タイ株式投資 SETとは!? アフターコロナの今がチャンス!? 破産申請のタイ国際航空が狙い目!?

タイ株式投資 で将来に向けて資産運用はどうでしょうか!? 新型コロナによるパンデミックで世界中の株式市場で株価が乱高下しています。

これはタイ株式も同様で、中には今が買い時との声も聞こえてきました。ということで、今回は、意外にも情報の少ないタイ株式の投資について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの物価 実際の庶民の感覚は!? 日本と比較!! 100バーツを1,000円と考えると良い!? この記事を読んでみる

タイ株式投資 SETとは!? アフターコロナで買い時!? 破産申請のタイ国際航空が狙い目!?

急成長が期待されるアセアン株式投資!?

日本でも資産運用が一般的になりつつありますが、投資先として外国の株式に興味を持っている人も多いのではないでしょうか!?

特にBRICsに続く成長国としてアセアン各国の株式は世界中から注目されています。しかし、意外にもその投資についての情報は少なく、ネット上でもイマイチ探せません。

アセアン株式投資で有望な国としては、タイやインドネシア、マレーシア、ベトナムなどが挙げられますが、やはりイメージ的にもこれから成長が期待できそうな国ばかりです。

そんな中、私は将来的にはタイに移住を考えているので、今回はタイ株式の投資について調べて、魅力的な銘柄があれば実際に購入したいと思いました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エクスペディア 航空券やホテル予約は安いの!? 評判や口コミ!? トラブルやキャンセル料は!? この記事を読んでみる

タイ株式投資の基本!! SETとは!?

タイ株式投資を考える上で、タイの株式市場について把握する必要があるでしょう。ちなみにタイの株式市場にはSETとMAIがあります。

SETは、Stock Exchange of Thailandの略で私もSET指数の名前で聞いたことがあるタイの大手企業を中心としたメインのマーケット、日本の東証一部のようなモノです。

そして、一方のMAIは、Market for Alternative Investmentの略で、比較的規模が小さく、新しい企業が多く、日本のマザーズを考えると分かりやすいでしょう。

私のような初心者は大企業が上場しているSET一択になりますが、最初は誰もが聞いたことがある有名企業の株を狙うのが良いのではないかと考えています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

旅行特需 2020年アフターコロナで旅行需要が急速に回復!? 収束後は旅行者が急増!? この記事を読んでみる

SETに上場している大企業とは!?

このSETには、大手を中心に500以上の企業が上場しています。中には誰もが知っている大企業もあるので、とりあえずは聞いたことのある企業をチェックしてみましょう。

基本的にはSET50と呼ばれ、時価総額加重平均指数、SET指数採用銘柄のうち時価総額および流動性で上位50に入る銘柄が私のような初心者にも分かりやすいかもしれません。

SET50の一覧を載せると銘柄が多くなってしまうので、個人的に気になった幾つかの銘柄を挙げてみたいと思います。

1. ADVANC アドバンスト インフォ サービス(Advanced Info Service Public Co.) *AIS 携帯電話サービスを提供する移動体通信会社の最大手。

2. BBL バンコク銀行(Bangkok Bank Public Co.)*タイの最大手銀行。銀行・金融サービス全般を提供する商業銀行。

3. CPALL CPオール(CP ALL PCL)*コンビニエンスストア運営会社。セブンイレブンを展開するCPグループ(食品)傘下企業。

4. BEM バンコク エキスプレスウェイ&メトロ(Bangkok Expressway & Metro PCL)*高速道路建設、地下鉄運営会社。

5. SCC サイアムセメント(The Siam Cement Public Co.)*タイのセメント最大手。石油化学製品、紙、建築物の製造と流通を手掛ける多角経営企業。

6. PTT タイ石油公社(PTT PCL)*天然ガスと原油の探査、生産、輸送、販売を手掛ける国営の石油・ガス会社。

7. THAI タイ国際航空(Thai Airways International Public Co.)*タイ国営の最大手航空輸送会社、物流。2020年破産申請。

上の銘柄はほんの一部ですが、このように聞いたことのある企業の方が投資先としてもイメージしやすいと思うので、自分なりにチェックしてみると良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行 3泊4日!! 日本円でいくら持って行けば良い!? バンコク観光や予算を考える!! この記事を読んでみる

タイ株式投資の可能性とは!?

