タイは地震が起こらない国!? バンコクには断層が無く揺れないのは事実!!

地震 が起こらない国はあるのでしょうか!? 近年、日本では大きな地震が頻発し、近い将来首都圏にもくるのではないかと言われています。

ちなみにタイでは地震の話をあまり聞いたことがありません。ということで、今回は、タイの地震や過去の発生状況について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スコール タイの集中豪雨は突然始まる!! 激しい雨と風の前に建物に避難!! この記事を読んでみる

タイは地震が起こらない国!? バンコクには断層が無いから揺れない!! 事実は!?

タイは地震のない国!?

地震

タイでは地震が起こらない!? こんな噂を聞いたことがあります。私たちの住む日本は火山列島なので、定期的に大きな揺れに悩まされています。

特に近年は、大規模な揺れが日本全国で頻発しており、テレビで不安なニュースを見かけることも多いでしょう。

しかし、以前スマトラ沖を震源とした地震が起こった時には、タイを代表するリゾート地プーケットが津波により大きな被害を受けました。よって、タイでも地震の被害は発生するのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パタヤビーチ 海に入れないリゾートの真実!! 下水や生活排水を垂れ流した!? この記事を読んでみる

タイ南部や北部では定期的に地震が起こる!?

 地震

実はタイでも南部や北部では定期的に地震が起こっています。ちなみに、昨年は南部のプーケット島沖きを震源にマグニチュード4ほどの地震が発生しております。

また、北部チェンライでもM4近い地震が発生しました。そして、少し前にもミャンマーを震源として、比較的大きな地震も起こっています。

しかし、日本の大きな揺れに比べれば、小規模なモノが多いのは事実かもしれません。といっても全く起きない訳ではなく、タイ全土という意味では起こっているのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

水事情 氷であたる!? 東南アジア旅行の飲料水問題!! 途上国の水は危険!? この記事を読んでみる

バンコクでは地震が起こらないは本当!?

先ほどのようにタイ全土では定期的に地震が発生していますが、首都バンコクでは確かに地震が起きた記憶はほとんどありません。

タイ王国工業省鉱物資源局の発表では、バンコク周辺やタイ東部にはそもそも活断層が無いようです。しかし、北部や西部、南部には活断層があり、完全に関係が無い訳ではありません。

ということで、バンコクでも完全に無いとは言えませんが、あっても震度1ほどなので、ほとんど起こらないと言っても過言ではないかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイは台風が無い国!? 上陸の確率は15年に一度!! 自然災害では洪水に注意!! この記事を読んでみる

記憶にも新しいスマトラ沖地震!!

地震

2004年12月26日、インドネシアを中心にスマトラ島沖地震(M9.1)が襲いました。震源地はタイではありませんが、タイ南部に大きな津波が押し寄せ、多くの犠牲者を出しました。

特に人気のリゾート地プーケットをはじめ、アンダマン海に面した南部6県が大きな津波被害を受け、5千人以上の死者が出ています。

私は2003年にプーケットを訪れていたので、良く知っている観光スポットを津波が襲う様子がテレビで流れ、とてもショックを受けたのが未だに記憶に新しいです。

ビーチ沿いのレストランや商店、ホテルなども壊滅的に破壊されました。このように、タイ周辺を震源とした大規模な地震が発生することはあり得えるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

HIV タイのAIDS事情!! エイズ感染率が高い国!? 現状や正しい知識とは!? この記事を読んでみる

近い将来日本の首都圏でも必ず大地震が起こる!? 

2011年東日本大震災では、東北を中心に壊滅的な地震が発生しました。そして、その後も全国各地で大規模な揺れが発生しています。

このような天災ばかりは、日本国内ではどうしても逃げることはできません。また、近い将来に関東でも大地震が起こるだろうと言われています。

もしかしたら今日か明日かもしれません。加えて、富士山の噴火なども実際に起こった場合には、首都圏を中心とした日本の機能は停止してしまうでしょう。

備えあれば憂いなしなので、私も防災グッズや非常食を用意しておかなくてはいけないと最近強く実感するようになりました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの物価 日本と比較!! 庶民感覚では100バーツが1,000円!? この記事を読んでみる

天災のリスクの低いバンコクに移住もアリ!?

地震

そういう意味では地震の少ないバンコクに移住するという選択肢も良いのかもしれません。もちろんビザの問題はあります。

しかし、50歳以上であればロングステイビザの取得も可能になります。よって、これからは住む場所を選ぶ上で、天災の少ない国を選ぶのも賢明でしょう。

また、物価の安い国でのんびり過ごすのも良いのではないでしょうか!? もちろんその国の文化や風土をよく知らないと、生活に馴染めずに苦労します。

最低限の下調べと自分に合うかどうかテストが必要です。特に食事が合うか合わないかは、一番重要でしょう。やはり3か月位は実際に住んで、生活を体験してみるのが良いのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの賃貸コンドミニアム 物件探しはウェブサイトが便利!? 飛び込みで内見!? この記事を読んでみる

さいごに

最近の日本は地震が多すぎます。これは本当に南海トラフを震源とした大地震!? が起こるのではないかと思います。そういう意味ではタイは地震の少ない国でしょう。

しかし、バンコクで大きな地震が起これば、高層ビルや建築物は絶対に揺れに耐えられません。よって、今後も地震が起こらないことを信じておきたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ人の平均月収は!? 現地採用で優雅な生活は嘘!! 日本人のリアルお金事情!! この記事を読んでみる

サプライス (Surprice)航空券予約サイトの口コミや評判!! 安さの理由は!? この記事を読んでみる