トムヤムクンはタイではスープではなくておかずだった!? タイの食文化について調べてみた

トムヤムクンといえば、日本では1番有名なタイ料理のメニューではないでしょうか?日本でも特に女性を中心に人気です。

先日、バンコクのレストランにて、トムヤムクンは元々タイではスープではない!?という話を聞きました。この話がとても興味深かったため、今回の記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ホイクワン・ナイトマーケットの激安ローカル屋台で、激辛タイ料理を食べよう この記事を読んでみる

トムヤムクンはタイではスープではなくておかずだった!? タイの食文化について調べてみた

トムヤムクン (tom yum goong)

 トムヤムクン

トムヤムクンは、世界3大スープと言われ、フランスの『ブイヤベース』中国の『フカヒレスープ』ロシアの『ボルシチ』と並び、世界中で食される人気のスープです。

3大スープなのに4つある!?これには諸説あるようですが、ここでは置いておきます。日本でも有名で、タイ料理と言われると、トムヤムクンを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?

<関連記事はこちらからどうぞ>

シーロムヴィレッジ(Silom Village)バンコクのタイ料理レストランはここに決まり この記事を読んでみる

タイの食文化を知ろう!!!

トムヤムクンに代表されるタイ料理は「辛い、しょっぱい、酸っぱい、甘い」などの濃い味の料理が多いでしょう。

タイの食文化は、日本と似ています。米を主食として、タンパク源は魚が基本です。また、タイの米はインディカ種ですので、日本のジャポニカ種と比べると、長粒でパサパサします。

そして、魚は伝統的に淡水魚を食べます。雨季の間に捕まえた魚を乾期でも食べられるように、発酵食品も作られています。

この魚を発酵させた時に出る、上澄みの液体が『ナンプラー』と呼ばれる魚醤です。日本の秋田県の『しょっつる』も同じものです。

このように、日本とタイの食文化は味付けの違いはありますが、多くの共通点を持ち、似た部分が多いのです。これが、日本人にもタイ料理が人気の理由かもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ> 

日泰友好の証・タイで愛される天皇陛下のお魚『ティラピア』とは この記事を読んでみる

伝統的なタイの調理方法は?

伝統的なタイ料理は、焼いたり、煮たりという非常に単純な調理方法でした。基本的には主食が米、おかずが魚などのタンパク質にハーブなどの野菜類を生食するのです。

魚醤、調味料、唐辛子を組み合わせた「ナムプリック」と呼ばれるペーストで味をつけ、お米と一緒に食べるのが一般的でした。

その後、中国から「炒める」という料理法が伝わったことにより、現在では、炒めたり、揚げたりと油を使った料理が増えました。

いずれにしても、副食を米とともに食べるスタイルは変わらず、味の濃い副食は米を食べやすくするための、食欲増進剤の役割を果たしています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カオサン通り バックパッカーの聖地は米屋街だった?安宿街になったのは最近のこと!? この記事を読んでみる

トムヤムクンじゃスープではなくおかず!?

 トムヤムクン

このように、タイ料理レストランの店主が言っていた通り、トムヤムクンも本来はスープではなくて、ごはんと一緒に食べるおかずのようです。

米と一緒に食べるおかずであるからこそ、あの濃い味付けになっています。私はトムヤムクンをごはんにかけて食べます。

実は、この日本で言うところのねこまんま風な食べ方は、タイでは、古くからある伝統的な食べ方だったのです。

実際に、トムヤムクンの底に米が雑炊のようになって出てくる伝統的なタイレストランもあるくらいです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

マダム・スージー(MADAM SUZY)毎日通いたいシーロムの安くておいしい大衆食堂 この記事を読んでみる

タイ料理に欠かせない香辛料

タイ料理に欠かせない、辛みを出す唐辛子は、実は新大陸から来た食材であり、ヨーロッパ人が新大陸を発見してから、アジアに流入してきた新参者です。

それまでのタイの辛みの源は、コショウでした。暑い地域で辛いものが好まれるのは、辛さによって発汗が促進され、汗が引く際に清涼感を得られるからだと言われています。

コショウと唐辛子は、辛さの種類が違います。この発汗作用を促進する唐辛子の到来で、急速に辛みの主役が交代して行ったのは、このような意味があったのです。

常夏の国タイで、唐辛子が大量に消費されるのは、ある意味理にかなっています。タイでは、この唐辛子を口直しに、そのままかじることもあるくらいです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

水であたる?氷もキケン?は嘘!?東南アジア旅行の気になる飲料水の問題について この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

トムヤムクンは、世界3大スープと言われるだけあって、完全にスープだと思っていましたが、正確には、空芯菜と同様に、ごはんの副食としてのおかずです。

話の結論としては、トムヤムクンがおいしいタイ料理の1つには変わらないということでまとまるわけですが、食文化や歴史を知ることは本当に面白いことです。

また、こうやって食べ物の由来など、気になることがあったら調べてみようと思います。とりあえずトムヤムクンが食べたくなりました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台を撤去? 2017年『タイ』バンコクの屋台がなくなってしまう?このニュースの真偽は!? この記事を読んでみる

空芯菜 タイで必ず食べる絶品タイ料理 パックブンファイデーンを覚えておきましょう この記事を読んでみる