海外移住 タイに住むためには!? マレーシア移住が人気!? 日本人の貧困化が深刻な問題に!?

海外移住 を夢見る人も多いのではないでしょうか? 特に物価の安い国への移住を考えている人は近年増加傾向にあります。前回の記事ではタイ移住について考えてみました。

実はタイ移住に必要なロングステイビザに、別の条件が加わっているようです。ということで、今回は、海外移住のビザと問題について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ移住 物価の安いバンコクに住む!! ビザとお金は!? 50歳以上はロングステイビザがある!? この記事を読んでみる

海外移住 タイに住むためには!? マレーシア移住が人気!? 日本人の貧困化が深刻な問題に!?

ロングステイビザ 期間が最長10年に延長!!

 海外移住

2016年11月22日タイ軍事政権が閣議にて、リタイヤした後にタイへ長期滞在する人向けに発行しているロングステイビザの滞在期間を、現行の1年から10年に延長することを承認しました。

基本的に滞在期間は5年、1度申請することでさらに5年の延長が可能です。申請にかかる手数料は、1万バーツが必要とのことです。ちなみにビザ発行に必要な要件は以下の通りです。

・通常のロングステイビザと同じく満50歳以上であること。

・年金などの月収が10万バーツ、もしくはタイ国内の銀行の預金残高が300万バーツ以上。

・滞在中は90日に1度、入国管理事務所への報告が義務付けられ、医療保険に加入すること。

また、このロングステイビザの発行の対象となる国は、下の14か国になります。全ての国の人が対象ではないので、注意が必要でしょう。

・イタリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、スウェーデン、スイス、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、フランス、英国、米国、日本

このように最長で10年間タイ国内に滞在することが可能になっています。満50歳以上で、ロングステイを希望する人には朗報と言えるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スクンビット ソイ77/1 バンコク・オンヌットが熱い!! 物価が安く日本人にもおすすめ!! この記事を読んでみる

日本人の人気移住先 1位はマレーシア!!

マレーシア移住に必要なMM2Hビザとは?

 海外移住

このMM2Hビザを取得すれば1年間マレーシアに滞在することが可能になります。しかし、このMM2Hビザの取得はタイに比べて要件が厳しいのです。

・1ヶ月の国外での収入が1万リンギットの収入証明が必要。

・50歳以上の場合、最低35万リンギット(約1,225万円)以上の財産証明が必要。仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約525万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

・50歳未満の場合、最低50万リンギット(約1,750万円)以上の財産証明が必要。仮承認がおりた後はそのうちの30万リンギット(約1,050万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

ロングステイ・長期滞在MM2Hビザ マレーシア政府観光局

<関連記事はこちらからどうぞ>

ミャンマー 2018年10月からの1年間は観光目的の日本人と韓国人はビザ免除に!! この記事を読んでみる

日本人の移住先1位!!

タイのロングステイビザよりも金額面ではハードルが高いでしょう。それでもマレーシアは日本人の移住先としては1位のようです。

財団法人ロングステイ財団の調査によれば、2006年から2017年まで12年連続で住みたい国1位をキープしています。マレーシアが人気の理由は、治安の良さと物価の安さです。

また、英語が通じる点、もともと親日の国ということが挙がるでしょう。確かにマレーシアも本当に良い国です。のんびりと老後を過ごしたい人にもピッタリかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

マレーシア航空 安くて便利だけど遅延注意!? 時間に余裕を持って移動しよう!! この記事を読んでみる

50歳以下にはやはり厳しいという現実!!

 海外移住

タイのロングステイビザの延長もそうですが、やはり対象はリタイヤしたことを前提とした満50歳以上です。マレーシアに関しても同様と言えるでしょう。

ということで、海外移住を考えた場合、やはり何らかの形で働かなくてはなりません。もしくは、タイ人と結婚するという方法でしょうか。

これは永住権の取得という選択肢になるでしょう。しかし、単身でタイに移住を考えるとそう簡単にはいかないという現実があります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

日本人逮捕 !? バンコクの両替所に強盗!! 海外旅行にクレジットカードは絶対持って行こう!! この記事を読んでみる

海外での日本人の貧困化が問題に!?

海外に移住する日本人が増えると共に日本人の貧困化が問題になっています。最近テレビで物価の安いアジアは、プール付きの高級マンションで豪華な生活ができると話題になっていました。

これは現地採用の安い給料でもタイでは高額というものです。確かに現地採用の5万バーツほどの給与はタイ人の平均よりは高いでしょう。

しかし、5万バーツでは憧れの豪華な生活にはほど遠い現実があります。そして、日本人が現地のタイ人と完全に同じ生活をするのは困難です。

また、日本よりも豪華な生活に憧れて移住を考えた人は、特に理想と現実のギャップに耐えられず、1年以内に日本に帰国するケースも多いです。

もちろん格段にユルい国であることは間違いないので、そういう意味では精神的には楽な人もいると思いますが、日本人がタイで生活するにはそれなりの覚悟が必要でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ワイ (wai)タイの伝統的な挨拶とは!? 外国人はどのように合掌すれば良いのか!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

満50歳以上では、ロングステイビザという選択肢があり、最長で10年間タイ国内に住み続けることが可能です。しかし、50歳未満では何かしら職に就き、労働ビザを取得しなくてはいけません。

ということで、私もタイで働くためにという観点で、移住について深く考えてみようと思います。また、情報が更新されたら、アップデートしていきたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイマッサージ タイ旅行で失敗しないマッサージ店の選び方!! 5つのキーワードとは!? この記事を読んでみる

バイクタクシー タイ・バンコクで便利だけど少し危険!? バイタクの乗り方や料金は!? この記事を読んでみる