屋台でごはん【シーロムsoi3】でおいしい屋台飯を食べる

先日出張時に食べた屋台飯をご紹介したいと思います。少し前にバンコクから屋台がなくなってしまうという話を聞いてから、屋台に行く回数が増えました。

実際にバンコク市内の大通り沿いの屋台がなくなっているということもあります。バンコクの風物詩でもある屋台。

現地のタイ人だけではなく、旅人のふところにも優しい屋台ごはんです。私も本当に長い間お世話になっております。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年『タイ』屋台を撤去?バンコクの屋台がなくなってしまう!? この記事を読んでみる

屋台でごはん【シーロムsoi3】でおいしい屋台飯を食べる

屋台を物色します

前回の出張では、なるべく食費を抑えたいということもあり、夜は屋台でごはんと思っていたのですが、どうやら屋台の数が少ない?

それもそのはずです。前国王のご葬儀のタイミングと重なったため、お休みしているお店も結構あったようです。

とはいえ、屋台を探して歩いていると、宿泊先のホテルの近くに普通にありました。さすがバンコクです。そこらじゅうにありますね。

パッタイでも食べようかな?っと思ったのですが、どうしてもビールに合いそうなものを選んでしまいます。

美味しそうなチキンが売っています。確か左のチキンは10バーツ。本当に安いですね。私は右の大きいものを購入です。確か70バーツだったと思います。60バーツだったかな?

目の前でザクっとカットしてくれます。本当においしそうです。これは食べ応えあります。ビールがすすみそうですね。

ビール3本くらいとチキンで酔って爆睡の予定でしたが、もう少し屋台を物色していると、やはりタイも王道があります。

マムアンです。そうマンゴーですね。やっぱりタイに来たらなんだかんだ絶対に食べたいですね。何より安くておいしいですね。

マンゴーとスティッキーライスのコンビは最強です。こちらではスモールサイズ50バーツを購入します。

ということで、今回はパッタイやクイッティアオに後ろ髪を引かれながらも、テイクアウトしてホテルに戻ります。

 屋台

おいしくいただきます。本当にコスパが高いですよね。ビールを含めても150バーツちょっとですから、日本円で500円ちょっとです。ホテルで海外チャンネルを見ながら食べるのが最高です。

東京に帰ってきてから、ランチで1000円とかを見ると一気に現実に引き戻されますよね。この記事を書きながら、思い出してます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクのホテル・密かな夜の楽しみ方(その2) この記事を読んでみる

バンコクの屋台は本当になくなってしまうのか?

この記事のはじめの方にもリンクを載せたのですが、バンコクの大通りからは、本当に屋台がなくなってきています。

結果から言うと、現状は大通りの屋台だけで、バンコク市内のすべての屋台がなくなってしまうわけではないので、安心しました。

しかし、バンコクが今後さらに発展していく過程で、キレイな街づくりという観点から、衛生的にも問題視されている屋台がなくなってしまう可能性は大いにあります。

私たち観光客には寂しい限りですが、それも都市計画なのでしょうか。すぐにではないと思いますが、少しづつ減っていくことになるのでしょうか。

バンコクの屋台に関しては、今後も情報をアップデートしていきたいと思います。

まとめ

タイにはおいしい屋台がたくさんあります。ぜひおいしい屋台ごはんにチャレンジしてみてください。

アジアの歩き方では毎回推奨しているのですが、旅のお供に正露丸はマストです。私は当たることはほとんどないですが、必ず携帯しています。

それでは素敵な旅に。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの屋台飯 この記事を読んでみる

2017年版『3000円以下』で泊まれる【バンコク】シーロムエリアの格安ホテル3選 この記事を読んでみる