パタヤ (Pattaya)タイ最大のビーチリゾート!! 開発されたきっかけはベトナム戦争!?

パタヤ は、バンコクから車で2時間ほど南に下ったところにある人気のビーチリゾートです。現在ではタイ最大のリゾートとしても有名でしょう。

大人気のビーチリゾートですが、その発展の歴史は決して古くはありません。ということで、今回は、毎年多くの観光客が訪れるパタヤの歴史について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの歴史3 第二次世界大戦の勃発から軍政期!! 戦後と激動のタイ現代史を学ぶ!! この記事を読んでみる

パタヤ (Pattaya)タイ最大のビーチリゾート!! 開発されたきっかけはベトナム戦争!?

パタヤ(Pattaya)とは!?

 パタヤ

パタヤは、バンコクから南東に約160キロほど、チョンブリー県内にある特別市です。バンコクから最も近いビーチリゾートとしても有名でしょう。

マリンスポーツなど、豊富なアクティビティも人気で、毎年多くの観光客が訪れています。また、週末を利用して遊びに行くタイ人が多いことでも知られています

近年では、ナイトライフを求めてウォーキングストリートなどに訪れる観光客が増えたことによりタイ最大のビーチリゾートに発展しました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年版 パタヤ(Pattaya) で絶対泊まりたい5つ星ホテル!! 8選【完全版】 この記事を読んでみる

タイ最大のビーチリゾートへ!!

 パタヤ

パタヤの開発が始まったのはそう古くはありません。1950年代位までは、観光には無縁の小さな漁村に過ぎませんでした。

しかし、1960年代入ると、ベトナム戦争によってアメリカ軍がラヨーン県にあった空軍基地、ウータパオを使うようになります。

これがきっかけで米軍がパタヤを保養地として使うようになり、開発がスタートすることになりました。こうして米軍を相手にする宿泊施設や商店などが相次いで流入することになります。

前線から一時休養に来る米兵たちの保養や娯楽地として急ピッチで発展しました。また、バンコクから近いこともあり、観光客も少しづつ増え始めます。

結果、当時タイ最大だったホアヒンを抜いて、新しくタイ最大のビーチリゾートになりました。その後、ベトナム戦争の終結によって恐慌に見舞われた時期もありました。

しかし、最近ではヨーロッパなどの観光客の増加によって息を吹き返し、日本を含むアジア各国を中心に、現在では中国や韓国の観光客も増加しています。

ベトナム戦争とは?

<関連記事はこちらからどうぞ>

T.T.CURRENCY パタヤで1番レートの良い!?タイバーツ両替所へ行こう!! 黄色い看板が目印!! この記事を読んでみる

パッタヤー特別市へ!!

1976年にはパッタヤー特別市法が成立します。急速に発展していった結果、観光客の集中から海の汚染や公害問題など、従来の行政システムでは対応できない問題が生じたためです。

特別市法の成立と共にパタヤの開発はさらに進みました。北のナークルアから南のチョームティエンまで市街地が拡大、娯楽施設も増えていきました。

現在のような快楽産業もこうして発展していくことになったのです。しかし、急激な観光客の増加に伴って、リゾート開発が進むと同時に環境問題が深刻化しました。

以前はキレイだったビーチも、現在ではゴミや汚れが目立つようになり、水質汚濁や海の汚染、公害などの重要な問題に直面しています。

また、快楽産業の発展に伴って、暴力団などの犯罪も増えるようになります。こうした結果、2004年には、パタヤの地方紙に地元警察当局による暴力団一掃作戦が宣言されました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

レディボーイによる事件が多発!? タイのニューハーフに注意が必要かもしれません!! この記事を読んでみる

パタヤへの行き方は!?

タクシーを利用する!!

バンコク都内(空港含む)からタクシーを利用する場合は、パブリックタクシーを利用する人が多いと思います。基本的に「パッタヤー」といえば通じます。所要時間は2時間程度でしょう。

タイのタクシードライバーは、ホテル名を伝えても場所がわかりません。携帯電話に写真や見やすい地図で場所を把握しておきましょう。

料金は多くの場合1,500バーツ程度(約5,000円*高速料金含む)です。基本的に交渉になると思います。リムジンタクシーを利用する場合は、空港のカウンターで行き先を告げましょう。

料金は高く、2,500バーツほどかかるはずです。私のおすすめはタイコールタクシーの利用です。事前にインターネットから予約をすれば、空港やホテルに迎えに来てくれます。

パタヤまでは1,500バーツ、料金は固定で安心です。少し前にタイコールタクシー(Thai Call Taxi)について、記事にしましたので、参考にしてみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイコールタクシー (Thai Call Taxi)が便利!! 安心・安全のサービスでおすすめ!! この記事を読んでみる

バスを利用する!!

バンコク都内、BTSエカマイ(Ekkamai)駅にバスターミナルがあります。ここからバスを利用することができます。2番出口を出ればすぐです。

チケットカウンターにて、パタヤ行きのチケットを購入します。確か108バーツだったと思います。バスの乗り心地もまずまずです。時間に余裕のある人は、特におすすめでしょう。

パタヤでは、市内から少し離れたノースバスターミナル(North Bus Terminal)に到着します。ここからソンテウ、もしくはタクシーに乗り換えて滞在先に向かいましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

高速バス 快適で便利!! バンコクからパタヤへの移動は激安108バーツで行こう!! この記事を読んでみる

スワンナプーム国際空港からバスを利用する!!

スワナンプーム国際空港からもバスが出ています。料金は122バーツ、空港1階のチケットカウンターにてパタヤ行きチケット購入しましょう。1時間に1本のペースで運行しています。

エカマイ発と到着地が違いますので注意が必要ですが、結果的にはタクシーに乗り換えることになります。料金は上と同じく150バーツ前後と考えておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイバーツ両替 バンコク・スワンナプーム国際空港で最高レートの両替所を発見!! この記事を読んでみる

そうだ パタヤに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

人気のビーチリゾートは、こうして戦争と共に発展しました。日本も朝鮮特需など、戦争によって経済が発展した経緯から見ると、少なからず共通点があることに気づきます。

ナイトライフが有名なパタヤですが、次回行く機会があった時には、歴史を巡る旅もしてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

KISS FOOD & DRINK (キスフード)パタヤで激うまタイ料理!! 歴史の深いレストラン!! この記事を読んでみる

agoda アゴダのキャンセル不可・トラブルに注意!! 間違えた場合は直接連絡で予約変更できる!? この記事を読んでみる