VAT タイの消費税(付加価値税)の還付方法は? 高額な買い物では必ず手続きをしよう!!

VAT (付加価値税)は、タイで買い物やサービスを受けた際に課される税金です。日本でいう消費税といったところでしょう。

手続きの方法が知られていないようで、還付を受けない旅行者がほとんどのようです。ということで、今回は、知っていると便利なVATの還付の方法について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される この記事を読んでみる

VAT タイの消費税(付加価値税)の還付方法は? 高額な買い物では必ず手続きをしよう!!

VAT(付加価値税)とは?

 VAT

VAT(付加価値税、Value-added tax)は、間接消費税の施工手段の一つとして、一般的なものです。ヨーロッパや日本など多くの国で導入されています。

アメリカ位以外のすべてのOECD諸国ではVATが導入されています。また、日本においては消費税がVATに分類されるものです。

該当の国で、買い物をしたり、サービスを受けた時に税金として徴収されます。国によって税率は異なり、非課税となる商品やサービスが存在する場合もあります。

<関連記事こちらからどうぞ>

タイ・バンコク旅行3泊4日 日本円でいくら持っていけば良いの?そんな疑問について考えてみました この記事を読んでみる

タイにおけるVAT(付加価値税)

タイ国内で買い物をしたり、サービスを受けた場合には、税率7%のVAT(付加価値税)が課税されます。日本の消費税と同じく、最終消費者が負担する間接税です。

タイ国内で消費されることが前提とされているため、外国人旅行者は、タイ出国時にVATを還付してもらうことができます。

しかし、この還付を利用する日本人観光客はほとんどいないようです。手続きの方法があまり知られていないことが理由でしょう。

しかし、高額品を購入したり、サービスを受けた際には、意外にも還付の金額が大きい場合もあります。ぜひ申請してみるといいのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイの治安は? 旅行の際に気をつけることは!? 特に女性の1人旅は注意しよう この記事を読んでみる

VATの還付請求できる人は?

 VAT

還付請求ができる対象者は、タイ人以外の観光客で、滞在期間が年間180日未満でなくてはいけません。また、航空会社の乗務員は対象外になります。

空港から飛行機で出国すること、バンコク、チェンマイ、プーケット、ハジャイの4つの国際空港からタイを出発する方に限定されます。

また、申請は購入日から60日以内に本人が行わなくてはなりません。この条件を満たしていれば、誰でも請求知ることができます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金・ゴールドを買う タイ・バンコクのヤワラート(中華街)金投資はタイ人に大人気!? この記事を読んでみる

VAT還付の申請条件ついて

 VAT

基本的にVAT REFUND FOR TOURISTの表示のある店で購入することが条件です。また、同日・同一店で購入した商品の総額が2,000バーツ以上である必要があります。

そして、購入日から60日以内で、総額(VAT込み)が5,000バーツ以上であれば申請することができます。

しかし、タイから持ちだしを禁止されているもの、拳銃や爆発物などの危険物、宝石の原石などはVAT還付の対象外になるので、注意が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

X ONE(エックスワン)バンコクで最高のレート!? 噂のタイバーツ両替所に行ってみた この記事を読んでみる

VAT還付の方法 手続きをしてみよう

まず第一に、2,000バーツ以上購入したお店で、購入時にパスポートを提出し、VAT還付を受けたいと伝えましょう。

VAT還付申請書に必要事項を記入します。VAT還付申請書税金請求書(TAX Invoice)を受け取りましょう。この2つの書類が必要になります。

次は空港で出国時の手続きです。出国審査の前に出発ロビーにある税関(Custom Inspection for VAT REFUND)のカウンターで検印を受けましょう。

購入した未開封の還付対象現品と先ほどの2通の書類、更にパスポートと航空券を提示します。そこでスタンプを押してもらえます。これはチェックイン前に行うことを忘れてはいけません。

この後、出国審査を通過したら、VAT払戻しのカウンター(VAT Refund Office Revenue Dept.)で書類とパスポートを提示しましょう。

あとは係員の指示に従い、確認ができれば、同カウンターにてVATが払い戻しされます。以上が全手続きになります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ジムトンプソン(JIM THOMPSON)アウトレット 極上シルク製品・タイのお土産はここで買おう この記事を読んでみる

VATの還付方法と手数料?

 VAT

通常は、その場で現金で受け取るケースが多いと思います。しかし、還付金が30,000バーツを超える場合は、銀行小切手がクレジットカード口座への振込の2択になります。

また、払い戻しが現金の場合は100バーツの手数料がかかります。銀行小切手の場合は、100バーツの手数料の他に、小切手の作成料や郵送料など、更に約200バーツが経費として掛かります。

クレジットカード口座への振込の場合は、100バーツの手数料に加え、更に約600バーツの振込手数料が掛かるので、あまりおすすめできません。

タイからの出国 【公式】タイ国政府観光庁

航空券予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

VAT(付加価値税)の還付申請をしてみましょう。日本人観光客は申請する人が少ないようですが、大きな買い物の際には、ぜひ申請してみるといいのではないでしょうか。

金額次第では、7%が意外にも大きな金額になります。少しだけ手間はかかりますが、お得に旅に出かけるテクニックとして、知っていて損はないはずです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogateというオンライン旅行代理店の評判は!?格安航空券を購入しよう この記事を読んでみる

エアトリ 航空券は特に安くない!? 評判や口コミは? カード決済手数料が高すぎる? 真相を調べてみた この記事を読んでみる