『眠らない街バンコク』が本当に眠ってしまった日【2017年10月26日】

前回のバンコク出張がちょうどプミポン前国王のご葬儀のタイミングと重なりました。この日はタイ全土が王様とのお別れ、悲しみにつつまれた1日でした。

政府、行政の指導により、10月26日当日は企業はお休み、主要な商業施設もお休みするなど、いつもとは異なったバンコクの姿を垣間見ることができました。

そして、70年振りのご葬儀ということもあり、大変貴重な体験ができたので記事にしてみたいと思います。

関連記事はこちらからどうぞ。

2017年10月 プミポン国王・本葬儀について タイを訪れる旅行者の注意点は この記事を読んでみる

『眠らない街バンコク』が本当に眠ってしまった日【2017年10月26日】

眠らない街バンコク

バンコクは世界でも1番渡航者数が多い街です。観光大国タイの首都バンコクは年間で約2000万人もの観光客が滞在する人気の観光地です。

バンコクの魅力は様々な歴史的な遺産、東南アジアらしい下町文化、まさに『眠らない街バンコク』の名前の由来となるナイトライフなど一言では語りつくせません。

また絶対的な物価の安さ、そして『微笑みの国タイ』を象徴するような優しいタイの人々。リピーターが続出する理由はこういったところにあると思います。

「マイペンライ」なタイの人々の精神はちょっときっちりしすぎている日本人には、逆にハッとさせられることもたくさんあります。

なにより私もその魅力にとりつかれた一人です。本当にタイは素晴らしいところがたくさんありすぎますね。

関連記事はこちらからどうぞ。

2017年・世界で一番人気のある旅行先『バンコク』この記事を読んでみる

2017年10月26日

2016年10月13日、入院していたシリラート病院で、プミポン前国王が88歳でご崩御されました。そして、ご崩御から約1年が経ちました。

10月26日にご葬儀が国葬にて執り行われます。在位期間は70年4か月。歴史上で見ても稀にみる長い期間王位に就いている国王。

国民の父として愛され、尊敬を一身に集めた偉大な国王のご葬儀ということもあって、タイ全土から、または海外からもご葬儀に参列される方々がバンコクに押し寄せました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラーマ9世

『眠らない街バンコク』が本当に眠ってしまった日

10月26日『眠らない街バンコク』が眠ってしまった日です。私は当日シーロムエリアに滞在していたのですが、夕方くらいから、どんどん人が少なくなっていきます。

いつもは人々でごった返している賑やかなシーロムロード、そして夕方から盛り上がるsoiの屋台街もほとんど人が歩いていません。

70年に一度の歴史的な1日です。私もタイの渡航歴20年近くなりますが、こんな日は初めてです。本当に新鮮ですね。

本当に眠ってしまったパッポン通り

 バンコク

23時すぎのパッポンです。信じられません。いつもは通りにナイトマーケットが所狭しと並びます。そして、有名は飲食店や飲み屋さんやバー、客引きのお兄さんたち。

なんと人っこ1人いません。見ての通り私1人です。にわかに信じがたいですが、こんなことがありえるんですね。ちょっと感動してしまいました。ちょっと荘厳に見えませんか。キレイな通りです。

ここはバンコクのナイトライフの中心地です。いうなれば小さな新宿歌舞伎町です。それがこんなに静かになってしまうなんて。

本当に眠ってしまったタニヤ通り

こちらは日本人に人気のタニヤです。こちらも1人も歩いてません。まだ23時なのですが、こんな姿初めてです。ここは日本でいう赤坂です。

いつもはネオンが輝く繁華街なのですが、この日は真っ暗です。さすがに日本人が1人くらい歩いているかなと思ったのですが、誰もいません。

やはり私1人しかいないです。ここまで人がいないとちょっと感動ですね。観光客の1人くらいいてもいいと思ったのですが、やはり誰も歩いていませんでした。

セブンイレブンも閉店しています

コンビニまでしまっています。もうこうなったらホテルで1人でビールも飲めません。なんせ買うところが空いていませんので。

関連記事はこちらからどうぞ。

2017年10月26日【バンコク】のセブンイレブンが閉店していました この記事を読んでみる

2017年10月27日0時に

日付が変わって10月27日。コンビニが開店しました。ようやく食料を買うことができます。この時間には外国人の方々がコンビニに入っていきます。

先ほど真っ暗だったパッポン通りのセブンイレブンを開店準備をしています。それと同時に少しだけ人が歩いていました。

おそらくバンコク市内のコンビニは0時に開店したのでしょう。コンビニの明かりだけで、少しホッとしたのは私だけでしょうか。

そして、ようやくビールを買ってホテルに戻ります。そしてホテルに帰って、ビールを飲みながら、国王の追悼番組を見ていました。

さいごに

おそらく70年ぶりに静まりかえり、文字通り眠ってしまったバンコクの姿を見ることができ、本当に貴重な体験をすることができました。翌朝には普段のバンコクに戻っていましたね。

『眠らない街バンコク』が本当に眠ってしまった日、2017年10月26日全てのタイの方々はこの日を忘れることはないはずです。

同様に私もこの日を忘れることはないでしょう。この日にバンコクにいたこともタイミングですかね。次回の出張時は、久々に賑やかなパッポンに行ってみようかななんて思っています。

人気関連記事はこちからどうぞ。

2017年【タイ】政治的混乱が再燃!? プミポン前国王・葬儀のあと この記事を読んでみる