Pat Pong (パッポン通り)の発展と歴史!! パッポン一族が所有!? 名前の由来は人の名前!?

Pat Pong (パッポン通り)は、バンコクでも有名な老舗の歓楽街で、毎日開催されるナイトバザールやゴーゴーバーも人気の観光スポットとなっています。

しかし、このパッポンという地名が実は人の名前であるということは、意外にも知られていません。ということで、今回は、パッポンの成り立ちと歴史について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ヤワラート通り バンコクの中華街!! 中国人旅行者も懐かしむ人気観光地を歩く!! この記事を読んでみる

Pat Pong (パッポン通り)の発展と歴史!! パッポン一族が所有!? 名前の由来は人の名前!?

バンコクの人気歓楽街の成り立ちとは!?

 pat Pong

第二次世界大戦以前、バナナ農園だった現在のパッポン通り一帯は、二次大戦のときには、旧日本軍が軍事本部として利用していた場所でもあります。

そして、二次大戦が終わった頃に、中国の海南島からパッポンという人が移住、一帯の土地を購入し、開発したことからこの通りの歴史は始まります。

そして、パッポン氏はシーロム通りとスラウォン通りを繋ぐ通りを作りました。これがパッポン通りとなり、現在に至るのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パッポン通り (Pat Pong)バンコクの老舗歓楽街に勢いが戻った!? ゴーゴーバーやボッタクリは!? この記事を読んでみる

パッポン通りの開発の歴史!!

1960年代には、長男のウドム・パッポン氏が現在のPatPong1にナイトクラブを作るなど、歓楽街としての一歩を歩み出します。

60年代半ばに入ると、激化していたベトナム戦争の戦地から保養に来るアメリカ兵の遊び場として、さらに発展していくことになりました。

パッポン通りに初めてゴーゴーバーができたのもこの時期です。このように、当初はファラン(アメリカ人)の影響を受けながら、アメリカ人向けの街としてスタートしたのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ソイトワイライト (Soi Twilight)過激!! バンコクのボーイズタウンがディープ!? 2019年閉鎖!? この記事を読んでみる

パッポン通りは個人が所有している!?

 Pat Pong

実はパッポン通り一帯は、現在でもこの地に移り住み、開発を行ったパッポン一族の所有地です。個人所有という言葉が当てはまるかは分かりませんが、現在もこの一族が所有しています。

私が以前から疑問に思っていた、なぜお昼は普通に車が行き交うパッポン通りが、夜は毎日通行止めになり、ナイトバザールが始まるのか!? という理由もここにあったのです。

それは、この通りがパッポン一族の所有地で、私道だったという理由です。よって、ナイトバザールの店主たちは、一族から場所を借りて、毎日決まった時間にお店を出店していたのでした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

豚骨火山らーめん バンコクの有名ラーメン店!! パッポン通りでも外国人旅行者に大人気!? この記事を読んでみる

ナイトバザールの歴史とは!?

 Pat pong

観光スポットとしても人気のナイトバザール(ナイトマーケット)は、その歴史も古く、スタートは1980年代まで遡ります。

タイの文化と切っても切れないナイトマーケットですが、パッポン氏は30年以上前から毎晩通りを通行止めにして、露天商に貸し出しているのです。

この歴史の古いマーケットは、時代と共に売るモノを変え、現在ではタイの民芸品をはじめ、模造品や偽ブランド品から怪しいグッズまで色々なアイテムが販売されています。

そして、この夜市の名物とも言えますが、本格的な鉄パイプの露店を、作っては壊す作業を毎日行っている光景が30年以上続いているという事実には、本当に驚かされました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Supreme (シュプリーム)まるで本物!? バンコクのコピー品マーケットに潜入!! この記事を読んでみる

日本のバブルと共に絶頂期に!!

ベトナム戦争の終結と共にアメリカ兵が帰国、パッポン通りも衰退するかと思いきや、日本のバブルと共にタイに進出していた日本人駐在員が遊びに来るようになります。

また、この時期にゴーゴーバーはパッポン通り、ナイトクラブはタニヤ通りといった感じに分かれていきました。よって、タニヤの文化は日本人が作ったと言っても過言ではないでしょう。

こうして豊富なジャパンマネーを元に、パッポンも最盛期を迎えます。しかし、そのウハウハな状況から天狗になり、ボッタクリが横行するようになりました。

結果、パッポンはボッタクられるとの悪評が広がり、当時新興で勢いを増してきたナナプラザにお客が流れ、衰退の一途を辿ることになるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Amolir バンコクのパッポン通り徒歩1分!! 客引き専門の怪しいタイマッサージ店に潜入!! この記事を読んでみる

最近のパッポン通りの現状は!?

 Pat Pong

近年、パッポン通りに少しづつお客さんが戻ってきているようです。元々古い歴史を持つナイトバザールも白人の旅行者を中心に賑わいを見せています。

また、古い建物をリニューアルし、新しくリノベーションする取り組みも始まっています。よって、今後はさらに新しいパッポン通りに生まれ変わっていくのかもしれません。

開発が過熱しているバンコク都心の中でも、当時の雰囲気が色濃く残っているパッポンが変わってしまうのは少し寂しいですが、これも時代の流れということでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

キングキャッスル1 (King’s Castle 1)移転!? バンコクの人気ゴーゴーバーがリニューアル!! この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

パッポン通りの成り立ちと歴史は本当に興味深いものでした。そして、個人が所有しているという事実から私の長年の疑問も解決しました。

ということで、次回の出張では、久々に懐かしいパッポンに遊びに行ってみたいと思います。せっかくなので、ナイトバザールで買い物も良いかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ナイトマーケット ルアンパバーンの人気観光スポット!! ラオス最大の夜市で食事やお土産!! この記事を読んでみる

エアトリ 航空券は特に安くない!? 口コミや評判は!? カード決済手数料が高すぎる!? 真相は!? この記事を読んでみる