Red Bull (レッドブル)世界中で大人気のエナジードリンクはタイ発祥だった!?

Red Bull (レッドブル)は世界中で大人気のエナジードリンクです。しかし、タイではタイ人がレッドブルと呼ぶビンのドリンクがあるのを知っていますか?

また、私たちの飲んでいるレッドブルも実はタイが発祥という噂があります。ということで、今回は、レッドブルの真相について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

チップ(Tip)はいくら? 目安は50バーツ? タイのマッサージ店でのチップ相場とは!? この記事を読んでみる

Red Bull (レッドブル)世界中で大人気のエナジードリンクはタイ発祥だった!?

レッドブル(Red Bull)とは!?

 Red Bull

レッドブル(Red Bull)は、オーストリアの企業が製造、販売している清涼飲料水です。日本を含め、世界160か国以上で販売されています。

エナジードリンクとしては売上、シェア共に世界で第1位です。炭酸ガスを含んでいることから、日本での扱いは炭酸飲料となっています。

「レッドブル翼を授ける」のキャッチフレーズで、日本でも毎日テレビのCM見かけるでしょう。そして、コンビニや自動販売機でも売られているので、一度は飲んだことがあると思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

シロッコ 世界一高い場所!! バンコクのスカイバーで飲んだワインが驚きの超高級!! この記事を読んでみる

レッドブルの発祥はタイだった!?

 Red Bull

実は先日あるウェブサイトを見ているとこんな記述がありました。これはタイの年収ランキングというものです。ちなみに内容は以下になります。

タイの年収ランキング

1位 Chaleo Yoovidhya-35億ドル レッドブルの元会長

2位 Charoen Sirivadhanabhakdi – 33億ドル チャンビールは国内シェアトップ

3位 Dhanin Chearavanont- 28億ドル バンクロールの闘鶏競技場

なんと1位にランクインしているChaleo Yoovidhyaさんはレッドブル元会長と書いてありました。レッドブルはオーストリアの会社のはずですが、タイ人が会長だったのでしょうか?

そういえば、確かにタイでは10バーツのビンのドリンクをレッドブルと呼んでいるタイ人がいます。ということで、レッドブルの由来やタイとの関係について、調べてみることにしました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

切手 !? タイのセブンイレブンで貰える謎のスタンプは何!? 50バーツ購入で1枚!? この記事を読んでみる

タイのレッドブル Krating Daeng (グラティンデーン)とは!?

 Red Bull

私たちが日本で飲んでいるレッドブルは、実はタイのグラティンデーンという清涼飲料水を元に作られたものだったのです。

グラティンデーンとは例の10バーツのビンの飲料水です。つまり、現在のレッドブルはタイ発祥のドリンクという訳です。

そして、オーストリア人のディートリヒ・マテシッツがこのドリンクの国際的な販売権を獲得し、これを独自に改良、現在のレッドブルが作られたのでした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

IM CHAN (イムちゃん)初心者にもピッタリ!? バンコクで人気!? 安心のタイ屋台料理!! この記事を読んでみる

タイのレッドブルは日本のリポビタンDがモデル!?

さらに驚くべきは、このタイのグラティンデーンは、日本のリポビタンDがモデルになっているようです。確かに私もなんだか味が似ているような気がしていました。

1980年代のタイでは、日本のリポビタンDが栄養ドリンクとしてとても流行っていました。そこに目をつけたのが中華系タイ人のChaleo Yoovidhya(チャリアオ・ユーウィッタヤー)でした。

元々TCマイシンという会社を設立し、痛み止めの製造や販売を行なっていた彼は、独自に配合した栄養ドリンクをリポビタンDよりも安価で売り出したのです。

これが低所得層の労働者を中心に爆発的に売れました。結果、チャリアオ・ユーウィッタヤーは、大富豪になり、年収ランキングで1位になるに至りました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

M-150(エム ロイ・ハーシップ) タイで激安10バーツの栄養ドリンクが大流行!? この記事を読んでみる

タイのレッドブル 10バーツが安すぎる!!

 Red Bull

タイのレッドブルは、スーパーやコンビニなどで10バーツで販売されています。ちなみに私たちが普段飲んでいるレッドブルはタイでは60バーツです。

よって、価格は6倍なのでタイでは高級品です。日本と値段は変わりません。結果、10バーツのレッドブルが良く売れています。

また、タイのレッドブルはタイだけではなく、マレーシア、ベトナム、中国など、東南アジア一帯で広く販売され、世界展開をしています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年10月 たばこ増税で喫煙者から悲鳴!! 免税店は35%もお得!? 海外旅行のお土産にも最適!! この記事を読んでみる

御曹司が国際手配されている!?

 Red Bull

実はタイのレッドブルの御曹司ウォラユット・ユーウィタヤー氏が国際指名手配され、タイ当局は逮捕状をとって行方を追っています。

バンコク都内で高級車フェラーリを運転中、バイクでパトロールしていた警官をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑いです。

同容疑者は検察当局の再三の出頭命令を拒否し、一方で自家用ジェット機で世界各地を飛び回る生活を送っています。

タイ国内では「金持ちや権力者は刑罰を受けないというこの国の文化の典型」として捜査当局の甘い対応に批判の声が高まっていました。

https://jp.reuters.com/article/tk0887450-thailand-justice-idJPTYE88402520120905

レッドブルの飲み過ぎに注意!!

 レッドブル

海外ではレッドブルの飲み過ぎによるカフェイン中毒によって、死亡する例もあるようです。もともと心臓の弱い人だったとの話もありますが、注意が必要でしょう。

エナジードリンクの飲み過ぎは良くありません。レッドブルに限らず最近では多くのエナジードリンクが販売されています。

また、日本で販売されているレッドブルは、少し成分が違うようですが、念のために飲み過ぎには気をつけるようにしましょう。

加えて東南アジアなど、特に暑い国に行くとレッドブルが本当においしいです。タイでもキンキンに冷えたレッドブルはおいしいですが、1日に2本までと覚えておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

マレーシア航空 安くて便利だけど遅延注意!? 時間に余裕を持って移動しよう!! この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

私が長い間疑問に思っていたタイのレッドブルは、決して偽物ではなく、むしろ本物だったことに驚きました。また、日本のリポビタンDがモデルになっていることも驚きです。

それにしてもおいしい栄養ドリンクが10バーツは安すぎます。次回の出張でも買いだめしてこようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

シンハー (SINGHA)有名なタイのビール!! 飲む場所によって金額が違いすぎる!? この記事を読んでみる

円高 バーツ安が到来!? 2019年はお得にタイ旅行に行けるか!? 1万円が一時3,070バーツに!! この記事を読んでみる