なぜバーツ高は続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由は!?

なぜバーツ高は続くのか!?2017年の年末から2018年にかけて、円高が進行しています。もちろんこれは、アメリカドルに対してです。

しかし、日本円とタイバーツの関係にはほとんど変化はありません。今回は、この変動しないバーツ高について考えてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイで買い付けして、日本のメルカリで販売できるものは何か!? この記事を読んでみる

なぜバーツ高は続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由は!?

円高・ドル安

 バーツ高

2017年の秋頃から年末にかけて、1アメリカドルが114円ほどと円安傾向でした。これが2018年直近の円相場は、1ドルが108円にタッチするなど、円高傾向になっています。

現在も1ドルが109円前半ほどです。よって、昨年末に比べると、若干の円高に振れています。これが、円とドルの約6か月くらいの状況です。

バーツ高から動かない!?

しかし、円とバーツの状況に関しては、この半年くらいのレートは、1万円が2800バーツ台にほぼ固定された状況です。

また、2017年からの約半年は、緩やかですが、円安・バーツ高が順調に進んでおります。なぜこれほどまでにバーツは強いのでしょうか!?

円/バーツ 外国為替チャート|ロイター

バーツ高が旅行者に与える影響は!?

バーツ高は、私たちのような旅行者には非常にアウェーな状況です。以前は、1万円が3000バーツを下回ることはありませんでした。

ときには4000バーツ、3500バーツなんてタイミングもありました。3000バーツと2800バーツではたったの200バーツと思われがちですが、これがかなり大きいのです。

1度旅行に行けば、最低でも5万円ほどは両替するでしょう。5万円両替すると1000バーツの違いが出るわけです。1000バーツあれば、1時間のタイマッサージを4回受けることができるほどです。

旅行者によっては、このバーツ高を嫌がって、旅行先を変えるなんてこともありえます。現在は、そういう意味でもかなりのバーツ高の状態が続いています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイバーツ・円安につき1万円が3000バーツを切る現在を考える この記事を読んでみる

観光大国タイのバーツ高は!?

 バーツ高

少し前に、日本でも外国人観光客が円安の影響で激増するという、「インバウンドバブル」というものがありました。

これは、日本に安く旅行することができることから観光客が集まり、たくさんの消費が生まれるため、日本の観光産業にとっては非常に有利な状態です。

これと同じく、バーツ安の状態では、観光客がたくさんのお金を使ってくれます。皆さんも旅行に行く時には「今回の旅行の予算は10万円」なんて決めて行きますよね!?

例えば、タイで日本円10万円を使うとします。1万円が3500バーツであれば、3万5000バーツを消費することになります。しかし、これが1万円が2800バーツであれば、2万8000バーツです。

つまり、タイで消費されるお金が7000バーツ減ることになります。この7000バーツはかなり大きいです。タイの地方都市では、1か月の収入にあたるくらいです。

タイは世界的にも有名な観光大国です。実は、タイの観光産業にとっても、このバーツ高の状況はかなり深刻な状態なのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年・世界で一番人気のある旅行先『バンコク』2年連続1位をキープ この記事を読んでみる

なぜバーツが強いのか!?

 バーツ高

これに関しては、もちろんタイの国力が上がっているということが1番の理由でしょう。堅調に推移しているGDP、平均賃金や物価の上昇は顕著です。

また、円とバーツを取り巻く環境にも特徴があります。タイに行くと至る所で、日本企業や日本製品を見かけるでしょう。そうです、走っている自動車はほとんど日本車ですね!?

これらの日本の輸出関連の企業は円安・バーツ高で大きな利益を出しています。バーツ高は、日本からたくさんのものを輸出している日本企業には大きなプラス要素なのです。

こういったパワーバランスを考えると、バーツ高が維持されている理由もよく分かるような気がします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 円安・バーツ高はなぜ続くのか!? バーツが強い理由を考えてみた この記事を読んでみる

バーツ安になる可能性は!?

2018年は、ある程度安定したバーツ高相場が続くと考えられます。もし、バーツが弱い状況に転換するとすれば、今年行われる予定の選挙の結果次第でしょう。

今年の11月に選挙が行われ、今の軍事政権から民政に復帰する予定です。しかし、この選挙にあたって、政治的な衝突が起きる可能性もあります。

こういった不安定な政治の状況が、経済に与える影響は大きいです。また、観光に与える影響も大きいことから、一転バーツ安に転換する可能性も0ではありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年1月27日 バンコク都心で反政府グループが集会!? 日本大使館が注意喚起 この記事を読んでみる

タイはいま過渡期です

タイは以前、発展途上国といわれていましたが、今では先進国に移り変わっていく過渡期といった状態です。

そして、少し前までは、日本企業もたくさんの会社や工場を作っていました。これはタイの安い人件費が魅力的だったためです。

昨今、給与や物価の上昇によって、タイの人件費は、以前より魅力的ではなくなってしまいました。実際に日本企業も他のアジア各国に工場を移しています。

また、このような状況でも、タイが先進国に移り変わっていくために必要な技術が備わっているかというとそこまでではありません。中進国という階段の踊り場に停滞している状況なのです。

しかし、タイは観光という意味では、世界の国の中でも頭ひとつ抜けた観光大国です。そういう意味でのバランスは非常によく、魅力的な国です。日本も学ぶべきところがたくさんあるでしょう。

タイに行ってみませんか!!!

非常に評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。

サプライスは、HISが運営しているオンライン旅行代理店、日本の会社ですから非常に信頼もできます。また、とてもリーズナブルな料金に定評があります。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)へはこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

タイのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

タイのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをたいへんお得に予約することができます。

また、日本人による安心のカスタマーサポート、予約に関する確認を日本語でお問い合わせすることもできます。ぜひ、アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

しばらくは、円安・バーツ高が続きそうですね。私は少しでも早くバーツ安になって欲しいと思っています。そうですね、1万円が3500バーツくらいがベストです。

しかし、ここ最近のバーツは強すぎます。これから、日本も春から夏にかけて、タイに旅行に行く方も増えるでしょう。もう少し旅行者にやさしいレートになって欲しいものですね。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクカオマンガイ戦争が勃発!? プラトゥナームのみどりのカオマンガイ この記事を読んでみる

ラーメン戦争が勃発!!!バンコクで大流行している日本のラーメンに疑問!? この記事を読んでみる