アイコス 所持で日本人が逮捕!? 罰金80万円!? タイは電子タバコの使用や持ち込みも禁止!!

アイコス (加熱式タバコ)や電子タバコの所持で逮捕者が出ているようです。タイは使用はおろか持ち込みも禁止されている国です。

確かに私もタイのホテルで日本人が使用している姿を見かけました。ということで、今回は、タイの電子タバコ、アイコス事情について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トイレ事情 タイのトイレの使い方と注意点!! 紙がない!? ウォーターガンが強力すぎる!? この記事を読んでみる

アイコス 所持で日本人が逮捕!? 罰金80万円!? タイは電子タバコの使用や持ち込みも禁止!!

タイは電子タバコやアイコスの持ち込みが禁止!!

タイは、アイコス(加熱式タバコ)や電子タバコの所持が禁止されています。よって、使用はおろか持ち込みすらも厳禁です。

私も実際にバンコクのホテルで、日本人と思われる団体が普通にアイコスを使用している姿を見かけたことがあります。

 アイコス

また、友人の話ではタイの人気リゾート、パタヤでもアイコスを吸っている日本人を相当見かけるとのことでした。

ちなみに昨年、電子タバコに対する規制が強化された結果、タイ国内で所持している場合、10年未満の懲役刑及び50万バーツ(170万円)未満の罰金を科せられる可能性もあります。

このブログでも以前からタイはアイコスと電子タバコの持ち込みができないと注意喚起をしていましたが、意外に持ち込む人が多いのも事実なのかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

電子タバコ (iQOSなど)タイは持ち込み禁止!! 他に持ち込めない国は!? 2018年最新情報!! この記事を読んでみる

日本人の逮捕者が続出!?

タイで日本人旅行者がアイコスや電子タバコの所持、使用で逮捕されるケースが増えているようです。実際に逮捕された話がツイッターでも話題になっています。

所持によって逮捕、連行された結果、罰金の請求されるという流れです。これはタイではある意味、不思議なことではありません。

話題になっているツイッターでは、警察署に連行された日本人が5万バーツの罰金を請求され、話し合いの結果、2万バーツを払って解放されたとのことです。

どうやら続出とまではいかないと思いますが、逮捕者が出ている以上、ダメなことはダメとしっかり認識し、バレなければという軽い気持ちで持ち込むのは絶対にやめた方が良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

パスポート を持ち歩こう!! タイで不良外国人の取り締まり強化!? トラブルを回避しよう!! この記事を読んでみる

タイ警察が狙う日本人旅行者!!

明らかに日本人旅行者はタイ警察に狙われていると思って間違いありません。タイの警察はタイを訪れる日本人が普段アイコスや電子タバコを愛用していることをよく知っています。

よって、バンコクのスクンビットなど、日本人が沢山集まる場所を重点的に取り締まっているようです。ちなみに私もアソークでタクシーに乗車中に職務質問された経験があります。

当然持ち物検査をされました。私はタバコ自体吸わないので全く問題ありませが、もし違法なモノを持っていた場合には、逮捕、連行される可能性が高いでしょう。

5万バーツ17万円ほど)の罰金で解放されればまだマシですが、異国の地で法律の通り10年未満の懲役刑にでもなったらそれこそ人生の終わりです。

タイは警察が賄賂目的で逮捕するケースもあるので、特にタイ語の話せない旅行者が軽はずみな考えでアイコスやVape、電子タバコを所持するのは絶対にやめた方が良いと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

職務質問 !? バンコクのスクンビットでタクシー乗車中に検問!! 車外でボディチェックも!? この記事を読んでみる

タイは密告制度がある国!?

タイには、違法薬物に対する密告制度があり、今のところ電子タバコではありませんが、警察とグルになって密告する組織が存在するようです。

密告することで報奨金が貰えるシステムなので、これを目的にタクシー運転手やホテルのボーイが麻薬や違法薬物の販売を斡旋してくるケースもあります。

アイコスや電子タバコの所持で日本人旅行者がターゲットになっている以上、こうした警察と連携したトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

また、近年タイ国内の色々な場所でタバコを吸えなくなっています。最近では全ての空港が禁煙になり、建物内はおろか、路上喫煙も禁止エリアがあるので注意が必要でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バックパッカー 注意喚起!! スタートラインで待つ詐欺!! バンコクに潜む危険とは!? この記事を読んでみる

アイコスや電子タバコが法律で禁止される理由とは!?

それではなぜタイでは電子タバコが法律で禁止されているのでしょうか!? その理由は一説には水タバコに対する警戒心と言われています。

これは電子タバコも水タバコのようにフレーバーという大量の煙を楽しむタイプもあるので、水タバコの派生品として規制したという説です。

ちなみに水タバコは、イスラム圏で作られた喫煙具の一種ですが、2014年に健康を害すると規制の対象になりました。

しかし、私は電子タバコが規制された理由は他にあると考えています。それは税金の問題です。タイ国内で流通していない電子タバコは、国に一銭の税金も入りません。

確かタイの紙巻タバコに対するタバコ税は60%前後だったはずですが、税の対象ではない電子タバコは、タイ国内の徴税という観点からも邪魔者でしかないのです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ寺院 参拝の基本知識!! 服装やマナーとは!? 過度な露出は厳禁!! 僧侶や仏像にも注意!? この記事を読んでみる

そうだタイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

タイはお酒やタバコにゆるい国というイメージを持つ人も多いと思いますが、実は日本よりも規制され、厳しく管理されています。

ちなみにタイの空港の到着ロビーから外に出るタイミングでも日本人旅行者のバッグを重点的にチェックしています。それだけマークされているということも覚えておいた方が良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行 3泊4日!! 日本円でいくら持って行けば良い!? バンコク観光や予算を考える!! この記事を読んでみる

タイのお守り プラクルアンの基本知識!! 取り扱い方法や注意点は!? お風呂は絶対外す!? この記事を読んでみる