AQホテル アゴダでタイ隔離免除入国に必要な1Dayパッケージの予約が開始!!

AQホテル の1Day(TEST & GO)パッケージ予約がアゴダで可能になりました。この1泊のホテル予約は11月1日からのタイ隔離免除入国に必ず必要となります。

以前から14日間の隔離検疫(現在は10日間に短縮)の予約は可能でした。ということで、今回は、アゴダのタイ代替検疫施設(AQ)予約について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの賃貸コンドミニアム 物件探しはウェブサイトが便利!? 飛び込みで内見!? この記事を読んでみる

AQホテル 超便利!! アゴダでタイ隔離免除入国に必要な1Day(TEST & GO)パッケージの予約が開始!!

アゴダでタイ代替検疫施設!! AQパッケージ予約が可能に!!

2020年11月27日タイ保険省は、AQ(タイ政府代替検疫施設)パッケージの予約に関して、ホテル予約大手のアゴダと提携したことを発表しました。

これによりタイ政府により指定されている入国時の14日間の隔離検疫ホテル(AQ)のパッケージ予約がかなり便利になります。

タイ保険省の副大臣も39か国語での表示、英語と中国語でのカスタマーサービス、24時間年中無休のサポート、迅速かつ簡単な支払いプロセスに期待を述べました。

これで今までイマイチ分かりづらかったAQの予約がスムーズになり、アゴダのサイト上でホテルの一覧を比較検討できるのは、すばらしいサービスに違いありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの物価 日本と比較!! 庶民感覚では100バーツが1,000円!? この記事を読んでみる

タイ入国時の14日間のAQ隔離検疫とは!?

2020年12月3日現在、タイでは入国時に14日間の隔離検疫が必要です。これはビジネスや観光、タイランドエリートなど、内容に関わらず全ての入国者に義務付けられています。

よって、入国者全員がタイ政府の認定を受けたASQ(タイ政府代替検疫施設)で14日間の隔離期間を過ごさなくてはなりません。*現在はAQ(代替隔離施設)に統一されています。

また、入国するにはビザ、記入済みの申告書、 入国許可証(COE)、英文の健康証明書(Fit to Fly)、渡航前72時間以内のPCR陰性証明書、10万米ドル以上の医療保険加入が必要です。

これらの書類とASQの予約確認書、そして、タイまでの特別便(タイ航空、ANA、JALなど)を予約することで入国が可能になります。

*追記 2021年10月1日より、隔離検疫が10日間に短縮、ワクチン接種証明書の保持者は7日間に短縮されています。現在はASQ→AQ(代替隔離施設)に統一されていました。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プーケットサンドボックス 10月から隔離期間7日に短縮!! 利用者が急増中!? この記事を読んでみる

アゴダのASQパッケージの予約が超便利!!

AQホテル

今回アゴダがタイ政府と提携し、実際に取り扱いが始まったASQパッケージとはどのような内容でしょうか!? 

主な内容な15日間のホテル宿泊、空港送迎、1日3食の食事、2回のPCRテスト、その他ホテル別に特典が含まれています。*2020年12月の状況

ちなみに、2021年10月現在ASQとして認定されているホテルは149軒で、一覧はhttp://www.hsscovid.comdから確認することができます。

どちらにせよ、ホテルと直接やりとりをして予約するよりもアゴダのタイ政府代替検疫施設(ASQ)パッケージから予約する方がかなり簡単には間違いないでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

agoda(アゴダ)ホテル予約の評判や口コミ!! 注意点や安い理由とは!? この記事を読んでみる

アゴダでタイ隔離免除入国に必要な1Dayパッケージの予約が開始!!

11月よりワクチン接種完了の日本人旅行者はAQ隔離免除!!

AQホテル

ついにアゴダでタイ隔離免除入国に必要な1Day(TEST & GO)パッケージの予約が可能となりました。11月より日本からのワクチン接種済の旅行者は隔離免除が認められます。

以前は14日間の隔離→7日間の隔離(ワクチン接種済の旅行者)もしくは10日間の隔離(ワクチン未接種)と隔離が必要でした。

ちなみに当初はASQ(Alternative Quarantine Hotel)と呼ばれていましたが、現在はAQ、Alternative Quarantine(代替隔離施設)に統一されています。

アゴダの1Dayパッケージ(TEST & GO package)の予約方法!!

AQホテル

アゴダの代替検疫施設(AQ)ページをチェックすると、まだ下の部分には1日の記載はなく、7日、10日、14日しかありませんが、実際には予約がスタートしています。

検索の方法は簡単で、上の写真の日付の部分に1日分の日程を入力、青い部分の最安値を検索をクリックするだけです。すると、予約可能なホテルの一覧が表示されます。

2021年10月26日現在、検索した日程では19軒でしたが、おそらくあと数日も経てばかなり軒数も増えると思います。プーケットサンドボックスの時がそうでした。

おそらく最多の価格帯は2万円前後となりそうです。ただ、これには空港からの送迎とPCR検査の料金(3,000バーツほど)も含まれているので決して高いとも言えません。

*追記 11月25日現在、上の写真の検索フィルターではSHA+認定ホテルとなっており、バンコクだけでも160軒のホテル(Test&Goパッケージ)が探せます。

1Dayパッケージ(TEST & GO package)の予約時にチェックすべき点!!

AQホテル

検索結果の一覧に表示されたホテルをクリックすると、検疫パッケージの内容が表示されるので、必ず空港ピックアップ、COVID-19検査1回実施の二つをチェックしましょう。

ホテルによっては三食付きなど、若干の条件が異なりますが、最低限、上の二つが含まれていれば問題ないはずです。

また、この1泊の予約は隔離なし入国する上で絶対に必要な条件のため、とりあえず、アゴダの代替検疫施設(AQ)ページをチェックしてみることをおすすめします。

後は通常の旅行時と同じく、設備やロケーション、宿泊料金などを確認しつつ、好みのホテルを選ぶと良いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2021年11月1日よりタイ開国を表明 日本も対象!! 12月に娯楽施設の再開も!! この記事を読んでみる

2021年10月現在のタイ渡航にかかる最低限の費用は!?

2020年12月頃、実際にタイ渡航にかかる費用は私の友人の体験談などを参考にすると、概ね30万円前後でした。

内訳としては、特別便約10万円、ASQ約10万円〜、保険1万円〜、PCR他が5万円ほどです。また、ASQパッケージの価格次第では金額は大きく跳ね上がりました。

しかし、2021年10月末現在、航空券は4〜10万円、AQホテル約2.5万円、保険1万円、PCR他2万円ほどなので、全て合わせても10万円以内で抑えることが可能でしょう。

やはり隔離がなくなったのはかなり大きいと思います。私も11月に渡航予定ですが、後は日本帰国時の14日間の自主隔離が緩和されることを祈るのみです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行3泊4日 バンコク観光の予算!! 日本円でいくら持って行けば良い!? この記事を読んでみる

さいごに

アゴダは、私も海外出張では毎回利用しているホテル予約サイトです。そして、タイのAQホテル1Dayパッケージ予約ができるようになったのはかなり大きいでしょう。

私も11月のタイ渡航に向けて、できればバンコクの中心部辺りで2万円以下のホテルを狙って予約したいと思っています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行で失敗しないレストランの見分け方 必ずチェックすべき5つとは!? この記事を読んでみる

サプライス (Surprice)航空券予約サイトの口コミや評判!! 安さの理由は!? この記事を読んでみる