2018年 タイの入国カード・出国カードが変わりました、記入方法を解説します

昨年から言われていましたが、ついにタイの入国カードと出国カードが変更になりました。今回の出張時は新しいものを記入しました。

そこで、つい忘れてしまいがちな、入国、出国カード記入方法について、この記事にて解説したいと思います。タイに行かれる方はぜひブックマークしておいてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Surprice!(サプライス)評判の良い格安オンライン旅行サイトで航空券を買おう この記事を読んでみる

2018年 タイの入国カード・出国カードが変わりました、記入方法を解説します

入国カード・出国カードとは!?

 入国カード

そもそも出入国カードとは外国人が、その国に入国またはその国から出国する場合に提出を義務づけられる用紙の事を指します。

氏名、国籍、国内滞在中の住所などを記入する必要があります。すべて英語での記入なので、少しわかりづらいかもしれませんが、内容はいたって簡単です。

新しい出入国カード

 入国カード

写真が実際の新しいカードになります。左右に分かれています。出国カードが小さくなりました。それでは簡単に記入方法を解説いたします。

出国カード(左側の短い方)

上から順番に解説いたします。

1. Family Name(苗字)⇨YAMADA

2. First&Middle Name(名前)⇨TARO

3. Date of Birth(誕生日)⇨2000年1月1日生まれの場合⇨01 01 2000

4. Passport no.(パスポート番号です)⇨例TW1234567

5. Nationality(国籍)⇨JAPAN

6. Flight no./Vehicle no.(自分の乗っている飛行機の番号)⇨例JL100

7. Signature (サイン)⇨山田太郎

入国カード(右の長い方)

1. FAMILY NAME⇨YAMADA・FIRST NAME⇨TARO・MIDDLE NAME⇨なし

2. Gender⇨Male(男)Female(女)・Nationality⇨JAPAN

3. Date of Birth⇨2000年1月1日生まれの場合⇨01 01 2000・Flight no./Vehicle no.⇨JL100

4. Occupation(職業)⇨OFIICE WORKERなど・Country Where You Boarded⇨JAPAN

5. Purpose of Visit(目的)⇨Sightseeing(観光)・Length of Stay(期間)⇨5Days

6. City/State(居住の都道府県)⇨Tokyo・Country of Residence(居住国)⇨JAPAN

7. Address in Thailand(タイでの滞在先)⇨Centre Point Asok Hotel

8. Telephone⇨080-1234-5678・Email⇨bangkok@gmail.com

9. Signature (サイン)⇨山田太郎

裏面もあります

 入国カード

裏面に関してはタイに住んでいる人は記入しなくていいです。ちなみに私はタイに住んでいませんが、この裏面は書いたことがありません

おそらく20回以上これでイミグレーションを普通に問題なく通ってますので、もしかしたらこの部分に関しては記入しなくてもいいのでは!?という疑惑を持っています。

念のため、一応解説しておきます。

1. ここはScheduleにチェックしましょう。

2. タイは初めて? Yes もしくはNoをチェックしましょう。

3.ツアーできたか? Yes もしくはNoをチェックしましょう。

4. Accommodation どこに宿泊するか? ほとんどの人はHotelですね。

5. Next city ⇨Haneda Japan

6. Purpose of Visit⇨HolidayかBusinessでしょう。

7. Yearly Income(年収)⇨20,001-60,000 US$でしょうか。

このように順を追って行けば簡単に記入することができます。このカードを旅行会社に書いてもらうというサービスがあるようです。3,000円ほどかかるという話です。正直驚きです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

電子たばこ(iQOSなど)タイは持ち込み禁止、他に持ち込めない国は!? 2018年最新情報 この記事を読んでみる

さいごに

 入国カード

ついに変わった出入国カードですが、記入方法がわからない場合は、本当に簡単ですので、ぜひご参考にしていただければいいと思います。

しかし、円安、バーツ高が続いていますね。タイより輸入のビジネスを営んでいる私にとってもかなり苦しい状況です。早く円高になってくれないかなと願うばかりです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 円安・バーツ高はなぜ続くのか!? バーツが強い理由を考えてみた この記事を読んでみる

スーパーリッチ(Super Rich)バンコクで1番人気のある両替所で換金しよう この記事を読んでみる