12月5日プミポン国王生誕日(父の日)・2018年タイの祝日は?

12月5日のタイはプミポン国王生誕日として、父の日(祝日)になります。ということで2018年のタイの祝日についてまとめてみることにしました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年10月 プミポン国王・本葬儀について タイを訪れる旅行者の注意点は この記事を読んでみる

タイの祝日は?

 祝日

タイの祝日はどんな感じになっているのでしょうか?日本の旗日(国民の休日)と同じく、タイにも祝日があります。

祝日の内容によっては、仏教の祭日となり、酒類などアルコールの販売が禁止になる休日もありますので、ご旅行の際には少しだけ注意が必要かもしれません。

2018年のタイの祝日は

1月1日(月) 正月、2日(火) 年始

3月
1日(木) マカブーチャ(万仏節)-アルコール販売禁止-

4月
6日(金) チャックリー記念日
13日(金) ソンクラーン(水掛祭り、タイ正月)
14日(土) ソンクラーン(水掛祭り、タイ正月)
15日(日) ソンクラーン(水掛祭り、タイ正月)
16日(月) ソンクラーン(水掛祭り、タイ正月)振替休日
17日(火) ソンクラーン(水掛祭り、タイ正月)振替休日

5月
1日(火) レイバーデイ ※一般企業のみ休み
29日(火) ヴィサカブーチャ(仏誕節)-アルコール販売禁止-

7月
27日(金) アサラハブーチャ(三宝節)-アルコール販売禁止-
28日(土) ワチラーロンコーン国王陛下誕生日、カオパンサー(入安居)-アルコール販売禁止-

8月
12日(日) シリキット王妃誕生日
13日(月) シリキット王妃振替休日

10月
13日(土) ラーマ9世記念日
23日(火) チュラローンコーン大王記念日

12月
5日(水) ラーマ9世生誕日
10日(月) 憲法記念日
31日(月) 大晦日

https://ja.wikipedia.org/wiki/タイ王国の祝日

ビジネスで訪れる方は企業が休みになりますので、注意が必要です。また、ご旅行の場合でも仏教に関わる休日に関しては、タイ全土でアルコール類の販売が禁止されますのでご確認ください。

4月のソンクラーンは大型連休で注意が必要です

特に注意すべきは4月のソンクラーンです。タイの伝統的な新年であり、1年で最も重要視されている祝日です。多くの家族が集まるために、故郷に帰る人もたくさんいます。

世界的にも有名は水かけ祭りがタイ全土にて行われます。ということで、ここで注意が必要な点は2つあります。

1. ビジネスで訪れる場合

おそらくタイの企業や取引先などと仕事をしている場合は常識かもしれませんが、この時期は大型連休になりますので、出張は避けたほうがいいでしょう。

私も以前、間違えてソンクラーンの時期に出張を重ねてしまい、ほとんどの取引先がお休みしていたことがあります。

また、ソンクラーンが近くなると、日本の12月の年末のような雰囲気です。お祭り大好きのタイですから、ほとんどのタイ人がどことなくフワフワしてきますので、仕事に集中できません。

これはタイあるあるですね。「も〜いくつ寝るとお正月〜」こんな気分のようですね。ソンクラーンも近いし早く休みたいな〜って気分ですね。

2. 旅行で訪れる場合

至る所で、水の掛け合いが行われますので、水浸しになります。通りを歩いているだけで、ビショビショになります。街がお祭りとともにちょっと殺気立ってます。

タイ人、観光客など全く関係なく水をかけられますので、防水対策が必要になります。そして、数日前から町中の至る所で水鉄砲やカッパなどが販売されるようになります。

私も初めて体験した時は携帯やパソコンの入ったバッグがびしょ濡れになり、走ってホテルに逃げて帰りました。

やっとホテルに着いたと思ったら、ホテルの外で待ち受けていた外国人の観光客にバケツで水をかけられる。そんな日が何日か続きます。おそらく初日が一番激しいですね。

結果、USBが一個ダメになりました。ということもありますので、慣れている方は常識でしょうが、初めての場合はかなり激しく水をかけられるので準備が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バックパッカーの聖地『カオサン』は米屋街だった? この記事を読んでみる

残りの2017年の祝日は?

今年の残りの12月の祝日は以下の通りです。

12月
5日(火) ラーマ9世生誕日
10日(日) 憲法記念日、11日(月)振り替え休日
31日(月) 大晦日

この4日間がお休みになります。この間には仏教関係のお休みはありませんので、禁酒日はありませんね。

また年末から年始にかけて、タイを訪れる方も多いはずですので、航空券などはお早めにご予約が必要ですね。きっと12月に渡航される方は、すでにご予約済みですね。

そうだ、タイに行こう!!!

非常に評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。

サプライスは、HISが運営しているオンライン旅行代理店、日本の会社ですから非常に信頼もできます。また、とてもリーズナブルな料金に定評があります。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)へはこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

タイのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

タイのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをたいへんお得に予約することができます。

また、日本人による安心のカスタマーサポート、予約に関する確認を日本語でお問い合わせすることもできます。ぜひ、アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

まとめ

このようにタイでは日本とはまた違ったお休み(祝日)のルールのようなものがありますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

また、祝日が変わることもありますので、情報の更新がありましたら、アップデートいたします。

<人気の関連記事はこちらからどうぞ>

2017年版 バンコクで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 10選【アジアの歩き方】 この記事を読んでみる

2017年版 プーケットで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 10選【アジアの歩き方】 この記事を読んでみる