パッポン通り (Pat Pong)バンコクの老舗歓楽街に勢いが戻った!? ゴーゴーバーやボッタクリは!?

パッポン通り (Pat Pong)が賑わっている!? そんな噂を耳にします。パッポンはバンコクの歓楽街の中でも特に閑古鳥が鳴いている時期がありました。

しかし、最近は勢いを取り戻しつつあるようです。ということで、今回は、バンコクでも古い歴史のある老舗の歓楽街、パッポンの現状について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

豚骨火山らーめん バンコクの有名ラーメン店!! パッポン通りでも外国人旅行者に大人気!? この記事を読んでみる

パッポン通り (Pat Pong)バンコクの老舗歓楽街に勢いが戻った!? ゴーゴーバーやボッタクリは!?

バンコクの老舗歓楽街の歴史!!

 パッポン通り

パッポン通りは、バンコクでも歴史のある歓楽街で、第二次世界大戦の後にパッポンという人が街を基礎を作ったことがはじまりです。

また、ベトナム戦争の時代にベトナムに赴いた米兵の遊び場として、初めてゴーゴーバーが作られたことで、世界的にも有名なナイトライフの中心地になっていきました。

加えて、タイ国内の歓楽街では、現在タイ国内最大のリゾート地であるパタヤも同じくベトナム戦争の保養地として開発が進んだ場所として有名です。

そして、このパッポン通りが、実は今でも当時この街を作ったパッポン一族が所有している場所だと言うのも、驚くべき事実でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パタヤ (Pattaya)タイ最大のビーチリゾート!! 開発されたきっかけはベトナム戦争!? この記事を読んでみる

毎晩開かれる観光名所!! パッポンナイトバザール!!

 パッポン通り

この通りの名物でもあり、人気の観光スポットにもなっているのが、パッポンナイトバザール(ナイトマーケット)です。

区切られた区画には、タイ特産の土産物を中心にTシャツやキャップ、民芸品など色々なモノが販売されています。中には多くの偽ブランド品や怪しいグッズも見受けられます。

本当に多様なお店があり、外国人旅行者を中心に毎晩賑わっています。また、旅行者と夜市の店主の値段交渉や駆け引きも、まさに名物と言って良いでしょう。

そして、このナイトバザールが毎日夕方頃に骨組みの鉄骨を組み、お店を開店、0時過ぎには全て片付けてまっさらな状態に戻す様子などもバンコクの風物詩を呼べるのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Supreme (シュプリーム)まるで本物!? バンコクのコピー品マーケットに潜入!! この記事を読んでみる

ゴーゴーバー(Go Go Bar)と現在!?

 パッポン通り

パッポンには多くの有名なゴーゴーバーがあり、1980年代には日本のバブル景気でタイに進出した日本企業の駐在員を中心に大いに賑わいました。

その後、90年代に最盛期を迎えますが、日本のバブル崩壊と通貨危機の影響で急激に勢いが失速します。また、この時期にボッタクリが横行し、客離れが進んだことも理由の一つでしょう。

そして、ちょうど同タイミングで台頭してきた新しい歓楽街、ナナプラザやソイカウボーイに見事に旅行者が流れたこともあり、一時は本当に寂れてしまった印象を受けたものです。

私が初めてパッポンを訪れたのは90年代でしたが、その時は深夜にも関わらず、歩けないほど多くの人で賑わっていたのも今でも鮮明に覚えています。

また、現在でも存在するキングキャッスルは、当時から大人気のゴーゴーバーで、バンコクを代表するお店でした。

ちょうど今回の出張時には、写真のようにリニューアルのため仮店舗に移転しており、どうやら日本のゴールデンウィークの頃に新しくなってオープンするとのことでした。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ナナプラザ (Nana Plaza)バンコクの人気歓楽街に元気がない!? 客離れが進んでいる!? この記事を読んでみる

2018年 パッポン通りに勢いが戻ってきた!?

 パッポン通り

近年、パッポン通りに勢いが戻ってきているという声を聞くようになりました。どうやら一時は寂れてしまったゴーゴーバーも多くのお客さんで賑わっているようです。

2017年に私が訪れた時には、老舗のバーのスタッフも旅行者が増えていると話していました。特にファランと呼ばれる白人の旅行者が増加傾向のようです。

確かに白人の若い旅行者を良く見かける気がします。以前は駐在員らしき日本人を良く見かけましたが、最近は少し減ったのかもしれません。

そういう意味では、日本人にはダントツでソイカウボーイが人気で、やはりスクンビットという場所のアクセスが良いことが大きな理由でしょう。

また、日本人に最も人気のあるゴーゴーバー、バカラがあることが影響しているはずです。しかし、総合的にはパッポンも魅力的な街でしょう。

個人的には、ナイトバザールや周辺にレストランやタイマッサージ店も多く、歴史と思い出のあるパッポン通りが昔のようにもっと賑わって欲しいと思っています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ソイカウボーイ (Soi Cowboy)バンコクで一番賑わう歓楽街!! 有名店バカラが日本人に大人気!! この記事を読んでみる

横行するボッタクリに注意!!

一般的には健全なお店が大部分を占めていると思いますが、中にはボッタクリが横行しているお店があります。そして、日本人はカモにだと思われているので注意が必要です。

また、「パッポンは二階のお店にボッタクリ店が多い」と有名です。特に通りの入口付近の客引きに案内されるお店は気を付けましょう。

中でもボッタクリで有名なお店は、セブンイレブンの隣の二階です。このお店は実際に何人もの日本人から騙された話を聞いているので、絶対に近寄らないようにすべきでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

レディボーイ 関連の事件が多発!? タイのニューハーフに注意!! 睡眠強盗や暴行も!? この記事を読んでみる

パッポン通りに行こう!!

BTSサラデーン駅から徒歩3分ほど、バンコク都内でも有名な通りなので、タクシーでもパッポンの一言で通じると思います。

バンコク屈指の老舗歓楽街なので、通りの両サイドには有名なゴーゴーバーやバー、飲食店、土産物店がズラリと並んでいます。

また、夕方頃には通りの真ん中に人気の観光スポット、ナイトバザール(マーケット)が出店します。加えて、パッポン2という隣の通りにもゴーゴーバーやバービアがあります。

2019年の5月頃にはソイトワイライトという有名な通りが閉鎖し、色々なお店がパッポンに移転してきているので、今後お客さんは益々増えるのではないかと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ソイトワイライト (Soi Twilight)過激!! バンコクのボーイズタウンがディープ!? 2019年閉鎖!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

人気の観光スポット、ナイトバザールを中心に人気を取り戻しつつあるパッポンですが、元々はバンコクでも歴史があり一番人気のある歓楽街でした。

よって、老舗のゴーゴーバーやレストランもあります。私も次回の出張では息を吹き返しつつあるパッポンに行ってみようと思います。きっと素敵な出会いがあるような気がします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2019年 タイの禁酒日一覧!! 旅行者は注意!! 酒類の販売が禁止される仏教と選挙の祝日!! この記事を読んでみる

HIV タイのAIDS事情とは!? エイズの感染率が高い国!? 現状や実態と正しい知識を持とう!! この記事を読んでみる