ワット・ポー 歴史あるバンコクの寺院の中になぜタイマッサージ講習所があるのか!?

ワット・ポーは、タイで最も有名な寺院です。このワット・ポーの中には、なぜかタイマッサージの講習所があります。

ということで、今回は、私も前から気になっていた、ワット・ポーの中になぜタイマッサージの講習所があるのか?について調べてみることにしました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

チャトゥチャックはなぜ土日しか開かれないのか!? タイの人気の観光スポットJJマーケットの歴史とは この記事を読んでみる

ワット・ポー 歴史あるバンコクの寺院の中になぜタイマッサージ講習所があるのか!?

ワット・ポーの成り立ち

 ワット・ポー

ワット・ポー(タイ語: วัดโพธิ์)は「菩提樹の寺」という意味で、アユタヤ時代からあったとされる古刹です。タイのバンコク・プラナコーン区にある王立寺院です。

当時からワット・ポー、もしくはワット・ポーターラームと呼ばれていました。トンブリーに都が移ってからは、修復されて王立寺院となります。

都がバンコクに移った後、ラーマ1世が布薩堂、回廊、本堂を改修・新設して1801年に完成しました。その際にワット・プラチェートゥポンウィモンという名前に改称されます。

その後、歴代の国王もこの寺院を重視して改修を進め、現在の姿になりました。全長46メートルの黄金に輝く巨大な涅槃仏があり、涅槃寺とも呼ばれる事もあります。

ワット・ポーの中になぜタイマッサージ講習所があるの?

ワット・ポーは、寺院の中にタイの伝統医学があることでも知られています。それでは、ワット・ポーの中になぜタイマッサージの講習所があるのでしょうか?

ここが、タイマッサージの殿堂になったのは、この寺院がタイの伝統的な学問知識を集結する、いわばタイで最初の大学としての役割を担ってきたからです。

 19世紀前半のラーマ3世の時代には、タイの伝統学問の教えを医師に刻み、休憩亭(サーラーラーイ)に保管して、後世に伝える作業が行われました。

このためワット・ポーは、タイの歴史、詩文、タイ方医学の知識を集めて、人々に享受する教習所の役割を果たすようになり、タイで最初の大学といわれるようになったのです。

現在のワット・ポーのタイマッサージ講習所は、1962年に設置されたもので、東側の休憩亭で講習を行っています。

受講できるのは、ルーシーダットトンと呼ばれる修行僧が編み出したとされる「隠者の体操」と、薬草を用いたマッサージで、タイ人のみらなず、たくさんの外国人も講習を受けております。

タイマッサージとは?

最近では、日本でもタイマッサージのお店をたくさん見かけるようになりました。タイマッサージは、本来タイの伝統医学です。

タイでは、古くから農村部にマッサージ師がおり、体の痛みを抱える人にマッサージを施すことでケアしてきました。

このマッサージは、体の中を無数に走っているといわれている目に見えない「セン(筋)」を加圧するもので、現在でも農村部で医療行為として施されています。

農村部には、様々な薬草を用いて病人に処方する医者も古くから存在し、これらタイ方医学の知識の結集をラーマ3世が命じて記録し、ワット・ポーに保管しました。

その後、ラーマ5世もサンスクリット語やパーリ語で伝わる伝統医療に関する教本をタイ語に訳させ、タイ方医学に関する教本が作成されました。

その中にはマッサージも含まれていて、タイマッサージの体系化が図られてきました。タイマッサージに関しては、かなり奥が深いので、再度、別の記事で詳しく調べてみたいと思います。

ワット・ポーへの行き方は

住所:2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Krung Thep Maha Nakhon 10200 Thailand

タクシーを利用する

タクシーの運転手さんにワット・ポーといえば通じます。そのままです。ちなみに、タクシーはピンク色のタクシーを選ぶことをおすすめします。

バンコク市内を抜ける場合は、渋滞に巻き込まれる可能性が高いので、注意が必要です。時間を短縮したい場合は、MRT(地下鉄)で最寄駅、ファランポーン駅まで向かいましょう。

そこからタクシーに乗れば、比較的早く到着します。複数人で向かう場合は、地下鉄の料金のことを考えると、タクシーの方が安い場合もありますので、タクシーが便利でしょう。

MRT(地下鉄)を利用する

宿泊先の最寄駅から、BTS、もしくはMRT(地下鉄)に乗り、MRTのファランポーン駅まで向かいます。そこから約30分ほど地図を見ながら、歩いて向かいます。

ファランポーン駅からワット・ポーまでの道のりは「ヤワラート(中華街)」などの観光スポットを通りますので、これも一興かと思います。

バンコクのヤワラート・チャイナタウンでは、タイの物価で本格的な中華料理を食べることができます。観光にはぴったりかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

HUA SENG HONG(和成豊)バンコク・ヤワラート(中華街)で大人気の名店を食べる この記事を読んでみる

トゥクトゥクには載ってはいけない

タイ観光ではかなり有名な乗り物ですが、トゥクトゥクには乗ってはいけません。語弊があってはいけませんので、ここで注意です。

バンコクに来たという雰囲気を味わいたい方は、もちろん乗ってみていいと思います。一度体験してみるのはいいことでしょう。

しかし、単に交通手段として利用したい場合は、おすすめできません。基本的に料金はぼったくりです。

しかも交通量が多く、常夏のバンコクで、排気ガスをこれでもかというほど吸うのは、健康に良くありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トゥクトゥク詐欺!? バンコクでトゥクトゥクに連れて行かれるお店はぼったくりなのか検証してみた この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)もおすすめ

 ゴールデンウィーク

アジアのホテル予約では、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)もおすすめです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

ワット・ポーとタイマッサージの関係について、少しだけ勉強することができました。私もワット・ポーにマッサージの講習に行ってみたいと思います。

どうやってエントリーするのでしょうか?今度詳しく調べてみたいと思います。ということで、バンコク観光の際には、ワット・ポーに行ってみましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【タイ】バンコク・タイマッサージ店で失敗しない5つの選び方をご紹介します この記事を読んでみる

タイで英語は通じるのか?2017年 気になることばの問題について考えてみた この記事を読んでみる