ワクチンパスポート 14日間のASQ隔離検疫なしでタイ旅行に行ける!?

ワクチンパスポート の話が現実味を帯びてきました。ワクチン接種によって、14日間の隔離検疫なしでタイ旅行が可能になるかもしれません。

タイ国政府観光庁が実際に政府に提案したとの報道がありました。ということで、今回は、隔離なしでタイ旅行を実現するワクチンパスポートについて、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ経済崩壊 2020年新型コロナ禍!! 観光収入激減で壊滅状態!? この記事を読んでみる

ワクチンパスポート 新型コロナワクチン接種!! 15泊16日の隔離検疫なしでタイ旅行が可能に!? 

ワクチン接種でタイ旅行が変わるワクチンパスポート!?

 ワクチンパスポート

世界中でスタートしている新型コロナのワクチン接種によって、ついに14日間(15泊16日)の隔離なしでタイ旅行が実現するかもしれません。

1月27日の報道によると、タイ国政府観光庁(TAT)のユタサック・スパソーン総裁がタイ政府に「ワクチンパスポート」の提案しています。

ワクチンパスポートとは、新型コロナウイルスのワクチンを接種することで、ASQ隔離検疫なしにタイ旅行を可能にするものです。

現在壊滅状態のタイの観光産業を復活させるためにも、早期の導入を要望しているようで、私たち外国人旅行者にも待ちに待った朗報と言えるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

新型コロナワクチン接種 開発や進歩は!? 海外旅行の状況は変わる!? この記事を読んでみる

早めれば3月〜4月に承認!?

 ワクチンパスポート

あくまでTAT総裁の提案では、ワクチンパスポートが承認されれば、早ければ3月〜4月のイースター休暇に合わせて、ワクチンを接種した欧米の旅行者がタイを訪れます。

また、2021年中に1,000万人の旅行者がタイを訪れるとも予想しているようです。確かに欧米のようにワクチン接種が先行している国には現実的かもしれません。

加えて、他のASEAN諸国の観光局にも、地域全体の観光を刺激するために、このワクチンパスポートモデルの採用を積極的に要請して行くようです。

そして、中国や日本、韓国からの旅行者は、必要な旅行以外の全ての制限がこれらの国の政府にによって、解除された後になるとも述べています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

新型コロナ感染拡大!? タイ各地で規制強化やロックダウン再び!! この記事を読んでみる

ワクチン先進国イスラエルのデータが驚き!!

 ワクチンパスポート

世界で最も速いペースで、ワクチン接種を勧めているイスラエルがファイザーなどが開発したワクチン接種を2回受けた人のデータを公表しました。

これによると、2回目の接種から1週間以上経過したあとの状況を調べたところ、検査で陽性反応が出た人は、12万8,600人の内20人で、割合にして0.01%だったということです。

ちなみに、イスラエルでは26日までに、1回目のワクチンを接種した人が人口の約3割にあたる270万人、このうちおよそ140万人は2回目の接種も終えています。

人口900万人の内、これまでに60万人以上が新型コロナに感染し、3度目の厳しい外出制限をしている状況を考えると、ワクチンの効果は凄まじいと言えるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ不動産 2021年バンコクのコンドミニアム購入にチャンス到来!? この記事を読んでみる

日本のワクチン接種はいつになるの!?

 ワクチンパスポート

それでは日本のワクチン接種はいつになるのでしょうか!? 河野大臣の話では、2月下旬に一部の医療従事者から始まり、4月に高齢者の接種をスタート予定とのことです。

その後、基礎疾患のある人に優先的に接種が始まり、私たちのような一般の人が接種できるのは、早くても6月以降になるのではないかと思います。

そう考えると、タイのワクチンパスポートが承認されても、実際に隔離検疫なしでタイ旅行に行けるのは7月〜8月、もしくは秋以降ということでしょうか。

個人的には早く接種してタイ旅行に行きたいと思っているので、迅速に接種がスタートすることを祈っています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

STV(特別観光ビザ)タイ政府が日本にも最長270日滞在を許可!! この記事を読んでみる

完全な正常化はいつに!?

 ワクチンパスポート

完全にコロナ前の状況に戻るのは一体いつになるのでしょうか!? これに関して、専門家の話では2023年頃までかかるのではないかと予測されているようです。

アメリカのワクチン専門家も今後、十分な数の人々が感染、もしくは十分な人がワクチンを接種することで、感染は減少すると分析しています。

また、先進国に関しては、早期に正常化する可能性もありますが、途上国も含めた全世界が元に戻るのは、最低3年はかかるとの声が多数派でしょう。

よって、完全に戻るのは2023年ですが、確実にワクチンがゲームチェンジャーになることが分かり始めたことは全世界に明るい話題だと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

旅行特需 2021年アフターコロナで需要が急速回復!? 旅行者が急増!? この記事を読んでみる

さいごに

14日間の隔離検疫なしでタイ旅行に行けるワクチンパスポートは、まだ初期の提案の段階ですが、ようやく少しだけ出口が見えてきた証拠かもしれません。

日本からはまだまだ自由に旅行に行ける環境にはないでしょう。しかし、こうした明るい情報をポジティブに受け止めながら時が経つのを待ちたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ASQパッケージ アゴダがタイの14日間の隔離ホテルの取り扱い開始!! この記事を読んでみる

タイ旅行3泊4日 バンコク観光や予算!! 日本円でいくら持って行けば良い!? この記事を読んでみる