カワウソ10匹を密輸 タイ・ドンムアン空港で日本人女子大生が逮捕される!? 組織的な犯行?

先月10月29日、興味深いニュースが飛び込んできました。日本の女子大生がタイからカワウソ10匹を密輸しようとして、タイ当局に逮捕されるという事件が起きました。

今年に入ってからも何度か密輸に関する事件は起きているようです。ということで、今回は、この事件について記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パタヤのニューハーフに注意!レディボーイによる財布のスリに気をつけよう この記事を読んでみる

カワウソ10匹を密輸 タイ・ドンムアン空港で日本人女子大生が逮捕される!? 組織的な犯行?

カワウソを密輸

カワウソ

2017年10月26日、タイのドンムアン国際空港で、空港カウンターにて預けられたスーツケースの中にカワウソの赤ちゃん10匹が入っていました。

これを日本に密輸しようとした疑いで逮捕されるという事態になりました。逮捕女性は「売られているのを見てかわいそうだと思い購入した」と供述しているようです。

ちなみに、このカワウソは1匹あたり1000バーツ、日本円にして約3500円ほどで購入されたとのことです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

チャトゥチャックはなぜ土日しか開かれないのか!? タイの人気観光スポットJJマーケットの歴史とは この記事を読んでみる

日本でのカワウソの販売価格は?

この事件で逮捕された女性の供述では、かわいそうだと思ってとのことですが、ほぼ100%転売目的とみて間違い無いでしょう。

ということは、日本国内でカワウソが高値で取引されているということが考えられますので、リサーチしてみました。

最近テレビでも取り上げられるなど、ペットとしてもブームのようで、その販売価格はなんと、60万円以上ほどするようです。60万円以上!?もする?高すぎます。

そもそも、日本での流通量が少ないことが理由のようです。もともと日本でも生息していたカワウソも乱獲が原因で、2012年に絶滅種に認定されてしましました。

人工繁殖が難しく、個体数が少ないことが高額な理由です。また、カワウソは意外にも人懐っこい性格で、ペットとして飼うことも可能です。寿命も長く、20年近く生きることもあります。

ちなみに、上記の販売価格から考えると、1000バーツ、約3500円で10匹購入されたカワウソを、仮に日本国内で販売したとすると、なんとその金額は破格、600万円以上になります。

女子大生がこういう密輸を行うということは、金の密輸同様、このようなビジネスが成り立っている!?ということなのでしょうか。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【投資】タイ・バンコクのヤワラート(中華街)でタイ人に大人気の金『ゴールド』を買う この記事を読んでみる

カワウソの密輸は「ワシントン条約」違反です

タイなど東南アジアから「コツメカワウソ」を持ち込むのは、完全にワシントン条約違反になります。カワウソも条約で輸入が制限されている動物です。

ちなみに「動物の輸入届出制度」の要件を満たせば、輸入は可能?のようです。どちらにしてもハードな手続きが必要になります。

合法的に指定動物を持ち込むには

厚生労働省・動物の輸入届出制度

成田空港検疫所・動物を持ち込むには

こちらに詳しく書いてありましたので、ご参照ください。基本的には輸入は禁止のようですが、届けを出せば輸入できるようです。

しかし、現実的には、コツメカワウソは、レッドリスト「VU(危急種)」ということで、輸出国が許可証を出すにはとてもハードルが高いようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスポートを持ち歩こう タイで不良外国人の取り締まり強化!?トラブルを防止しよう この記事を読んでみる

日本になんでカワウソがいないのか!?

日本でも古来、カワウソは北海道を含めて日本各地にいました。日本固有の「ニホンカワウソ」と「ユーラシアカワウソ」の2種類がいたと言われています。

しかし、明治時代以降、特に日露戦争を境に、そのすぐれた防寒性と耐水性から兵士の毛皮として使用され、乱獲されるようになりました。

これが第二次世界大戦頃まで続きます。また、カワウソの肝は、結核などの治療のため、漢方薬に利用され、高値で取引されたことも減少の一因となりました。

また、戦後になると日本各地が開発され、カワウソが生息できる環境がなくなっていきました。そして、1979年を最後に人々の前から姿を消し、2012年に絶滅種と認定されました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パタヤ (Pattaya)がタイ最大の海浜リゾートに開発されたきっかけはベトナム戦争だった!? この記事を読んでみる

38年ぶりに日本国内でカワウソ?対馬で撮影される

先日、喜ばしいニュースが入ってきました。長崎県の対馬でカワウソが撮影されたというニュースです。

どうやら、オスとメスの2体が確認されたとのことです。専門家の話では、日本固有の「ニホンカワウソ」ではなく「ユーラシアカワウソ」のようです。

いずれにしても、かわいらしいカワウソが日本でも生息しているということは、喜ばしいことでしょう。

日本経済新聞・国内にカワウソ、38年ぶり 対馬で撮影

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

さいごに

このカワウソの密輸は、今回の女子大生のケースだけではなく、今年に入ってからも数件が発覚しています。

日本国内での転売金額が高額でも違法なことはダメです。とはいえ約3千円で買ったものが60万円以上で売れるとは?とても驚きです。

悪いことはダメですが、お金儲けを考える人たちもいろいろな方法を考えるものです。この知恵をいいことに使って欲しいものです。

<人気の関連記事はこちらからどうぞ>

経費削減 2018年 オンライン予約サイトを使って簡単に出張費用を節約しよう【保存版】 この記事を読んでみる

マレーシア航空が安くて便利だけど遅延注意!?時間に余裕を持って移動しましょう この記事を読んでみる