11月29日【タイ】空港にて乗客を脅し400ドル奪う・タクシー運転手逮捕

先月11月29日こんなニュースがありました。タイで頻繁に起きるタクシー運転手の事件ですので、皆さんにも共有しておきたいと思います。

また、この事件から考えるタイでトラブルに巻き込まれないためにはどうすべきか。こちらも合わせて考えてみました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

『バンコク』タクシーを選んで乗りましょう。運賃と乗り方は? この記事を読んでみる

【節約】スワナプーム国際空港4F出発ロビーからタクシーに乗ってみた この記事を読んでみる

【タイ】空港にて乗客を脅し400ドル奪う・タクシー運転手逮捕

 タクシー

事件の概要

11月29日、タイ警察はタイ人の男2人を恐喝の容疑で逮捕しました。事件の概要は11月20日未明、バンコク・ドンムアン空港前の道路にて、スワナプーム国際空港に向かいたいというレバノン人男性をタクシーに乗せ、恐喝した疑いです。

2人は被害者男性に運賃1000バーツを要求、助手席の乗っていた容疑者の1人が空港に近づくと1400バーツに引き上げた。

被害者の男性は支払いを拒否したが、結局現金400ドルを脅し取られ、車外に逃げました。

その後容疑者2人はタクシーにて逃走。容疑者の1人はドンムアン空港にて、もう1人の容疑者は中部ペッチャブリにて逮捕されました。

http://www.newsclip.be/article/img/2017/12/04/34855/29695.html

悪質なタクシー運転手も少なからずいる

このニュースを受けて、おそらくほとんどの方はタイのタクシーは相変わらず悪質だなと印象を受けるかもしれません。

確かにこのニュースのような運転手も現実にいることは確かです。実際にこのような事件が起きていますので、これは事実ですね。

しかし、このニュースの概要を見て私はかなり違和感を覚えました。私なりにこのニュースを考えてみたいと思います。

高すぎるタクシー料金

このレバノン人男性は旅行者か現地在住の方かは謎ですが、そもそもドンムアン空港からスワナプーム空港までの初めの運賃が1000バーツ?明らかに高すぎます。

通常の料金ならばスムーズに行けば300バーツから350バーツ高くても400バーツでしょう。ラッシュに巻き込まれても500バーツはいかないはずです。

おそらく相場を全く知らなかったのは明白でしょうが、よほど急いでいたのでしょうか?それにしても高すぎます。

ドンムアン空港の前の道から乗った?

ドンムアン空港の前の道からタクシーに乗ったということですのでリスクはあります。パブリックタクシー乗り場ではないので、悪質なタクシー運転手も稀にいるからです。

そして、謎にタクシーにドライバーともう1人の男性が助手席に乗っているとのこと。なぜタクシーにドライバー以外の男が乗っているのか?

おそらく客引きしていた白タクに乗ったのか?タクシーとグルになったぼったくりに引っかかったということになるでしょう。

知らないことは怖いこと

この被害者のレバノン人男性は完全に被害者ですので、彼はもちろん悪くはありません。しかし、無用心すぎることは確かです。

タイに詳しい男性だったのか、本当に悪質なタイ人に引っかかったのかは不明ですが、最初の1000バーツの段階でおかしいと思うべきです。

おそらく1400バーツで請求され支払いを拒否した時点から、互いのやりとりがヒートアップした結果、400ドルを脅し取られることになったわけでしょう。

ちなみに400ドル?はバーツ換算すると約13000バーツになります。1400バーツの約10倍もの大金になります。

そして、空港ではパブリックタクシー乗り場以外の場所からタクシーに乗る場合、タイ語のわからない明らかな観光客はカモにされる可能性があります。

そして、タクシードライバー以外に、もう1人のタイ人男性がタクシーの助手席に乗るなんてことは基本的にありません。

私は過去タイでタクシーに500回以上は乗っていると思いますが、一度もありません。仮に男性が乗り込んできたとしたら、タイ語が若干わかる私でも恐怖すぎます

タイ人は本当にプライドが高い

ほほえみの国タイというくらい、温厚なイメージのタイ人ですが、実はかなりプライドの高い一面を持ちます。

普段は本当にのんびりしています。しかし、一度怒り出すとかなりヒートアップします。もちろん全員がそうでなないはずです。

しかし、中には手がつけられないくらいほど怒り狂う人もいるのです。それぐらい実はプライドの高い民族性を持つといえます。

最低限の知識は必要

タイに限らず、世界中どこに行ってもそうですが、基本的にその国に対しての最低限の知識は必要ですね。

これは常識ですので、旅慣れた方はもちろん「そんなことわかりきっているよ」って思っていただけるはずです。

特にタイでもちょっとしたトラブルの行き違いから命のやり取りに発展するなんてこともありえます。

その国のルールや民族性などを理解して、敬う気持ちが大切ですね。それだけで、相手はさらに心を開いてくれます。

私は日本人は世界で一番そういう感情を理解する能力に長けていて、相手を尊重する意識が自然に身についていると思っています。しかし、慢心してはいけませんね。

まとめ

今回の事件から私なりに考えてみました。全ては危機管理能力ということでしょうか。トラブルはいきなり近づいてきます。

そういう意味でもトラブルに自分から近づいてはいけませんね。ということでこの記事を1つの参考にして頂ければと思います。

最後に、タイのタクシードライバーのほとんどは善良な方です。安心して利用できると思いますが、もし違和感を感じたら一応注意が必要です。そこは日本ではないですからね。

<人気の関連記事はこちらからどうぞ>

【タイ語】指さし会話帳を活用・コミュニケーションをとりましょう この記事を読んでみる

【タイ】バンコク・タイマッサージ店で失敗しない5つの選び方をご紹介します この記事を読んでみる