Pat Pong(パッポン通り)の発展と歴史 パッポン一族が所有?実は人の名前だった!?

Pat Pong(パッポン通り)は、バンコクでも有名な歓楽街です。今でこそナナプラザやソイ・カウボーイと人気を分かち合いますが、歴史のある繁華街です。

そして、このパッポンという名前が、実は人の名前であることは、意外にも知られていません。ということで、今回は、パッポンの発展と歴史について、記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった この記事を読んでみる

Pat Pong(パッポン通り)の発展と歴史 パッポン一族が所有?実は人の名前だった!?

Pat Pong(パッポン)の歴史とは?

 pat Pong

第二次世界大戦以前、現在のパッポン通り一帯は、バナナ農園でした。二次大戦のときには、日本軍が軍事本部として利用していた場所でもあります。

そして、二次大戦が終わった頃に、中国の海南島からパッポンという人が移住、一帯の土地を購入し、開発したことからこの通りの歴史は始まります。

その後、パッポン氏は、シーロム通りとスラウォン通りを繋ぐ通りを作りました。これが、現在のパッポン通りになります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パッポン通り(Pat Pong)に勢いが戻ってきた!? 2018年タイ・バンコクの歓楽街の現状は? この記事を読んでみる

パッポン通りの開発

1960年代には、長男のウドム・パッポンがPatPong通り1に、ナイトクラブなど作るなど、歓楽街としての一歩を歩み出します。

60年代半ばには、激化していたベトナム戦争にて、戦地から保養に来るアメリカ兵の遊び場として、さらに歓楽街として、発展していくことになります。

パッポン通りに初めてゴーゴーバーができたのもこの時期です。このように当初は、ファラン(アメリカ人)向けの街としてスタートしたのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ソイ・トワイライト (Soi Twilight)バンコクのボーイズタウンは過激すぎる街だった!? この記事を読んでみる

パッポン通りは個人所有?

 Pat Pong

実は、パッポン通り一帯は、現在でもこの地に移り住み、開発したパッポン一族のものです。個人所有ということばが当てはまるかわかりませんが、現在も一族が所有しています。

私が昔から疑問に思っていたことがあります。なぜ、お昼は車が行き交うパッポン通りが、夜は毎日通行止めになり、ナイトバザールが始まるのか?ということです。

この疑問の答えは、この通りがパッポン一族所有の私道だからでした。納得です。よって、ナイトバザールの店主は、一族から場所を借りて、お店を出店していたのでした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

『眠らない街バンコク』が本当に眠ってしまった日【2017年10月26日】 この記事を読んでみる

パッポン・ナイトバザールの歴史

 Pat pong

人気の観光スポットになっているパッポン・ナイトマーケットですが、この歴史は古く、始まりは1980年代にさかのぼります。

タイの文化とナイトマーケットは切っても切れない関係です。パッポン氏は、30年以上前から、毎晩通りを通行止めにして、露天商に貸し出しているのです。

歴史の古いマーケットには、タイの民芸品を始め模造品や偽ブランド品、怪しいグッズまで、様々なアイテムが販売されています。

しかし、お昼過ぎから、本格的な鉄パイプの露店を作っては、深夜に取り壊す作業を、30年以上毎日行っていることには本当に驚かされます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台を撤去? 2017年タイ・バンコクの屋台がなくなってしまう?このニュースの真偽は!? この記事を読んでみる

日本のバブルと共に絶頂期に!!

ベトナム戦の終結と共にアメリカ兵が帰国、パッポン通りも衰退するかと思いきや、日本のバブルと共に世界中に進出していた日本人が遊びに来るようになりました。

また、この時期に、ゴーゴーバーはパッポン通り、ナイトクラブはタニヤ通りといった感じに分かれていきました。特にタニヤの文化は、日本人が作ったと言っても過言ではないでしょう。

こうして、豊富なジャパンマネーで、パッポンも最盛期を迎えます。しかし、そのウハウハな状況で、天狗になり、ぼったくりが横行することになります。

その結果、パッポンは悪評が高くなり、当時、新興で勢いの出て来たナナプラザにお客を持って行かれ、衰退していくことになるのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カオマンガイ バンコク・タニヤ通りの屋台で40バーツの激安・激うま屋台飯を食べる!! この記事を読んでみる

現在のパッポン通りは?

 Pat Pong

現在は、以前の衰退していたパッポン通りから少しずつ回復、お客さんも戻ってきています。歴史の古いナイトバザールを中心に観光客も増加傾向のようです。

また、古い建物をリニューアルし、新しくしていく取り組みも始まっています。今後、新しいパッポン通りに生まれ変わっていくのでしょう。

新しく発展していくバンコクの中でも、当時の雰囲気が残っているパッポンは、なんだか落ち着きます。 正直、新しくなって欲しくないと思ってしまうのは、私だけでしょうか?

<関連記事はこちらからどうぞ>

King’s Castle 1(キングキャッスル1)バンコク・パッポンの人気のゴーゴーバーが移転!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

今回は、Pat Pong(パッポン通り)の歴史について、記事にしてみました。私の長年の疑問も解決して、すっきりしました。

次回の出張時には、久々に懐かしいパッポン通りに遊びに行ってみたいと思います。まだベトナムジッポーは売っているのでしょうか? せっかくなので、お土産も探してみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travelgenioというオンライン旅行代理店で航空券を購入する方は注意が必要です この記事を読んでみる

エアトリ 航空券は特に安くない!? 評判や口コミは? カード決済手数料が高すぎる? 真相を調べてみた この記事を読んでみる