STV(特別観光ビザ)タイ政府が日本にも最長270日滞在を許可!!

STV (特別観光ビザ)の取得がようやく日本にも許可されました。これで最長270日間タイ国内に滞在することができます。

もちろん12月10日現在入国時の14日間の隔離検疫は必要です。ということで、今回は、タイのSTV(特別観光ビザ)について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの物価 実際の庶民の感覚は!? 日本と比較!! 100バーツを1,000円と考えると良い!? この記事を読んでみる

STV (特別観光ビザ)タイ政府が日本からの取得を許可!! 最長270日間滞在可能に!!

タイ政府が全ての国にSTVでの入国を許可!!

2020年12月8日、タイ政府は新型コロナの感染リスクの低い国のみに認めていたSTV、Special Tourist Visa(特別観光ビザ)での入国を全ての国に許可すると発表しました。

今まで日本は新型コロナ「中度感染危険国」に指定されていたため実質取得も不可能でしたが、今後は取得も可能になります。

よって、12月8日以前は観光での入国では、通常の観光ビザ(TR)最大90日間の滞在が可能となるビザのみ有効でしたが、STVの取得で最長270日の滞在が可能です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エクスペディア 航空券やホテル予約は安いの!? 評判や口コミ!? トラブルやキャンセル料は!? この記事を読んでみる

Special Tourist Visaとは!?

Special Tourist Visa(STV)とは、通常の観光ビザとは別に、長期滞在者をターゲットに最長270日の滞在を認める新しいビザです。

新型コロナウイルスの感染拡大、入国制限によって落ち込んだタイの観光産業を下支えする目的で新設されました。

はじめは90日間の滞在が可能で、2回延長することができ、それぞれさらに90日間の滞在が許可されます。ちなみに費用は90日間ごとに2000バーツです。

また、STVを取得するためには、ホテルの予約証明、賃貸契約、コンドミニアム所有権などが必要で、長期滞在を証明する必要があります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの賃貸コンドミニアム 物件の探し方は!? ウェブサイトが便利!? 飛び込みで内見に行く!? この記事を読んでみる

12月現在のSTV状況は!?

今回発給対象国が拡大された経緯には、当初の予定を大きく下回り、12月9日現在、29か国825名しかSTVで入国していない現状があります。

政府の予想よりも利用者が大幅に少ない理由は、タイ入国後に義務付けられている14日間のASQ隔離検疫の存在でしょう。

もちろん全ての国にビザの取得が許可されたことで利用者は増えると思いますが、あくまで隔離の義務がある以上、限定的になりそうです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ASQパッケージ アゴダで取り扱い開始!! タイの14日間の隔離ホテルの比較検索が便利に!! この記事を読んでみる

タイは本当に新型コロナを封じ込めたのか!?

STV

タイのニュースを見る上では、タイ国内では新型コロナウイルスを完全に封じ込めたかのように思われていましたが、最近では状況が大きく変わってきました。

実は厳しい隔離検疫を逃れるために、隣国ミャンマーやラオスから不法帰国という形で感染者が流入していたからです。

12月に入り立て続けに不法帰国(帰国者)したタイ人の感染が明らかになり、この密入国者からの感染者も確認され始めました。

STV

よって、ミャンマーと国境を接するタイ北部で感染のリスクが高まっていると、人気の旅行先チェンマイなどでも旅行のキャンセルが相次いでいるようです。

このようにタイ北部を中心に国内観光産業が息を吹き返そうというタイミングでの感染者発見はタイの観光産業にさらなる打撃を与えるでしょう。

日本に比べれば格段に少ない国内感染者ですが、あくまでタイ政府がゼロリスクを貫いてきたことからも国民のコロナに対するアレルギーは相当根強くなってしまったようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

反政府デモ 過激化!? コロナ禍のタイで国民の怒りが爆発!? 軍事クーデター後最大級!? この記事を読んでみる

タイの観光産業復活は2022年以降!? ワクチンが鍵に!!

タイの観光産業が本格的に復活するのは一体いつになるのでしょうか!? おそらく14日間の隔離検疫が無くなることが絶対条件になるでしょう。

ちなみにタイ国政府観光庁(TAT)は、タイの観光収入が新型コロナ前の80%程度に戻るのは2022年まで待たなければならないとの見方と示しています。

2020年12月現在、新型コロナに対しゼロリスクを貫くタイ政府の方針、厳しい入国制限下では、観光業の先行きは不透明なままです。

もちろんワクチンの接種が始まれば、回復への道標になるでしょう。よって、今後のシナリオはあくまでワクチン次第ということになるかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

新型コロナワクチン接種 海外旅行の状況はどう変わるの!? 開発や進歩は!? 日本はいつから!? この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

12月に入り、イギリスをはじめ実際にワクチンの接種がスタートしました。また、世界各国で続々と異例のスピードで特例承認が報道されています。

日本では副反応を見極めたいとワクチンに対して懐疑的な見解も見かけますが、個人的には自己責任で早く接種ができるように素早い承認を期待しています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ経済崩壊 2020年新型コロナの影響で観光収入が激減!! 観光立国に忍び寄る影!! この記事を読んでみる

旅行特需 2021年アフターコロナで旅行需要が急速に回復!? 収束後は旅行者が急増!? この記事を読んでみる