ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった

ヤワラート(中華街)は、タイ・バンコクで人気の観光スポットになっています。多くの外国人観光客が訪れています。

また、この中華街の歴史は、アユタヤ時代頃まで遡ります。ということで、今回は、この歴史の深いバンコクのヤワラートについて記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ王国の歴史2 トンブリー王朝の形成からシャム王国・現在のタイ王国の成り立ちについて この記事を読んでみる

ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった

ヤワラート(中華街)の歴史

 ヤワラート

バンコクの中華街・ヤワラートは、18世紀にアユタヤ王朝が壊滅したことによって、タークシン将軍が、王都を移したことによって街が作られました。

現在のワット・アルンという寺院のある地域にトンブリー王朝ができます。その後、チャクリー将軍(ラーマ1世)がチャオプラヤー川の東側に新たな王都を造ります。

新しい王都を造るにあたって、もともと定住していた華人たちは移住を余儀なくされました。この華人たちは、タークシン将軍とともに移り住んだ中華系の人々です。

この華人たちが18世紀頃に新しく移り住み、街を形成しました。これが現在のヤワラート(中華街)になります。

ヤワラート(中華街)に行こう

ヤワラートに行くには、バンコク都内からであれば、タクシーで100バーツほどで行くことができます。私がいつも滞在しているシーロムからは70バーツほどです。

電車で向かう場合には、MRTファランポーン駅から徒歩で行くこともできます。複数人で向かう場合には、費用を考えてタクシーが便利でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エクスペディア(Expedia)の航空券+ホテルのパッケージツアーが激安で便利すぎました この記事を読んでみる

ヤワラート(中華街)の観光スポットは?

 ヤワラート

ワット・トライミット(WAT TRAIMIT)は、人気の観光スポットです。とても大きな寺院です。観光ツアーに入っているようで、観光バスがひっきりなしに訪れています。

黄金の仏像が有名で、黄金仏寺院と呼ばれています。約5メートル、5.5トンの金の仏像をまつられています。

 ヤワラート

この黄金仏は、世界で最も重い仏像です。何より5.5トンの本物の金でできています。写真は外にまつられているものなので、本物の金ではないと思います。

この仏像は昔、敵軍から略奪を防ぐために黒く塗られていました。近年に偶然、古い寺院の取り壊しの際に剥がれて、黄金でできていることがわかりました。

 ヤワラート

そこで、ワット・トライミットを新たに創建し、安置することになったのです。ちなみに私は通りかかっただけなので、実際の金の仏像は見ていません。次回見てこようと思います。

サンペーン・レーン(市場)

バンコク都内でも有名な市場です。ヤワラート通りと並行して数百メートル続く市場が続いています。あらゆるものが販売されています。

地元タイ人の日常を支える市場です。日中はかなり混在しています。水分の補給は忘れないようにしましょう。

また、ここには、観光客を狙うスリがいることでも有名のようです。満員電車のような状態になることもあります。念のため、バッグを前に抱えるなど、注意した方がいいでしょう。

食べ歩きたい中華料理

 ヤワラート

中華街・チャイナタウンだけあって、本当にたくさんの飲食店があります。また、屋台や市場を食べ歩くこともできます。

人気の中華料理店、HUA SENG HONGやフカヒレで有名なScalaなど、様々な中料料理を、タイの物価で食べることができます。

日本では、高額な本格的な中華料理もタイの価格ならば、とてもお得になります。バンコク観光で1度は行ってみるといいのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

HUA SENG HONG(和成豊)バンコク・ヤワラート(中華街)で大人気の名店を食べる この記事を読んでみる

ヤワラートで金(ゴールド)を買う

観光のついでに、ヤワラートでタイ人に人気の金を買うのもいいでしょう。私も出張の際に購入することもあります。

タイ人は、自国の通貨を信頼していない一面もあり、現金を金(ゴールド)に変えることも多いです。よって人気の金行(金のお店)は多くの人で賑わっています。

金は世界的にも安定した価値を持ちます。最近では、日本でも金投資が流行っています。税金かからないタイで金を買うのもいいのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【投資】タイ・バンコクのヤワラート(中華街)でタイ人に大人気の金『ゴールド』を買う この記事を読んでみる

中国人観光客も懐かしむバンコクの中華街・ヤワラート

 ヤワラート

前に、ヤワラートの中華料理店で、中国人観光客のおばあちゃんに日本語で話しかけられた時に聞いた話ですが、バンコクのヤワラートは、昔の中国の街並みに似ているようです。

そのくらい古き良き中国の歴史が残っているようです。もちろん少しずつ変わっているはずですが、18世紀に最初の華人が作った街並みが今も残っています。

本場中国人観光客が昔を懐かしむような雰囲気が残っているのが、バンコクのヤワラート(中華街)です。

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)もおすすめ

 ゴールデンウィーク

アジアのホテル予約では、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)もおすすめです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

 ヤワラート

バンコクのチャイナタウン・ヤワラートに行ってみましょう。古き良き華人の歴史や文化が残る街です。

そこにタイの文化が混じり合って、独特な雰囲気を感じることができます。安くて、おいしい中華料理を食べて、さらにタイ旅行を満喫しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Ctrip(シートリップ、携程)の評判は!? 実はアジア最強の旅行予約サイトだった この記事を読んでみる

シーロムヴィレッジ(Silom Village)バンコクのタイ料理レストランはここに決まり この記事を読んでみる