金・ゴールドを買う タイ・バンコクのヤワラート(中華街)金投資はタイ人に大人気!?

金を買おう。タイ・バンコクで金投資です。気になっている方もいるかもしれません。最近日本でも流行っている金(ゴールド)を投資目的で買います。

ということで、今回は、タイのヤワラート(中華街)の金行で、実際に金を購入してみたので、記事にしてみたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Surprice!(サプライス)評判の良い格安オンライン旅行サイトで航空券を買おう この記事を読んでみる

金・ゴールドを買う タイ・バンコクのヤワラート(中華街)金投資はタイ人に大人気!?

金・ゴールドを買う

昨今、テレビでも海外で金を購入して、日本で換金をして利益を獲得するというニュースをよく見かけます。そして、これらがニュースになるのは、犯罪を犯しているからです。

これがどういうことか!?ということも含めて、今回の記事にしてみたいと思います。メインは、バンコクの中華街で金を買うということになります。

前半部分は金の投資についての簡単な基礎知識についてです。飛ばしていただいても大丈夫ですので、目次の読みたい部分をクリックしてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった この記事を読んでみる

金(ゴールド)投資とは

 金

最近テレビのCMなどでもよく見かけます。「純金積立コツコツ」なんてキャッチフレーズをよく耳にします。そもそもなぜ金に投資するのでしょうか?簡単に解説します。

金を買うメリット

・ 金自体に普遍的な価値があり、価値が0になることがありません。

・ インフレに強く、貨幣価値が下がっても、一定の価値を保ちます。

・ 古くから万国共通の通貨と考えられ、世界中のどこでも換金することができます。

・ 地球上に存在する金は有限であり、今後、その希少価値とともに価格の上昇が期待出来る。

ある途上国では、通貨が大暴落し、一夜で大金が紙切れになるということも実際に起こっています。ドルやユーロ、円などは比較的安定した通貨です。

このように、現代においても、特に途上国など、通貨の安定していない国では、安定した価値を持つ金は、投資的にも人気が高いのです。

また、日本においても、古くから金を持つことは、投資だけではなく、成功の象徴として取り上げられることも少なくありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

JALカード 旅行好きが持つべきクレジットカード CLUB-Aカードでマイルを貯めよう この記事を読んでみる

テレビで見かける金の密輸とは?

 金

最近特によくテレビで見かけるのが、金の密輸が摘発されるニュースです。空港などでもしきりにチェックされていますが、金の密輸は犯罪です。

これはどういうことかというと、日本の法律では、海外から持ち込める金の金額が法律により決まっております。

金に限らず、日本の関税法では、海外で購入したものを日本に持ち込む場合の上限金額は20万円までとなってます。20万円までは非課税です。

20万円を超えるものに関しては8%の消費税を払わなくてはなりません。よって、20万円以上を持ち込む場合には、税関にて申告しなくてはならないのです。

しかし、お土産や金なども税関に申告しない人が相当数いることは事実です。本来は、20万円を超えるブランド品のバッグを購入した場合は、申告・税金を払わなければならないということです。

ここでは、税金をしっかり払いましょうというパフォーマンスをしたいわけではありません。あくまでそういうルールになっているということです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カワウソ10匹を密輸 タイ・ドンムアン空港で日本人女子大生が逮捕される!? 組織的な犯行? この記事を読んでみる

金の密輸はどうして儲かるの!?

金の密輸がクローズアップしたのは、消費税が5%から8%に上がったタイミングでした。それでは簡単に解説します。

日本で金を買う場合には、消費税がかかります。逆に売る場合にも消費税がかかるわけです。実は、海外には金を非課税で買える国が存在します。香港や韓国などは有名ですね。

海外の非課税の国で金を買い、消費税が上乗せされる日本で売ります。結果、日本の消費税の8%分がそのまま利益になるということです。わかりやすいですね。

私のような現金を持っていない人間にはあまり関係ありませんが、多額の現金を金に変えて密輸すると8%でも大金になります。

1億円の金を購入、上記の方法で日本で売却するとします。なんと8%でも800万円の利益を生んでしまうわけです。

考えてみれば、単純なことですが、考えた方は確かに賢いですね。しかし、これは法律に違反、完全に犯罪です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

盗難 !? 300万円が消える バンコク・スワナプーム空港でスーツケースからお金が盗まれた? この記事を読んでみる

バンコクのヤワラート(中華街)で金を買う タイは非課税の国

 金

それでは本題です。バンコク旅行に行って、タイで20万円までなら金を購入、日本に持ち込んでも税金はかかりません。また、タイに在住の方は、投資目的で金を買うこともできます。

ヤワラートには、かなりたくさんの金行があります。店舗の至る所に金がディスプレイされていますので、一目でわかるでしょう。

この金行というものが金の売り買いを生業とするお店です。本当にたくさんありすぎて迷ってしまいますので、おすすめのお店をご紹介します。

和成興大金行(Hua Seng Heng Goldsmith)

和成興大金行(Hua Seng Heng Goldsmith)オフィシャルサイト

バンコク・ヤワラートで有名な金行です。この和成興大金行は本当に有名・人気店です。ヤワラート通り沿いに店舗が数軒あります。

私は、実際に取引先で、ヤワラートに住んでいる現地の方に教えてもらいました。その通り他の金行に比べてかなり混んでいます。

実際に金(ゴールドバー)を買ってみた

 金

タイの金は!?

