しかし、安いことにはかわりないですね。

いつもはトムヤムクンと空芯菜にライスというセットが定番なのですが、今回はこちらを頼んでみました。

グリーンカレー、コリアンダーが程よく効いてておいしいです。しかも安いです。60バーツだったかな?バミーがおいしかったので、ビールがすすみ、ほろ酔いのため、正確な値段を忘れてしまいました。

 THONG KEE RESTAURANT

頼んだものが一気に運ばれてきます。あんまり混んでないこともありますが、かなりスピーディーに料理が運ばれてくるのもこのレストランの魅力です。

うまい、やすい、はやいの三拍子揃ったレストランとして、かなりおすすめですね。しかし、このキャッチフレーズは牛丼屋さんみたいですね。

下にこのレストランのフェイズブックのページを貼っておきます。

https://www.facebook.com/thongkeerestaurant/

ビールの値段を確認しよう

私が考えるタイのレストランの値段を見る上で重要なことは、 ビールの値段です。ビールの価格設定でそのお店の大まかな値段設定が分かります。

例えばスーパーなどでシンハービールの小瓶を買うとおおよそ40バーツ程度です。コンビニなども一緒ですね。

これに対して、レストランでのビールの価格は安いところで60バーツからスタートといった感じです。屋台なんかも60バーツ前後ですね。屋台ならば、もう少し安いかもしれません。

またタイの地方都市に行けば当然物価は下がります。バンコク市内な物価が高いですし、外資系レストランやホテルのバーなどは必然的に高いです。

屋台やローカルレストランは60バーツ程度。比較の対象として、バンコクで有名なナイトライフ、バービアは100バーツくらい。ゴーゴーバーなどでは150バーツくらいします。

ビールの小瓶の値段が100バーツを超えたら、そこは中級以上のレストランだと私は思っています。1人で行く私にはちょっと高いですね。

ことトンキーレストランもビールは安い方に入ります。ここからもこのレストランがいかに良心的かを感じることができます。

まとめ

また次回出張時も訪れてみたいと思います。アソーク周辺でレストランを探している方はぜひ『THONG KEE RESTAURANT』トンキーレストランを訪れてみてください。

メニューもかなり豊富ですし、おいしい料理をかなりリーズナブルにいただくことができます。この記事でも紹介させていただいた、バミー肉は一度食べてみてください。特におすすめの一品です。

関連記事紹介

ガレリア 12 スクンビット バンコク バイ コンパス ホスピタリティ この記事を読んでみる

アソーク駅にほど近く、非常にコストパフォーマンスの高いホテルです。私もよく宿泊する定宿です。便利なアソーク駅周辺でリーズナブルなホテルを探している方におすすめですので、ぜひご一読ください。