ライオンエア 墜落!? インドネシアの格安航空がジャカルタ沖で消息不明!! LCCの安全性は!?

ライオンエア の墜落のニュースが報道されています。日本にも就航しているインドネシアの格安航空会社(LCC)です。

離陸10分後にジャカルタ沖で消息を絶ちました。ということで、今回は、悲惨な航空事故とLCCの安全性について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ボーイング787 安全性は!? 度重なるトラブル!? エンジン点検のためANA113便が欠航に!! この記事を読んでみる

ライオンエア 墜落!? インドネシアの格安航空がジャカルタ沖で消息不明!! LCCの安全性は!?

ライオンエアが墜落!? 海上に機体の一部か!?

 ライオンエア

29日午前6時半過ぎ(日本時間同8時半)、ジャカルタ発バンカ島パンカルピナン行きのライオンエアの国内線旅客機が離陸直後にジャカルタ沖に墜落しました。

この旅客機はボーイング737MAX8型で、インドネシア当局が海上にて、墜落した機体の一部を発見、乗客、乗員合わせて189名の安否の確認を進めています。

墜落したのは、ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港出発したJT610便、離陸13分後に連絡が途絶え、ジャカルタから約10キロ北東の海上に墜落した模様です。

乗客は181名、パイロットら乗員は8名、墜落機はこの夏に就航されたばかりでしたが、予定では離陸から1時間後にパンカルピナンに到着するはずでした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ南部ビーチリゾート プーケットにて観光船2隻が転覆事故!! 50人以上が不明に!! この記事を読んでみる

ジャカルタ沖北40キロに墜落と発表!!

インドネシアの国家捜索救難庁(Basarnas)のシャウギ長官は、29日記者会見を行い、ライオンエアの墜落を確認したと発表しました。

同機はジャカルタのタンジュンプリオク港北約40キロメートルに墜落、水深約30~35メートルの海中に沈んでいるとみられ、ダイバーを動員して捜索しています。

現在、乗客、乗員の安否については不明で、一人でも多くの人が助かって欲しいと思いますが、この事故でLCCの安全性が問われる可能性も否定できないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ロヒンギャ問題 深刻化するアジアのユダヤ人!! ロヒンギャの悲劇とは!? この記事を読んでみる

問われるLCCの安全性について!?

 LCC墜落

2015年、ドイツのルフトハンザの格安航空部門、ジャーマンウィングスの旅客機がフランスアルプスの山岳地帯に墜落し、乗客乗員150人全員が死亡しました。

LCCの安全性については、一般的に古い機材を使用しているので、大丈夫なのか!? という声も聞こえてきます。

ちなみに、このドイツの旅客機も24年間使用されていた中古のエアバスA320でした。しかし、一般的には整備をしっかりと行っていれば十分に安全と言われています。

よって、飛行機の機材は実はあまり問題ではありません。むしろ最大の問題は、パイロットの管理など、人の問題と言われているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される!! この記事を読んでみる

LCCのビジネスモデルに疑問も!?

 ライオンエア

徹底したコストダウンと効率的なオペレーションによって、格安運賃を実現したLCCですが、本当に安全と言えるのでしょうか!?

日本でも規制緩和の象徴のように扱われた結果、安かろう悪かろうではないかといった不安の声や安全性に対する疑問はタブー視される傾向にありました。

LCCはいかに少ない機材で多くの便数を飛ばすことがビジネスのキモです。効率よくオペレーションを行い、地上にいる時間は少なければ少ないだけ良いのです。

ここで問題になるのが、人の問題です。中でもパイロットの過労とモチベーションの低下は、重大事故に繋がる可能性があります。

また、労働条件(給与)が良くない航空会社もあり、会社への帰属意識も低く、モチベーションが維持されず、健康管理面での支障が出る可能性も否定はできません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ航空 破産の可能性!? 再建難航!! 唯一のナショナルフラッグキャリアが破綻の危機!? この記事を読んでみる

世界規模のパイロット不足!?

実はLCCが参入したことにより、世界規模のパイロット不足が起きています。2014年には、日本でもパイロット不足が深刻化し、大量の欠航が相次ぎました。

そもそも航空会社がパイロットを養成するためには、大きなコストと期間がかかります。徹底したコスト削減が目的のLCCでは、パイロットの育成についてもコスト削減は同様と言えます。

多大なコストのかかる実機訓練の削減を行った結果、経験値の少ないパイロットが実際に乗客を乗せた飛行機を操縦するケースが増加するでしょう。

このように、特にパイロットを取り巻く環境においては、訓練の欠落と過酷な労働条件による疲労が実際に問題視されています。

もしかしたら、墜落したジャーマンウィングスのパイロットにもLCCの不安定な待遇が事故の背景にあったのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

アイコス 所持で日本人が逮捕!? 罰金80万円!? タイは電子タバコの使用や持ち込みも禁止!! この記事を読んでみる

海外格安航空券の予約はサプライス!?

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

実は飛行機は世界一安全な乗り物だと言われています。しかし、LCCの参入によって、ヒトのケアに対する問題が顕在化してきました。

最後に、墜落したインドネシアのライオンエアの生存者の救助に全力を尽くして欲しいです。そして、一人でも多くの生存者が発見されることを祈っています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エアトリ 航空券は特に安くない!? 口コミや評判は!? カード決済手数料が高すぎる!? 真相は!? この記事を読んでみる

エクスペディア 航空券やホテル予約は安いの!? 評判や口コミ!? トラブルやキャンセル料は!? この記事を読んでみる