2017年 タイの世帯収入の平均は月2万6,973バーツと増加傾向!! 1人あたりの平均は9,266バーツ!!

収入 の調査が発表されました。2017年1月から6月までのタイの世帯別平均収入です。このデータは、タイ国内の2万6,000世帯を対象に行った調査に基づきます。

私は以前よりタイに移住することも視野に入れています。ということで、今回は、タイの平均収入について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ人の平均月収は!? 日本人がタイで暮らすためのお金は!? 現地採用で優雅な生活は嘘!? この記事を読んでみる

2017年 タイの世帯収入の平均は月2万6,973バーツと増加傾向!! 1人あたりの平均は9,266バーツ!!

平均世帯収入は2万6973バーツ!!

 収入

今回の調査では、タイの世帯別の平均収入は2万6,973バーツとなりました。これは日本円に換算すると9万5,000円ほどでしょう。

また、このデータはタイ全土の平均値になります。よって、バンコク近郊の大都市部と地方都市では大きな差があることは間違いありません。

実際にバンコクと3首都圏(ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン)は、タイ国内でも極めて収入が高いです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

シロッコ 世界一高い場所!! バンコクのスカイバーで飲んだワインが驚きの超高級!! この記事を読んでみる

収入 地域別の平均は!?

バンコクと首都圏3県(ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン) 4万1,002バーツ

タイ中部 2万6,700バーツ

タイ北部 1万8,952バーツ

タイ東北部 2万570バーツ

タイ南部 2万6,133バーツ

このデータを見ると良く分かりますが、バンコク近郊の大都市圏は飛び抜けて収入が高く、地域によっては倍以上という結果です。

しかし、当然バンコクは物価も高いので、一概に収入が多い、少ないでは表せませんが、都心に色々なモノが集中していることには変わらないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

イスラム武装勢力 特にタイ南部(イスラム圏)を訪れる人は頻発するテロに注意が必要!! この記事を読んでみる

1人あたりの平均収入は月に9266バーツ!!

平均世帯収入に対して、1人あたりの平均月収は9,266バーツ、日本円では約3万2,000円ほどでしょう。

タイでは夫婦共働きが基本です。タイ旅行に行くと感じると思いますが、タイという国は多くの女性が働き、産業を支えています。

私の実感でも女性のオーナーが事業を営んでいるケースがとても多いです。中には小さな子供を職場に連れてきている女性もいます。特に小さな企業では普通の光景でしょう。

また、タイ国内でも有名な大企業や外資系の企業でも多くの女性が活躍しています。本当にパワフルな女性が多い国です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイバーツ高 !!円安!? 1万円を両替すると3,000バーツを切る!? タイ旅行と為替を考える!! この記事を読んでみる

平均の支出金額は!?

この収入に対して、ひと月の平均支出額は2万1,897バーツ(住宅・土地購入など除く)です。こちらは日本円にして、約7万6,000円ほどになります。以下は支出の内訳です。

食品、飲料、たばこ 34.6%

住居、家庭用器具・製品 20.5%

乗り物、交通 17.3%

衣料など個人用品 5.4%

通信 3.4%、教育 1.8%、医療 1.6%、娯楽、行事 1.2%、宗教関連 1.1%

その他(税金、保険料、宝くじ購入など) 13.1%

このデータを見ると、食と住に関する支出が55%ほどを占めています。これに交通費を加えると70%以上になります。

税金や保険なども含めると娯楽や衣料品などを購入するお金はとても少ないことが分かるでしょう。やはり実情としても決して生活は楽ではないということかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

PAWN SHOP タイの質屋が熱い!! 質流れの金製品が安い!? 思わぬ掘り出し物を発見!! この記事を読んでみる

2017年11月のタイのインフレ率は1%!?

タイの11月の消費者物価指数は(CPI)は101.45でした。結果、前年同月比1%上昇になります。ちなみに上昇率は過去9カ月で最高の数値でした。

これは増税によるタバコ価格の値上げや石油価格の上昇が影響したと考えられます。また、2017年の7月から9月には、GDPが過去4年で最高の4.3%増になり、順調に成長を続けています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金 (ゴールド)を買う!! タイ・バンコクのヤワラート!! 中華街では金投資がタイ人に大人気!? この記事を読んでみる

高齢化社会に直面しているタイ!!

 収入

若い人が多く、これからさらに経済の成長が続きそうなイメージのあるタイですが、実は高齢化社会の問題に直面しています。

タイはASEANの中で、60歳以上の人口割合が高いシンガポールの17.86%に次ぐ、15.79%と2位となっています。

65歳以上の割合が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、そして21%を超えると超高齢社会と言われています。

今後の予測では2030年に約20%、2050年には約30%を超えると考えられているので、現在は高齢化社会ですが、今後はさらに深刻な高齢社会が訪れるのです。

ASEAN諸国における高齢化の進展 大和総研

医療の発展は本当に良いことなのか!?

 収入

経済の成長と共に医療技術が発展することによって、平均寿命も伸びていきます。平均寿命が延びることはとても良いことです。

しかし、平均寿命が延びることで、日本は高齢社会に突入、最終的には深刻な超高齢社会の問題に直面しています。

この問題のもう一つの側面としては、少子高齢化、子供の減少が1番の問題でしょう。そして、労働人口の減少という意味では高齢社会の抱える闇は根が深いでしょう。

専門家ではないので、詳しいことは分かりませんが、私自身のことを考えると、寿命が延びることより、健康に過ごせる健康寿命が1番重要だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

朝日旅行 口コミと評判は!? テーマに特化した国内旅行と海外ツアー!! 50代以上のシニア層に人気!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

タイの世帯別の平均収入は経済に成長と共に増加傾向です。しかし、都市別の収入の差は大きく、農業に従事する世帯が多い地方の生活は決して裕福ではありません。

また、深刻な高齢化社会の問題に直面している現実もあります。そういう意味では日本の現状ととても似ていると言えるのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイで英語は通じる!? 気になることばの問題は!? ホテルや観光地以外では通じない!? この記事を読んでみる

プラカノン市場 バンコクのローカルマーケット!! 地元タイ人々で賑わう激安市場を歩く!! この記事を読んでみる