タイ王国の歴史2 トンブリー王朝の形成からシャム王国・現在のタイ王国の成り立ちについて

タイ王国の歴史2です。前回のタイ王国の歴史1に引き続き、今回は、アユタヤ王朝時代から第二次世界大戦の直前までのタイの近代化、立憲主義国家への移行の歴史になります。

シャム王国からタイ王国へ国号を変更していく大きな転換期を記事にしたいと思います。また、前回の記事は下のリンク先をご参照ください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ王国の歴史1 タイ王国の創世記からアユタヤ王朝ができるまでの歴史を振り返る この記事を読んでみる

タイ王国の歴史2 トンブリー王朝の形成からシャム王国・現在のタイ王国の成り立ちについて

トンブリー王朝

 シャム

1762年に清緬戦争が勃発し、1767年に泰緬戦争でアユタヤー王朝は隣国コンバウン王朝の侵入により破滅し、首都アユタヤは壊滅します。

そして、その後には、清緬戦争でコンバウン王朝がタイ領から撤退して圧力が弱まることとなりました。

この期に乗じて、タークシン将軍は、新首都トンブリーを拠点とするトンブリー王朝を再統合することに成功し、1769年に王となります。

しかし、このタクシーン将軍も長きにわたる戦いの日々で、精神を病み、プラヤー・サンのクーデターで退位させられ、カンボジア遠征から戻ったチャックリー将軍に処刑されてしまいます。

このチャックリー将軍がチュラローク王(ラーマ1世、チャクリー王朝の最初の王)となるのです。

ラーマ1世は、トンブリーからチャオプラヤー川を渡った河口の平原に新しい首都バンコクを建設しました。現在まで続くラタナコーシン朝、チャクリー王朝(バンコク王朝)の始まりです。

シャム王国

 シャム

当時のタイの正式な国号はシャムでした。ラタナコーシン朝シャムは、ラーマ1世が国内の整備に力を入れることになります。

国際情勢の変化に伴い、次第にヨーロッパ諸国の植民地主義の脅威に晒されるようになっていきました。また、積極的に外国人を受け入れ、近代化を図っていきます。

そして、ラーマ4世の時代には、イギリスと通商条約であるボーリング条約を締結、さらに同様な不平等条約を欧米諸国と結び自由貿易を受け入れることになります。

ラーマ4世の息子、タイ王朝3大王の一人、チュラロンコーン大王(ラーマ5世)は、こういた背景の中でも、西欧勢力との間に堅固な国交を確立します。

中央集権化とさらなる近代化により、近代国家としての基礎を作り、絶対君主制を確立するに至りました。まさに現在のタイの礎となるものです。

なぜ植民地化を免れたのか!?

ラーマ4世、ラーマ5世の時代には、東南アジアにおける西欧列強の植民地化はさらに加速することになりました。

タイ(当時のシャム王国)もビルマを併合したイギリス、そして、仏領インドシナを獲得したフランスにより、激しく領土の割譲を迫られます。

この状況下で、ラーマ5世は、やむなくタイ領ラオスのメコン東岸のラオス全域の割譲を受け入れることになります。

また、フランスの侵攻を横目に、イギリスもさらに侵攻します。そして、英仏両国は、インドシナから雲南への別々のルートを巡って衝突する「雲南問題」に直面することとなりました。

その後、両国は、シャムとメーコーン川上流域に関する英仏宣言を発表して戦争を回避することを決めました。

結果、副次的産物として、タイを英仏両国の緩衝地帯として残すことが定められ、植民地化を免れることなりました。

これが、タイ王国が東南アジアで唯一、植民地化の危機を脱し、独立を維持することができた理由になります。

国号をシャムからタイへ

ラタナコーシン朝のタイ(シャム)は、第一次世界大戦で戦勝国となります。国際的にも地位を上げることとなりますが、有識者や軍部の一部により、絶対君主制に反対する動きが始まります。

そんな中、ラーマ7世の時代には、1929年に始まった世界恐慌をきっかけにタイの負債が悪化、再び絶対君主制に反対する運動が起きました。

この時代背景を背に、軍人のピブンや官僚のプリーディーらが結成した人民党によるクーデター(立憲革命)を起こします。

結果、タイの政府を絶対君主制から立憲君主制へと移行させることになります。また、立憲国家となったシャムは、ピブン政権の下、近代的主権国家の樹立を目ざしました。

タイ人の国家である自覚を高めるため、1939年には、国号をシャムからタイに変更することになります。現在のタイはこうして生まれることになるのです。

ラーマ5世(チュラロンコーン大王)

 シャム

タイ三大王のうちの一人で、チャクリー王朝の第5代シャム国王です。積極的に西欧の近代国家の制度を導入、チャクリー改革などを通して、タイを近代化に努めます。

また、西欧の植民地化、激動の時代に英仏の対立を利用し、植民地化を免れ、独立を維持した国王として、現在に至るまで敬愛されております。

タイ国外においても、小説『アンナと王さま(Anna and the King of Siam)』の影響で、公然と行われていた奴隷売買を長年かけて廃止し、奴隷解放を行った名君として知られています。

1999年には、アメリカの『タイム』誌で「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の1人にタイ人から唯一選ばれております。

現在でもタイ最大で最高の学府、チュラロンコーン大学にチュラロンコーン大王の名前が残っております。

タイ王国の歴史2 さいごに

 シャム

今回も記事が長くなってしまいましたので、タイ王国の歴史3へ続いていきたいと思います。最後に、タイのラーマ5世と日本の明治天皇は在位がほとんど同時期になります。

タイ・日本両国とも西欧の圧力から、植民地化の危機にさらされながらも、近代化し、独立を維持することとなりました。

しかし、その後の日本は、次第に軍国主義に傾き、両国の歴史の歩み方は大きく異なっていくことになります。歴史とは本当に因果なものですね。

次回は、そういった状況の中で第二次世界大戦とその後、タイと日本も大きく関わりあっていくことになります。それでは次回もよろしくお願いします。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ王国の歴史3 第二次世界大戦の勃発から軍政期・激動のタイ現代史について この記事を読んでみる

チャオプラヤー川 タイを縦断するこの川はなぜ「最高位の川」になったのか!? その歴史を調べてみた この記事を読んでみる