 タイ株式投資

それではなぜ今タイ株式投資に興味を持ったのか!? これにはいくつかの理由があります。まず一つはコロナウイルスの感染拡大、鎖国政策によって株価が下がったからです。

タイの株式相場は、実は2019年頃から低迷し始め、コロナの影響で強烈に下げ幅を拡大、もちろん一部の銘柄では一時期よりは回復しましたが、それでもまだ安い状態と言えます。

また、現在も続く厳しい入国制限によって、GDPの約2割を占めるタイの観光業が壊滅状態のため、今後も株価によってはネガティブな状況が続くでしょう。

よって、これからさらに下げ幅を拡大し、底に近づいたタイミングが大きな仕込み時ではないかと思います。とはいえ、このタイミングを見極めるのが一番難しいのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

反政府デモ 過激化!? コロナ禍のタイで国民の怒りが爆発!? 軍事クーデター後最大級!? この記事を読んでみる

強烈な円高バーツ安が訪れる!?

個人的な希望でもありますが、強烈な円高、バーツ安が訪れるのでなないかと期待しています。これは今後もしばらくは続く鎖国によって、確実にタイ経済は疲弊するでしょう。

私は観光立国タイに関しては、早々に入国制限を緩和し、コロナと経済のバランスを保った政策に切り替えた方が良いと考えています。

しかし、ゼロリスクを機軸に考えるタイ政府は、厳しい措置を継続するでしょう。これは完全に諸刃の剣です。

よって、このような厳しい措置が続く限り、タイ経済は少しづつ体力を失い、タイの通貨バーツの信用が下落する可能性は大いにあり得ます。

こうして円高の状況になれば、タイ株式を購入する資金にも大きな影響を及ぼし、同じ価格の銘柄でも為替のおかげで安く購入することが可能になるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ経済崩壊 2020年新型コロナの影響で観光収入が激減!! 観光立国に忍び寄る影!! この記事を読んでみる

今が買い!? 博打!? コロナで低迷するタイ国際航空の株価!!

それではタイの株式市場でどの銘柄を買うべきでしょうか!? ここにタイ政府の厳しい入国制限、観光業への大打撃を最も深刻に受けた企業があります。

それがタイ国際航空です。実は元々コロナ前から経営が悪化、赤字の企業でした。その影響もあり、5月には破産を申請、事実上経営破綻に陥っています。

破産申請、経営破綻したのに普通に売り買いできるのも疑問ですが、これから民営化し、再スタートするようです。

ちなみに現在の株価は、一株約3.1バーツ、約3年前の高値30バーツから考えると、超割安ではないでしょうか!? 実際に私のタイ人の友人も結構買っています。

もちろんこれは完全に私の個人的な見解なので、あくまで自己責任ですが、一株が2バーツ台になったら10年放置する気持ちで購入してみるのも良いかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ航空 破産の可能性!? 再建難航!! 唯一のナショナルフラッグキャリアが破綻の危機!? この記事を読んでみる

タイ株式の買い方!! 日本でも購入可能!?

タイ株式投資のやり方としては、一つはタイ現地の証券会社に口座を開設して運用を開始するやり方です。証券会社によっては、日本語を話せるスタッフもいます。

しかし、現実的には日本からタイの株式を購入する方法が一番ではないでしょうか!? 実は簡単にタイの株式を購入する方法があり、日本の証券会社でもタイの株式を購入できます。

ちなみに私は10年以上利用しているSBI証券で普通に取引が可能だったので、特別に新規で口座を開設する必要もありませんでした。

SBI証券の場合、取引手数料は約定代金の1%(税込1.1%)、最低手数料が761タイバーツ(税込837.1タイバーツ)です。

最低2,500円ほどで日本からタイ株式をネットで購入できるのであれば、決して高くはありません。これは絶対にチャレンジする価値があると私は確信しています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スーパーリッチ (Super Rich)バンコクで1番人気のある両替所!! レートが良く店舗数も多い!! この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

将来的にはタイに移住し、不労所得を得ながら悠々自適に生活を送る夢を叶えるためには、こうした投資や資産運用は絶対に必要ではないでしょうか。

私も日本では株式投資を行っていますが、タイ株式は初めてなので、勉強しながらタイミング次第で実際に購入する予定です。あとは家宝は寝て待てを信じて買い続けたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ人の平均月収は!? 現地採用で優雅な生活は嘘!? 日本人がタイで暮らすためのお金は!? この記事を読んでみる

プラクルアン タイに伝わるお守りとは!? ご利益や効果は!? コレクションや投資の対象に!? この記事を読んでみる