TPP(環太平洋経済連携協定)にタイが参加の意思を表明 12か国目の加盟国となるか?

TPP(環太平洋経済連携協定)にタイが参加の意思を表明しました。交渉を担当する茂木経済再生担当大臣がタイの副首相とバンコクで会談し、参加の意思が伝えられました。

日本でもたびたびニュースになるTPPです。ということで、今回は、TPPとは何か? そして、参加するのどうなるのか?について、記事にしてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう この記事を読んでみる

TPP(環太平洋経済連携協定)にタイが参加の意思を表明 12か国目の加盟国となるか?

TPP(環太平洋経済連携協定)とは?

 TPP

TPPとは、環太平洋パートナーシップ(Trans-Pacific Partnership)の略です。包括的な経済連携協定です。

関税の撤廃・削減の他、投資、政府調達、知的財産など幅広い分野で共通ルール導入する事で、ヒト・モノ・カネが国境を越えて活発に動く「経済圏」をつくる試みです。

貿易の自由化を目指し、太平洋諸国の経済連携を強め、経済の活発化を目標とするものです。当初、GDPで世界の約4割を占め、人口約8億人の巨大経済圏を発足させる構想でした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 夏休み・お盆休みの航空券まだ予約してないの!?海外旅行は今すぐチェックしよう!!! この記事を読んでみる

加盟国について

 TPP

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国、ベトナムの計12カ国で、2015年10月に大筋合意に至りました。

しかし、昨年2017年にアメリカ、トランプ大統領がTPP協定から離脱するための大統領令に署名しました。

協定の発効にはアメリカの承認が欠かせず、これによって、発効のめどが立たなくなってしまいました。これは、アメリカ1国で加盟国全体の60%近いGDP占めているからです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイ・チェンマイにてアジア太平洋安保会議(CSCAP)がはじまりました この記事を読んでみる

アメリカ抜きの新TPPとは?

 TPP

アメリカが離脱を表明した事によって、現在新しい協定を作ろうとしています。この協定には、政治、経済の両面で理由が存在します。

参加国が自由貿易に対するコミットメントを再確認するのに役立ち、2国間協定を推進するアメリカに対して、参加11カ国が、交渉上の立場を強める効果も期待できます。

また、日本やオーストラリア政府は、多国間協定の策定において、これまで米国が担ってきた指導的役割を一部買って出ています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エアトリ 航空券は特に安くない!? 評判や口コミは? カード決済手数料が高すぎる? 真相を調べてみた この記事を読んでみる

タイが参加の意思を表明?

日本の茂木大臣は、タイのソムキット副首相とバンコクで会談し、アメリカを除く11カ国によるTPP11の内容などについて説明しました。

会談では、ソムキット副首相がTPPに参加したい意思を示したということです。新規加盟には参加国の同意が必要で、正式な交渉は発効後に行われる見通しとなっています。

タイは、人口が6,500万人、GDPも右肩上がりです。日本としても加盟国の拡大により、アメリカの復帰にもつなげたい考えで、来年早々の発効に改めて意欲を示しています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される この記事を読んでみる

TPPで身近な生活はどう変わるのか?

簡単に考えると、この協定によって、関税が撤廃されたとしましょう。例えば、スーパーで売っているオーストラリア産の牛肉にもかかっている関税がなくなります。

これによって、このオーストラリア産の牛肉が安く買えることになるのです。このようにTPP加盟国から輸入されているものが安く買えることになります。

しかし、日本国内で反対している人もいます。これは安い輸入品が入ってくることによって、国産のものが価格競争力によって、売れなくなる恐れがあるからです。

このように日々変わりゆく、世界の中で、日本がさらに競争力を高めていくためには、自分たちが変わらなければならないタイミングが来ていると思っています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

DENTISTE(デンティス)歯磨き粉 タイ旅行のおみやげで必ず喜ばれる?その効果が凄かった この記事を読んでみる

航空券予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

今後、いろいろな意味で、世界は小さくなっていきます。このように貿易が自由化していくことは、とてもいいことでしょう。早く発足してほしいものです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金・ゴールドを買う タイ・バンコクのヤワラート(中華街)金投資はタイ人に大人気!? この記事を読んでみる

金を売ると損をする!? タイ・東南アジアで買った金を日本で売る場合は注意が必要です この記事を読んでみる










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)