タイの伝統的な挨拶「ワイ(wai)」とは? 外国人はどのようにワイをしたら良い!?

ワイ(合掌)は、タイの日常でよく見かけます。また、私もされることがあるのですが、なんとなく見よう見まねで同じ動作を行っています。

ということで、今回は、日本人にも古くから馴染みのある合掌、タイの伝統的な挨拶、ワイについて、調べてみることにしました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年版 日本人男性がタイでモテるための5つの条件とは!?【保存版】 この記事を読んでみる

タイの伝統的な挨拶「ワイ(wai)」とは? 外国人はどのようにワイをしたら良い!?

ワイとは!?

 ワイ

タイでは、マクドナルドのドナルドも「ワイ」でお出迎えしてくれます。ちなみに「ワイ(合掌)」とは一体どういうものなのでしょうか!?

このワイ(英語: wai, タイ語: ไหว้)は、タイの伝統的挨拶です。相手への敬意を示すもので、合掌してお辞儀をすることを言います。

日本人にも小さい頃、給食などご飯を食べる時にみんなで手を合わせたり、お寺で合掌したりと馴染み深いものでしょう。

おそらくルーツは、タイも同じく仏教によるものです。宗教的な作法から始まったものだと思います。しかし、日本の合掌とタイの「ワイ」には違いがあるようです。

タイの合掌について

タイでは、手のひらを完全に合わせるのではなく、中を少し膨らませます。これは仏教と縁の深い蓮花の蕾を模しているということです。

また、合掌の位置が上にあるほど、加えて、お辞儀が深いほど敬意の高さを表します。親指を鼻に限りなく近づけるのが最高の作法と言われています。

注意すべき点は「ワイ」は年長者や社会的身分の高い人、特に僧侶へ向けてする作法です。あまり年下の人にすることではないのです。

ということで、基本的には、相手からワイをされたら微笑する、もしくは、軽いワイと会釈をしてお返しするのが良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行・必ず覚えておきたい簡単な5つのタイ語を話してみよう この記事を読んでみる

タイでは小さいころからワイを教わります

JALの機内で流れている映像にも、小学生が学校の入り口で、先生に1人づつ「ワイ」している映像が流れていました。タイでは、小さい頃に習う基本的な挨拶になります。

タイにおいてワイは、私のように誰にでもすべきではないようです。相手の立場や身分などに従って行いましょう。

私のイメージでは、アニメのサザエさんで、マスオさんが「サザエ頼むよ〜」という感じで手を合わせて何かをお願いしているシーンを思い浮かべます。

しかし、タイの「ワイ」には、このようなお願いや謝罪、感謝などの意味合いとは違う意味があるのです。

私たち外国人はどのようにしたら良い!?

私たち外国人はどのようにすればいいでしょうか!?自分より目上の人?年配の人にワイをされた場合、軽く会釈をして、ワイを返すと良いでしょう。

ほとんどないとは思いますが、もし、タイで偉い方に会う機会があった場合は、キレイなワイをしながら、深くお辞儀をしましょう。

基本的にはこのような感じです。しかし、日本でも外国人が合唱している姿を見ると、なんだかほのぼのするような感覚を持ちます。

タイでも、私たち外国人が街中でワイをしている姿を見ると、決して悪い気はしないような気がします。むしろ好印象なのではないでしょうか!?

最終的には、失礼に値しなければ、いいということでしょう。しかし、タイの文化を知っているということは、とてもいいことですね。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイで英語は通じるのか!? 2017年 気になることばの問題について考えてみた この記事を読んでみる

そうだ、タイに行こう!!!

非常に評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。

サプライスは、HISが運営しているオンライン旅行代理店、日本の会社ですから非常に信頼もできます。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)へはこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

タイのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

タイのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

ということで、今回は、タイの伝統や生活習慣の中での「ワイ」をなんとなく理解することができました。私もタイを訪れた際には、実践してみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

禁酒日!? 2018年3月1日 タイは万仏節(マーカブーチャー)お酒類の販売は禁止です この記事を読んでみる

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる