タイバーツ高・円安につき 1万円を両替すると3,000バーツを切る!?現在を考える

バンコク都内にて両替をすると、なんと1万円が3,000バーツを切る水準まで、円安、バーツ高が進んでいます。タイより輸入ビジネスを営んでいる私にも死活問題になってきました。

今から10年以上前には1万円が4,000バーツという時代がありました。今回は、そんな現状を受けて、この円安・バーツ高時代をどうすべきかを考えてみました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 円安・バーツ高はなぜ続くのか!? バーツが強い理由を考えてみた この記事を読んでみる

タイバーツ高・円安につき 1万円を両替すると3,000バーツを切る!?現在を考える

円安・バーツ高

 バーツ

私が記憶してるのは、今からちょうど5年前、2012年の9月頃、1万円が4,000バーツという今から考えると大変な高レートで両替することができました。

ロイター外国為替レート(本日のレート)日本円1万円を両替するといくら?

上のリンク先のチャート表を見ても分かる通り、ここ20年の為替レートを見ても、2014年あたりに、1万円が2,700バーツという最悪のレートからは脱出したとはいえ、かなり悪いレートです。

ちなみに、私はタイより輸入を生業にしていますので、逆に輸出をメインにしている大企業、例えば、自動車産業などはウハウハな状況ということでしょう。

ここでは、タイに旅行、観光、遊びに行く目線で記事を書いております。ということは、現在の状態はとても苦しい状態ということがおわかりになると思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【完全版】『タイ』バンコク旅行の旅費は!? 航空券、ホテルから娯楽まで、予算をまとめてみました この記事を読んでみる

このレートの差はどのくらい違うのか?

この同じ1万円を両替をすることによって生じる差というものは、どの程度違うのか?ということを考えてみたいと思います。

よくタイに行かれる方は、痛感している方も多いはずです。ちなみに、2012年の1万円が4,000バーツと現在の1万円が2,900バーツを比較するとその差は1100バーツです。

タイでは、1,100バーツはとても大金です。ちなみに少し前に聞いた、タイ人の1日の法律で決まっている最低賃金は、300バーツでした。まさに4日分です。

この最低賃金は少し安すぎますが、この時点でタイにおける1,100バーツの破壊力の大きさはご理解いただけると思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均・月2万6,973バーツと増加傾向 1人あたりの平均は9,266バーツ この記事を読んでみる

1,100バーツでできることは?

ちなみにバンコク都内の大衆タイマッサージの値段は、おおよそ250バーツです。ということはマッサージを軽く5回受けることが可能です。

バンコクの屋台でビールと空心菜(パックブンファイデーン)とご飯、トムヤムクンを食べても、高くて250バーツです。

ということは、あくまで屋台ですが、軽く飲んで、お腹いっぱい食べることができる回数はまさかの4回以上でしょう。

それでは、1,100バーツぴったりを使ってできることを考えてみましょう。ちなみに皆さんは何を思い浮かべましたか?

タイだけにナイトライフに関することを思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここではパスします。

私が思い浮かんだのは、ホテルに1泊できるでしょう。さすがに5つ星の高級ホテルは無理ですが、私が普段宿泊しているキレイなビジネスホテルには宿泊できるます。

このように、1,100バーツの違いで、旅行でのお金の使い方がかなり変わることがわかっていただけると思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年版 バンコク・シーロムエリアで3,000円以下で宿泊できる格安ホテル3選 この記事を読んでみる

1,100バーツで何が買えるか?

1,100バーツで何が買えるのか?ちなみに私のバンコクでの密かな楽しみの1つなのですが、こんな楽しみ方があります。

写真のようにスーパーやコンビニでビールやお菓子を買い込んで食べるのですが、この写真のものすべてで確か440バーツです。

ということは、1,100バーツで約2回半分買うことができます。ちなみに写真のシンハービールが約40バーツなので、約30本近く買える計算です。

こうやって考えているとあれも買える、これも買えるとだんだんと悲しくなってきたので、そろそろやめることにしましょう。

<関連記事はこちらかからどうぞ>

バンコクのホテルにて、密かな夜の楽しみ方!? 夜中に起きてしまったその時に・・・ この記事を読んでみる

円安・タイバーツの現在どうすべきか?

1. 円高になるまで待って、タイ旅行を我慢する

これは100%無理です。自分で書いてみましたが、無理です。私が出張で行かなくてはいけないという理由だけではありません。

リピーター率のとても高いタイです。ここから考えても難しいでしょう。私も1年くらいタイに行かなかったら精神が崩壊してしまいます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 世界で一番人気のある旅行先『バンコク』2年連続1位をキープ この記事を読んでみる

2. 節約する

これはかなり現実的です。不要な出費を避けるために無駄に多く払っている可能性のあるものをやめましょう。例えば両替などです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タニヤスピリット(THANIYA SPIRIT)バンコク両替の神様 タイバーツはここでゲットしよう この記事を読んでみる

3. タイ語を身につけて得をしよう

簡単なタイ語を話せる、コミュニケーションが取れるだけで、大きく変わります。タイには観光客料金というものが存在します。

また、タイ語でお願いすると思いがけずディスカウントしてくれたり、料金が安くなったりします。数字ぐらいはタイ語で話せるようにしたいところです。

しかし、日本人がタイでは全てのものがディスカウントできると思い交渉しているのを目撃します。デパートの高級ブランドショップで値切るのは恥ずかしいのでやめましょう。

ディスカウント交渉できるものとできないもの、できる場所とできない場所がありますので、気をつけましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ語 指さし会話帳を活用・コミュニケーションで旅の楽しみ方が180度変わります この記事を読んでみる

日本からタイに何かを輸出する

現在の円安・バーツ高に合わせて、日本の自動車メーカーのように輸出ビジネスを始めてみるのがいいのではという結論に至りました。

とはいえとてもハードルは高いです。私も今いろいろと考えているのですが、そんなに簡単ではなありません。

日本の何かを買ってタイで販売してみようかなと考えてます。少し前にタイ人に聞いた話では、日本製のカメラやギターなどを欲しがっているタイの富裕層がいるらしいです。

私はそちらには知識が乏しいので、詳しい方は調べて見る価値があるかもしれません。私個人的には、日本のゲーム関係のものはタイでも売れるのでは?と思います。もう遅いでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

M-150(エム ロイ・ハーシップ) タイで激安10バーツの栄養ドリンクが大流行!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

こんな時代ですから、個人で手軽に海外でもビジネスができるようになってきたのは確かです。私も考えてみようと思います。

しかし、為替は上下しますので、また円高・バーツ安になることを願ってます。実は、次回1万円が4,000バーツになる時が来たら、タイにコンドミニアムを買いたいと思っております。

ということで、少しずつ貯金しようと思います。いつか『タイにコンドを買う』こんな記事を書いてみたい思っています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【投資】タイ・バンコクのヤワラート(中華街)でタイ人に大人気の金『ゴールド』を買う この記事を読んでみる

2018年 タイの入国カード・出国カードが変わりました、記入方法を解説します この記事を読んでみる