ティラピア 日泰友好の証!! タイの台所を支え国民に愛される天皇陛下のお魚とは!?

ティラピア はタイではプラーニンと呼ばれる淡水魚です。タイで広く養殖され、貴重なタンパク源として、国民食となっています。

実はこのティラピアには日本とタイを結びつける一つのストーリーが隠されています。ということで、今回は、タイの国民食ティラピアについて、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年タイの祝日は!? 12月5日プミポン国王生誕日(父の日)お酒を買えない日もある? この記事を読んでみる

ティラピア 日泰友好の証!! タイの台所を支え国民に愛される天皇陛下のお魚とは!?

ティラピアとは!?

 ティラピア

ティラピアは、アフリアや中近東を原産とした淡水魚です。臭みのない白身魚は貴重なタンパク源でもあり、世界の各地で食べられています。

日本に入ってきた種は、ナイルティラピアでイズミダイやチカダイと呼ばれ流通していました。しかし、近年は鯛の養殖に取って代わったことから見かけることはあまりないでしょう。

太平洋戦争直後の食糧難の時代には、タンパク質不足を補う貴重な栄養源として重宝されていたのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの歴史3 第二次世界大戦の勃発から軍政期!! 戦後と激動のタイ現代史を学ぶ!! この記事を読んでみる

タイの国民食!! プラーニンとは!?

ティラピアはタイではプラーニンと呼ばれ、国民食として広く親しまれています。タイの市場では必ず見かける魚で、1尾60バーツほどで販売されています。

また、レストランでも必ず食べることができるでしょう。淡水魚ですが、全く臭みがなく食べやすいです。屋台でも販売されているので、バンコクの屋台街で見かけることもあるでしょう。

そして、プラーニンの塩焼きはビールとの相性も抜群です。最近ではプラーニンのハイブリッド種、プラータップティムも流通しています。

プラーニンは黒っぽい魚ですが、タップティムはやや赤い色味をしています。いずれも貴重なタンパク源として重宝されているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台飯 タイの庶民の味を食べる!! 激安グルメは豊富なメニューと安定のおいしさ!! この記事を読んでみる

きっかけは日本の天皇陛下!?

タイのプラーニンは、実は日本の天皇陛下がプミポン前国王に送った魚だということはあまり知られていません。

1960年代に厳しい食料事情だったタイを救おうと、魚類学者でもあった当時の皇太子明仁親王、現在の天皇陛下が繁殖力の強いティラピアの養殖を提案しました。

そして、同時にプミポン国王にティラピア50尾を贈ったのです。そこで、このティラピアをプミポン国王は宮殿の池で繁殖させる取り組みを始めました。

その後、1万匹まで増やしたティラピアは、水産試験場を通じて稚魚が各地に配れました。結果、タイ政府がこれを受けて、ティラピアの養殖が広くスタートすることになります。

また、このエピソードからタイでは華僑により仁魚という漢字名がつけられました。タイ語でプラーニンと呼ばれるようになったのは、仁魚の名前が由来なのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金 (ゴールド)を買う!! タイ・バンコクのヤワラート!! 中華街では金投資がタイ人に大人気!? この記事を読んでみる

ティラピアの養殖事業!!

現在、ティラピアの養殖は、タイ国民の食を支えるだけではなく、職を支えるまでに至りました。タイ国内でティラピアの養殖は、40万人以上の雇用を生み出すことになったのです。

ティラピアの養殖が安定した収入を生むことから、米価の低迷と肥料価格の高騰に悩む米農家が、水田を掘って池に変えるケースも多く見受けられます。

現在もティラピアの養殖事業は、年々その出荷額を増やしており、タイ人の収入を支える重要な産業になっているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均は月2万6,973バーツと増加傾向!! 1人あたりの平均は9,266バーツ!! この記事を読んでみる

日本の皇室がタイでも愛される理由とは!?

タイでは王室と共に、日本の皇室も同じく親しまれています。愛される理由は、こういった古くからの両国の親交の歴史が一役かっていることは間違いありません。

2006年にプミポン国王陛下の即位60周年の記念行事が行われた際には、約30か国の君主がタイに招待されました。

しかし、即位祝賀行事後の晩餐会には両陛下だけが招かれたことは、皇室がタイの王室にとって特別な存在だということを示しています。

先日陛下が初のベトナム訪問を行った際にも、帰りにタイのバンコクに立ち寄り、昨年88歳で亡くなったプミポン前国王の弔問をされました。

そして、天皇、皇后の両陛下が被災地にて、ひざを突き合わせてお見舞いをする映像は、タイでもよく取り上げられています。

タイ国内でプミポン前国王が各地を訪問され、国民と真摯に向き合った姿と重なるものがあり、好感を持たれているのだと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年10月 プミポン国王の本葬儀!! タイを訪れる旅行者の注意点は!? 黒い洋服を持って行こう!! この記事を読んでみる

日本の皇室とタイの王室の繋がり!!

先日のプミポン前国王の葬儀の際には、日本から秋篠宮様と紀子様が参列されている様子がテレビで中継されていました。

秋篠宮様もニワトリやナマズなどの研究でよくタイを訪問されているため、タイ国民にも広く知られているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プラクルアン タイに伝わるお守りとは? ご利益や効果は!? コレクションや投資の対象にも!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

歴史とは本当に面白いものでしょう。タイで普通に食べていた淡水魚がまさか日本の天皇陛下が送ったティラピアから養殖がスタートしたものだったのです。

また、タイの王室と日本の皇室は仲が良いことでも知られています。これも何かの縁でしょう。タイ旅行の際には、他の国とは少しだけ違った見方もできるかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ミズオオトカゲ !? バンコクの運河で遭遇!! ファランポーン駅裏の下町を歩く!! この記事を読んでみる

Elephant Parade (エレファントパレード)美しい象の置物とすばらしい保護活動!! この記事を読んでみる