タイに移住!? バンコクに住むためにはどうしたらいいのか? ビザとお金の問題は? Part2

タイに移住するためにはどうしたらいいの?ビザやお金の問題は? 引き続き、タイ移住について考えてみようと思います。

前回の記事では、移住について考えました。そして、タイに移住するためのロングステイビザに、別の条件が加わっていることもわかりましたので、再度アップデートしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイに移住!? バンコクに住むためにはどうしたらいいのか? ビザとお金の問題は? この記事を読んでみる

タイに移住!? バンコクに住むためにはどうしたらいいのか? ビザとお金の問題は? Part2

移住のためのロングステイビザ 期間が最長10年に延長

 移住

2016年11月22日、タイ軍事政権が閣議にて、リタイヤ後、タイに長期滞在する人向けに発行しているロングステイビザの滞在期間を、現行の1年から10年に延長することを承認しました。

対象となる国一覧(14カ国)

イタリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、スウェーデン、スイス、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、フランス、英国、米国、日本

滞在期間は5年、1度申請することで5年の延長が可能です。申請にかかる手数料は、1万バーツが必要とのことです。

ビザに必要な要件

・通常のロングステイビザと同じく満50歳以上であること。

・年金などの月収が10万バーツ、もしくはタイ国内の銀行の預金残高が300万バーツ以上。

・滞在中は90日に1度、入国管理事務所への報告が義務付けられる。医療保険に加入すること。

このように、最長で10年滞在することが可能になりました。ロングステイを希望する方には朗報でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パッポン通り(Pat Pong)に勢いが戻ってきた!? 2018年タイ・バンコクの歓楽街の現状は? この記事を読んでみる

日本人の人気移住先1位はマレーシア

マレーシア移住に必要な『MM2H』ビザ

この『MM2H』ビザを取得すれば1年間マレーシアに滞在することが可能になります。しかし、この『MM2H』ビザの取得はタイに比べて要件が厳しいです。

ビザ必要な要件(共通)

・1ヶ月の国外での収入が1万リンギットの収入証明が必要。

・50歳以上の場合、最低35万リンギット(約1,225万円)以上の財産証明が必要。仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約525万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

・50歳未満の場合、最低50万リンギット(約1,750万円)以上の財産証明が必要。仮承認がおりた後はそのうちの30万リンギット(約1,050万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

ロングステイ・長期滞在MM2Hビザ マレーシア政府観光局

このように、タイのロングステイビザよりも金額的なハードルが高いです。それでも人気ということは、必ず選ばれる理由があるはずです。

確かに、マレーシアも本当にいい国です。このマレーシア移住に関しては、近いうちに改めて詳しく調べてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ゴールデンラウンジ マレーシア航空クアラルンプール国際空港のラウンジが豪華すぎました この記事を読んでみる

50歳以下にはやはり厳しいという現実

タイのロングステイビザの延長に関してもそうですが、やはり対象は、リタイヤしたことを前提とした、満50歳以上を対象としています。マレーシアに関しても同様です。

ということで、やはり何らかの形で働かなくてはならないということに至りました。もしくは、タイ人女性、また、タイ人男性と結婚するという選択肢もあります。

これは、永住権の取得という選択肢になります。この永住権の取得に関しては、かなり深い内容になりそうですので、次回以降に再度まとめてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ紙幣 4月6日から新バーツ札発行へ・肖像がワチラロンコーン国王にデザインが変わります この記事を読んでみる

さらなる国際化の世界へ

今後、さらに国際化することで、現行よりも基準が緩和される可能性もあるということがわかりました。

しかし、何かと物騒な国際情勢ということもありますので、逆に厳しい方向に規制されるという可能性も考えられるということでしょう。

また、情報が更新されたら記事にしたいと思います。また、現在の状況下で移住するために、タイに会社を作るということについても考えていきたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

仲川遥香 ツイッター(Twitter)影響力のある女性世界7位 世界で活躍する日本人とは? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

今回は、50歳以上でリタイヤした方を前提とした、ロングステイビザで最長10年までタイ国内に住むことについてまとめてみました。

次回は、実際にタイで起業するにはどうしたらいいか?ということについても考えてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年版 バンコクで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 10選【完全版】 この記事を読んでみる

2018年版 日本人男性がタイでモテるための5つの条件とは!?【保存版】 この記事を読んでみる







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)