タイで金を買う場合の基礎知識です。基本的にタイの金は23金になります。ちなみに日本や香港、韓国などの金、ゴールドバーは24金です。この意味は、金の含有率を意味します。

24金→ 約100%(金の含有率)

23金→ 96.5%

18金→ 75%

金の含有率が高いほど値段(価値)が高いということになります。よくアクセサリーに加工されている18Kというものは、18金になります。

よって、25%は金以外の混ざり物が入っていることを意味します。もちろん、タイでも24金や18金を加工、販売しているお店もあります。

しかし、タイで流通しているほとんどの金は23金のようです。そして、タイの金の単位は、通貨と同じく1バーツ=15.16gになります。これを踏まえて次に行きましょう。

金の買い方は

金行でどの金を買うのか選びましょう。普段から身につけたい方は、アクセサリーに加工されているものを選ぶこともできます。指輪やネックレスなど、さまざまな金製品があります。

私は、単純に投資目的ですので、ゴールドバーを買いました。ゴールドバーと呼べるのでしょうか!?かなり小さいものです。

値段はバーツ=グラム単位で決まります。そして、自分の選んだ金に加工手数料がかかります。ベーシックなゴールドバーは手数料が1番安いです。

確か150バーツです。日本に比べたら格段に安いでしょう。指輪やネックレスなどは、細工の仕様にもよりますが10%近い加工手数料がかかります。

投資目的の方は、ベーシックなゴールドバーを選びましょう。私の購入したものは最低単位1バーツです。確か2万バーツ(約68,000円)ほどでした。

重要なことですが、為替によって値段が上下します。最近は円安傾向ですから、数年前1万円が4000バーツだった時には、同じ2万バーツでも約50,000円で買えたことになります。

このように、日々変わる金自体の値段と為替のバランスをよく考えて、購入するといいのではないでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

HUA SENG HONG(和成豊)バンコク・ヤワラート(中華街)で大人気の名店を食べる この記事を読んでみる

タイ人はなんで金を買うのか?

私が金を買うきっかけになったことは、実はあるタイ人の取引先のオーナーに「なんで金を買わないのか!?」と言われたことです。

私には?でしたが、彼が言うには、タイ人は自国の通貨を信じていないので、現金を稼いだらじゃんじゃん金に変えるそうです。

そして、金の値段が一時的に上がるタイミングがあると一斉に売るそうです。先日、北朝鮮がミサイルを発射したタイミングで一時的に金の値段が急騰しました。

次の日の朝にたまたまヤワラートにいたのですが、金行はたくさんの人でごった返していました。こういうことなんですね。

中にはズボンの破れたおじちゃんまでごっつい金を換金していたり!?なんて姿も目撃しました。これぞまさに投資ということでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ紙幣 4月6日から新バーツ札発行へ・肖像がワチラロンコーン国王にデザインが変わります この記事を読んでみる

日本で売る場合には注意が必要

タイで購入した23金を、日本で売却する場合には注意が必要です。これは日本には23金の買取レートがない場合が多いことです。

結果、勝手に18金のレートで計算されることもあります。かなり損することになるのです。実際には、業者は買取後、溶かすわけですから、かなり悪徳です。

最近では、需要の高まりから、23金のレートで買取してくれる良心的な店舗も少なからずあります(本当は普通のこと)。日本で売る場合には買取価格は必ずチェックしましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金を売ると損をする!? タイ・東南アジアで買った金を日本で売る場合は注意が必要です この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

このように様々な理由はありますが、タイで金を買ってみるのもいいかもしれません。私もこれから定期的に金(ゴールドバー)を買ってみようかと思います。

今後、日本の消費税は10%に上がる見通しです。ということは、コツコツ20万円ずつでも貯めて、増税のタイミングで売れば儲かるのでは!?なんて思っています。

最後に、あくまでも密輸は脱税です。持ち込める金額内で購入しましょう。とはいえ、全ては自己責任です。タイを訪れた際は、「ヤワラートで金を買う」これも旅の一興かもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる

GEM PRODUCTION(ジェムプロダクション)バンコクでジュエリー(宝石・宝飾品)を買うならここに決まり この記事を読んでみる