2017年10月26日【バンコク】のセブンイレブンが閉店していました

10月26日、プミポン国王のご葬儀の日、タイ全土が悲しみにつつまれた日でした。タイのテレビ番組もほとんど王様の追悼番組です。

もしくは、ご葬儀の様子を生放送していたり、録画がエンドレスで流れています。やはりタイのプミポン国王に対する尊敬と敬愛を感じた1日でした。

関連記事をご紹介

2017年10月 プミポン国王・本葬儀について タイを訪れる旅行者の注意点は この記事を読んでみる

10月26日【バンコク】のセブンイレブンが閉店していました

 セブンイレブン

そんな10月26日ですが、基本的には企業はお休みです。さすがにやっているかなと思われた、ローカルタイマッサージ屋さんもほとんど閉まっています。

大規模な商業施設さえも閉店しています。いつもは必ずやっているはずの地元の屋台街も全く屋台がでていません。

眠らない街【バンコク】が本当に眠ってしまった日でした。そんな中、24時間営業のセブンイレブンまでもが閉店するということなので、ちょっと見に行ってきました。

おっ、本当に閉まっています。本当に閉店していました。結構びっくりです。日本ではセブンイレブンが閉まっていることは基本的にありませんよね。

その昔、セブンイレブンが7時に開店して、23時に閉店する。まさに名前の通りだった時以来でしょうか。東日本大震災の時でも商品はなかったですが、やっていましたからね。

ある意味新鮮です。こんな光景はこれから先なかなか見ることはないだろうと思いながらしばらく立ち止まっていました。

なんと言ってもほとんどのお店がやってませんので、一人ホテルで暇してましたので、時間はたっぷりあります。

この際だから、開店するところも見えみたいと思い、しばらくブラブラして、24時前後にまた来てみることにしてみました。

10月27日0時に開店するセブンイレブン

日付が変わった27日の0時に開店するセブンイレブンを見に来てみました。国王のご葬儀の真っ最中に暇ですみませんと思いながら。

日付が変わってしばらく待ってみると、お店の定員さんがお店の鍵を開けてます。ということでいよいよ開店です。

定員さんが外出てお店の写真を撮ってます。ちなみにこの後帰り道で通ったファミリーマートも開店するところでした。

そこでも同じように定員さんが外からお店の写真を撮ってます。ちゃんとオープンしたことを知らせるためでしょうか?

そんなこんなですが、0時10分くらいにはすでにいつもの安定のセブンイレブンに戻ってしまいました。この後ビールとお菓子、カップラーメンを買って、夜食を食べることになります。

普段は賑やかなシーロムなのですが、本当に人が一人も歩いていませんでした。不思議な光景です。車もそんなに走ってない。日本にそんな曲があったような、そんな感じです。

まとめ

本当にセブンイレブンが閉店するのか?そして、開店するときはどんな感じなのか?こんな疑問を見に行ってきました。

おそらくバンコクでセブンイレブンを見に行って、こんなことを確認している人はいないかもしれません。

しかし、『眠らない街バンコク』が眠ってしまった一面を垣間見て、ちょっとだけ感動していたのは私だけでしょうか。ある意味貴重な経験ができました。

人気関連記事のご紹介です。こちらの記事も合わせてご一読ください。

【完全版】『タイ』 バンコク 旅行の旅費は?航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました。この記事を読んでみる