2018年1月27日 反政府グループ がバンコク都心で集会を開催!? 日本大使館が注意喚起!!

反政府グループ の集会に日本大使館が注意喚起をしています。2018年1月26日の報道では、27日にバンコク都心で反政府集会が開催される模様です。

2018年は総選挙が行われる予定のタイですが、現状も軍による政治が続いています。ということで、今回は、反政府グループの集会の注意喚起について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

路上詐欺 被害額100万バーツ!? バンコクで邦人の被害者が続出!? 在タイ日本大使館が注意喚起!! この記事を読んでみる

2018年1月27日 反政府グループ がバンコク都心で集会を開催!? 日本大使館が注意喚起!!

反政府グループの集会とは!?

 反政府グループ

タイのニュースでは1月27日17時30分より反政府系のグループが今年行われる予定の総選挙の早期実施などを求めるための集会を行う模様です。

開催場所はバンコク都心、パトゥムワン交差点のスカイウォーク(MBK、マーブンクロン前)と発表されています。

これに対して在タイ日本大使館は、「反政府系グループの集会実施に伴う注意喚起」としてウェブサイトにて注意を促しています。

反政府系グループの集会実施に伴う注意喚起 在タイ日本国大使館 ウェブサイト

2018年11月に総選挙を実施予定!!

今年の11月には総選挙が行われる予定のタイですが、長く続く軍政に不満を抱えるタイ国民も多いようです。これが今回の集会の本質でもあります。

この総選挙は、プラユット首相(元陸軍司令官)が実権を握っている軍事政権から民政移管に向けた議会下院(定数500)を選出する選挙になります。

よって、この選挙の結果次第では、長く続いた軍政から民政に復帰する予定です。しかし、この選挙で再びタクシン派と反タクシン派の対立が鮮明になるとも考えられます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう!! この記事を読んでみる

軍政が続く可能性もある!?

 反政府グループ

2017年4月に軍政が作成、施行された新憲法では、国会は上院(定数250)と下院の2院制です。また、非議員の首相を認める内容になっています。

1997年憲法が軍政の宿敵であるタクシン元首相の台頭を許したことから、公選制の下院を大政党が不利となる選挙制度に変更しました。

また、上院は憲法施行から5年間は軍政が議員を選任するので、実際には軍や特権階級が上院を通じて国会の3分の1を自動的に抑えることになるのです。

結果、下院選後も軍主導の政権が発足し、現在のプラユット政権が続投する可能性の高いのでは!?と有識者は見ているようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクのマッサージパーラー(MP)にタイ警察が強制捜査!! 麻薬検査を実施!! この記事を読んでみる

2017年プミポン前国王の葬儀の後に注意!!

 反政府

2017年10月、タイ国民に絶大な信頼と寵愛を受けたプミポン国王の葬儀が終わったことで、再び政治的な混乱が起きるのではないかと危惧されています。

在位70年の偉大な国王は、政治に対しても大きな影響力を持っていました。数々のクーデターを起こしてきた軍も国王の意向を無視して政治に介入することはできませんでした。

しかし、この影響力がなくなったことによって、軍や市民への統制にも陰りが出るのではないかと懸念されているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイに政治的混乱が再燃!? プミポン前国王の葬儀後に注意!! 過去には暴動や悲劇も!? この記事を読んでみる

武力衝突が起きた悲劇の歴史とは!?

2010年にはバンコクの中心地で、反政府グループのデモ隊とタイ王国軍の間で武力衝突が発生し、2,000人以上の死傷者を出す悲劇が起こりました。

この武力衝突では、日本人カメラマンの村本博之さんが国軍に銃で撃たれ死亡するという悲劇も生みました。

タイの過去の歴史を見ても軍によるクーデターが頻繁に起こっています。観光客が巻き込まれる可能性もあるので、念のため非常事態には気をつけておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

PM2.5 バンコクの大気汚染が悪化!! 健康への悪影響も!? マスクの無料配布が始まる!! この記事を読んでみる

タイ人は激情家な気質!?

 反政府グループ

タイは微笑みの国として世界的にも有名でしょう。確かに温厚で優しい人が多いと思います。しかし、内面にはプライドが高く、激情型な一面を持っているのです。

2010年の武力衝突もこういった激情的な一面が一つの原因とも言えます。意外にもヒートアップしやすい性格を持っていることも覚えておくと良いのではないでしょうか。

時にタイ人の激情的な一面を目撃することがあります。地元サッカーチームを応援する姿や歓楽街で激しくケンカする女性など、温厚なタイ人も全くの別人に変わってしまう場合があるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ニューハーフ に注意!? パタヤのウォーキングストリートでレディボーイによるスリが多発!? この記事を読んでみる

格安航空券の予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアもおすすめ!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

政権が安定し、本当の意味で平和になって欲しいと思いますが、タイ南部のイスラム圏の強い地域ではテロの頻発が問題になっています。

東南アジアには銃社会で一般市民が銃を持っている国もあります。事実タイもそうです。今回の日本大使館の注意喚起もそうですが、観光でタイを訪れる人も念のため注意が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

イスラム武装勢力 特にタイ南部(イスラム圏)を訪れる人は頻発するテロに注意が必要!! この記事を読んでみる

HIV タイのAIDS事情とは!? エイズの感染率が高い国!? 現状や実態と正しい知識を持とう!! この記事を読んでみる