燃油サーチャージ JALが2018年2月からタイ片道4500円に値上げ!! 原油価格高騰のため!!

燃油サーチャージ を4,500円に値上げするという残念なニュースがありました。JAL(日本航空)の来年2018年の2月発券分から適用されます。

私も頻繁に海外出張に行くので、この燃油サーチャージは痛い出費です。ということで、今回は、この燃油サーチャージの値上げについて、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

日本とタイの時差は2時間!! フライト時間は6時間半!! 飛行機での快適な過ごし方は!? この記事を読んでみる

燃油サーチャージ JALが2018年2月からタイ片道4500円に値上げ!! 原油価格高騰のため!!

燃油サーチャージとは!?

 燃油サーチャージ

燃油サーチャージとは、ことばの通り燃油とする石油の価格に付随する、航空運賃とは別に徴収される料金のことです。

燃油価格の急激な変動に伴って、2000年代から航空業界にも広まりました。最近では、原油価格の低下から燃油サーチャージは比較的安価でした。

また、JALとANAは原油価格の大幅な下落から2016年4月1日発券分、日本発の国際線燃油サーチャージを6年半ぶりに0円にしました。

しかし、対米ドル円安の進行により、航空会社の業績が絶好調にも関わらず、10ヶ月後の2017年2月1日発券分より、燃油サーチャージの徴収が復活することになりました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクエアウェイズ コードシェア便が安い!! バンコク行き格安航空券!! JAL便の半額!? この記事を読んでみる

2月からタイ片道4,500に値上がり!!

2018年2月からの燃油サーチャージは以下のように値上がりします。ちなみにいずれも片道分で、カッコ内は値上げ前の金額です。

韓国・極東ロシア 500円(300円)

中国・香港・台湾 2,500円(1,500円)

ベトナム・フィリピン・グアム 3,000円(2,000円)

タイ・シンガポール・マレーシア 4,500円(3,000円)

ハワイ・インド・インドネシア・スリランカ 6,000円(4,000円)

欧州・北米・中東・オセアニア 10,500円(7,000円)

全体的に今までの金額の1.5倍ほどに値上がりするようですが、あくまでこれは片道の料金です。よて、私がいつも利用する東京〜バンコク便は往復で3,000円ほど値上がりすることになります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

agoda アゴダのキャンセル不可・トラブルに注意!! 間違えた場合は直接連絡で予約変更できる!? この記事を読んでみる

値上がり分を節約する!!

この3,000円の値上がりはとても痛い出費です。月1回の出張を1年間で計算するとと、36,000円にの出費になります。

ということで、なんとかこの3,000円を節約したいところです。それでは、バンコク便の値上がり分3,000円を節約するためにはどうすれば良いかを考えてみましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

JAL JMBサファイア会員のメリットや限定サービスは!? ステイタスと特典は最高!! この記事を読んでみる

ホテル代を節約する!!

航空券の料金がトータルで上がってしまうので、ホテル代を見直すことで、節約することができるはずです。

仮に3泊したとすると、1泊分で1,000円を節約しなくてはなりません。私は今まで出張では3,000円から5,000円ほどのホテルに宿泊しています。

宿泊料金が5,000円のホテルには宿泊せずに4,000円に抑えることで、3,000円を節約することができます。バンコクには3,000円台でもキレイなホテルがあるので、苦労はしないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

レッドプラネット スラウォン(Red Planet Surawong)バンコクで1番コスパの高いホテル!? この記事を読んでみる

ホテルの朝食をつけない!!

ホテルの朝食は、安くても200バーツはします。私の宿泊しているホテルは大体350バーツほどなので、これをつけなければ350バーツ(約1,000円)を3日分節約することができます。

バンコクにはリーズナブルでおいしい朝ごはんを食べることができるお店が多くあります。私が通っているお店の中には、1食35バーツで食べることができる場所もあります。

タイの定番料理カオゲーンのお店ですが、このようなお店がバンコク都内には数多くあるので、食に困ることも無いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

絶品カオゲーン バンコクで安くておいしいぶっかけ飯!! BTSサラデーン駅徒歩1分の名店!! この記事を読んでみる

屋台で食事をする!!

 燃油サーチャージ

普通のレストランで食事すると、200バーツほどかかります。これでもとても安いレストランですが、これを屋台に変えてみましょう。

屋台ではレストランの半分以下でご飯を食べることができます。また、バンコクには至る所に屋台があるので、場所には困りません。

定番のクイッティオも40バーツほどで食べることができます。パッタイやソムタムなども同金額でしょう。とてもおいしいので、是非おすすめです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台飯 タイの庶民の味を食べる!! 激安グルメは豊富なメニューと安定のおいしさ!! この記事を読んでみる

メルカリなどでお小遣いを稼ぐ!!

収入を増やすことはなかなか難しいでしょう。特に会社員の人は難しいと思いますが、最近ではメルカリやネットオークションなどで、手軽に商品を個人で販売することができます。

バンコクで安く品物を購入して、これらの方法で販売すれば、実は簡単に3,000円以上稼ぐことができるはずです。

特にタイは物価の安い国です。日本で意外にも高く売れるものが街の至る所に眠っているでしょう。これらを探すのもきっと楽しいのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイで買い付け!! 日本のメルカリで高値で販売できるものは何!? 旅の資金を稼ごう!! この記事を読んでみる

航空券予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

燃油サーチャージが値上がりするのは、旅行者にとっては痛い出費ですが、確かに原油の値段が上がっているので、仕方がないと思います。

ということで、値上がりした分の支出を減らす努力、もしくはお小遣いを稼ぐ方法で乗り切る方法もあるはずです。それでは是非参考にしてみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される!! この記事を読んでみる

2018年10月 たばこ増税で喫煙者から悲鳴!! 免税店は35%もお得!? 海外旅行のお土産にも最適!! この記事を読んでみる