出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される!!

出国税 を徴収されることが決まりました。2019年1月7日より、国籍問わず出国の際に一律1,000円が徴収されます。旅行好きの人々には少々残念なニュースです。

私も基本的に月に一度は海外に出張に出かけるので、年間では12,000円の痛い出費となります。ということで、今回は、この出国税法について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エアトリ 航空券は特に安くない!? 口コミや評判は!? カード決済手数料が高すぎる!? 真相は!? この記事を読んでみる

出国税 国際観光旅客税法が可決!? 2019年1月7日から日本出国時に1,000円徴収される!!

ついに成立した出国税とは!?

 出国税

以前から少しずつ話題になっていましたが、4月11日に国際観光旅客税法が参議院で成立しました。この法律は、日本を出国する人から一律一定の税金を徴収するものです。

よって、この法律が施行される2019年1月7日より、日本を出国する全ての旅行者1人に1回あたり1,000円が航空運賃などに上乗せされて徴収されることになります。

しかし、航空機の乗員や入国後24時間以内に出国する乗り継ぎ客、2歳未満の幼児などは対象外で非課税となります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Trip.com 口コミや評判は!? 航空券予約が格安!! 中国のホテルが爆安!? 香港やマカオ!!台湾も!? この記事を読んでみる

税収は年間400億円も!?

 出国税

1年間に見込まれる税収は、約400億円ほどと考えられています。また、国税が恒久的な税目が新設されるのは27年ぶりとなります。

ちなみに、この400億円の使い道は、快適な旅行環境の整備や日本の魅力に関する情報発信の強化、観光資源の整備による満足度向上の3つの分野です。

しかし、実際には具体的な使い道は決まっていないようで、漠然と3つの分野とされています。よって、税金の無駄遣いが懸念されるところでしょう。

日本人だけではなく日本を出国する全ての人から税金を徴収する以上、使い道をはっきりさせ、利権の温床にだけはならないようにしっかりと利用して欲しいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

eDreams なぜ評判が悪すぎるのか!? 酷評の目立つ航空券予約サイトはトラブルが続出!? この記事を読んでみる

顔認証システムの導入!?

この出国税の使い道として、羽田空港で先立って導入された顔認証を他の空港にも順次導入していく予定のようです。

2020年には東京オリンピックを控え、出入国審査(イミグレーション)の混雑が予想される!?として、日本人用として顔認証ゲートを推奨しています。

すでに羽田では私も何度か利用していますが、確かにスピードは上がったかもしれません。しかし、2017年も20回近くイミグレを利用しましたが、時間がかかった経験はありません。

このように便利になることは良いことですが、本当に必要なモノ以外に多額の税金を利用するのは勘弁なので、キッチリと管理して欲しいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travel2be 旅行予約サイトの評判や口コミは!? 格安航空券を購入する際は注意が必要!! この記事を読んでみる

2020年東京オリンピックが開催!!

2017年のデータでは訪日客は約2,800万人でした。また、日本からの出国者の総数は約4,600万人とされています。よって、仮に出国税を計算すると税収は460億円です。

2年後の東京オリンピック、パラリンピックの開催される2020年には、訪日客だけでも約4,000万人を見込んでいると言われています。

4,000万人の訪日外国人に加え、日本から海外に出かける日本人を含めると6,000万人近くの人が出国することになり、これは大きな財源になります。

そして、2019年10月に導入予定の消費増税も控えています。税金が上がることになるので、航空券の価格も同様に上がるのは痛い出費になるのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

SK-II 免税店でお得に買おう!! フェイシャルトリートメントエッセンスは売り切れるほど大人気!? この記事を読んでみる

出国税がすでに導入されている国がある!?

実は出国税が導入されている国があります。アメリカ、オーストラリア、フランス、韓国などの国々ではすでに徴収されているのです。

例えば、アメリカは電子渡航認証システム(ESTA)として14ドル(約1,500円)、フランス8ユーロ(約1,000円)、韓国が1万ウォン(約1,000円)です。

オーストラリアに至っては、60オーストラリアドル(約5,000円)ほどと高額です。これらの出国税は航空券の購入時に合算されるので、正直システムとしては分かりづらいと思います。

また、税の導入の動きに反して、インドネシアのように出国税を廃止した国もあります。富裕層の増加や海外旅行の人気の高まりなどから、2011年に全面的に廃止に至った国もあるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ゴールデンラウンジ マレーシア航空のラウンジが豪華!! クアラルンプール空港が快適すぎる!! この記事を読んでみる

格安航空券の予約はSurprice!(サプライス)がおすすめ!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

このように出国税の導入は、世界的なトレンドから考えれば自然な流れかもしれません。しかし、税金の無駄遣いが色々なところで問題になっている昨今です。

軽く400億円を超えるであろうの税金は、とても大きな金額です。よって、外国人旅行者が再び日本に来たいと思えるような施設、インフラ整備など、有意義に使って欲しいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogate オンライン旅行代理店の評判や口コミは!? 格安航空券予約でトラブルは大丈夫!? この記事を読んでみる

Kiwi.com 評判と口コミは!? LCC航空券の予約に強い!? トラブルや悪評は大丈夫!? この記事を読んでみる