AMP対応を停止につき・モバイル閲覧にて不具合・エラーが出ております

AMP対応を停止したため、このウェブサイトを携帯・モバイル端末にて見ていただいている方、一部ページにてエラーが表示されていると思います。本当に申し訳ありません。

復旧までに、しばらくお時間かかりそうです。また、AMP?なんのこっちゃ?という感じでしょう。ということで、今回は、AMPというプロジェクトについて、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ブログランキングの登録は意味がない!? バナーを外したらアクセス数が増加しました この記事を読んでみる

AMP対応を停止につき・モバイル閲覧にて不具合・エラーが出ております

AMPとは?

 AMP

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略です。携帯・モバイル端末にて、ウェブページを高速表示するためのプロジェクトのことです。

どういうこと?と思う方もいると思いますので、簡単に説明すると、携帯でウェブサイトを見たときの表示速度を上げ、快適に見ていただくためのプロジェクトです。

Google社が中心になって、速いことは、いいことという考え方で、このプロジェクトを進めているようです。

モバイル端末にて、Googleで検索をかけるとウェブサイトの記事タイトルの下にAMPと表示されているサイトがたくさんありますので、見かける方も多いと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Accelerated_Mobile_Pages

AMPに対応させた経緯は?

このウェブサイト『アジアの歩き方』も少し前にGoogleより、このAMPに対応すべく改善案のようなものが表示されていたので、対応させることにしました。

Googleからというと大げさに聞こえますが、ただ単に私のサイトが登録しているGoogleのデータ分析ツールに案内が出ていたというだけです。

「あなたのサイトの表示速度を上げませんか?」こんな感じの案内だったと思います。決して大げさなものではありません。

なぜ、AMPに対応させようと思ったのかというと、表示速度を上げ、スピーディーにサクサク表示できることによって、このサイトを訪れる方のストレスの軽減になると考えたからです。

ウェブページの表示が遅くてイライラするという経験はありませんか?それをなくすことが単純に読者の方々のためになると思い対応させることにしたのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

旅行ブログ・ウェブサイトの作り方 2018年あなたの情報を発信しよう【保存版】 この記事を読んでみる

なぜAMPの対応を停止・やめたのか?

では、なぜそんな便利なAMPへの対応を停止することにしたのか?これに関しては、このような理由があります。

表示速度が劇的に早くなることは大歓迎だったのですが、ウェブサイト自体のデザインが全く変わってしまうのです。

私のような弱小ウェブサイトでも、サイトの配置はどうしよう、サイトの色はどうしよう、文字の大きさは?装飾は!?など、諸々を考えて作っています。

実は、時間をかけて色々と自分なりに、下手なりですが、かっこよくて見やすいウェブサイトを作りたいと日々考えています。これでかよ〜?という指摘は、ここではご勘弁してください。

そして、このAMPに対応させると強制的に決まった配置や色など、元のウェブサイトのデザインは無視され一律のレイアウトにされてしまいます。

表示速度を上げるために、様々なものを簡略化・定型化するということは、理論的にもわかります。モバイル端末にて、読者の利便性を追求するという考え方も間違っていません。

しかし、自分のウェブサイトは新聞のような定型化された、白黒の無機質なものにしたくないということからAMPへの対応をやめることにしたのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

常時SSL対応の結果 PV数(アクセス数)2割減少 短期的にはデメリットしかありません この記事を読んでみる

復旧するまでしばらく時間がかかるようです

 AMP

携帯・モバイル端末にて、googleなどの検索にヒットする、当サイトのAMP対応の記事に関しては、ある一定の時間を経過すれば、通常通り読み込めるようになるとのことです。

この時間がどのくらいなのかは、検索サイト次第なので、詳細はわかりません。ネットで同様のケースの記事を見ると早ければ2、3日、遅くとも1週間と書いてありました。

復旧するまでは、写真のような「404:That’s an error」と表示されます。改善されるまでこのページが出てしまいます。

お手数ですが、もし、引き続きページを読んでみたいという奇特な方がいましたら、下の「Click here to continue to asianwaker.com」という青い部分をクリックしてください。

当ウェブサイトが表示されますので、「ページが見つかりませんでした」のすぐ下にキーワード検索という枠があります。

こちらに先ほど検索したキーワードを、再度入力していただくと該当のページが表示されますので、読むことが可能になります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

経費削減 2018年 オンライン予約サイトを使って簡単に出張費用を節約しよう【保存版】 この記事を読んでみる

さいごに

今後、世界のgoogleさんですから、こういったことに関しても対応を考えてくれるとおもっています。

当サイトもこれからの動向次第で、訪れる方に便利になるように、努力をしていきたいと考えています。

状況次第では、またAMPに対応させていきたいと思っていますが、現状では、対応を一度停止しました。しばらく迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

PINコードが届かない!?グーグルアドセンス(Google AdSense)の住所確認ができるまで この記事を読んでみる

https(SSL対応)にしました SEOに強い!?気になるメリットとデメリットは!? この記事を読んでみる