2018年 円安・バーツ高はなぜ続くのか!? バーツが強い理由を考えてみた!!

2017年、今年もあと2日ですが、いまだに円安・バーツ高が続いています。おそらくしばらくはこのバーツ高は続くものと思います。

それでは、2018年のバーツ相場はどのように推移するのでしょうか?タイを訪れる人には。とても気になる為替の問題について考えてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイバーツ高・円安につき 1万円を両替すると3,000バーツを切る!?現在を考える この記事を読んでみる

2018年 円安・バーツ高はなぜ続くのか!?バーツが強い理由を考えてみた!!

円安・バーツ高

12月30日現在のバーツ相場ですが、1万円が2,900バーツを切るという、タイを訪れる旅行者から悲鳴が聞こえてきそうなくらいバーツ高が続いています。

2017年のバーツ相場は、4月の中旬に1万円が3,150バーツほどのバーツ安に振れましたが、それ以降は順調にバーツ高が続いています。

直近では、2016年の7月頃には1万円が約3,500バーツになり、円高・バーツ安だった頃がすでに懐かしく思えてしまいます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

金・ゴールドを買う タイ・バンコクのヤワラート(中華街)金投資はタイ人に大人気!? この記事を読んでみる

2018年のバーツ相場を予想してみる

私の勝手な予想ですが、2018年も引き続き円安・バーツ高の現状が続くように思います。近年のバーツ相場に関しては、2012年に1万円が4,000バーツというバーツ安を記録します。

その後、3年ほどかけて2015年の1万円が2,700バーツという強烈なバーツ高を記録し、2016年にいったん落ち着くも、2017年はバーツ高に触れました。

よって、バーツ相場のチャートを見る限り、2018年は現在のバーツ高相場は引き続き、続いていくのではないでしょうか。

おそらく2018年中は、1万円が約2,900バーツ〜約3,000バーツ前後にキープできるか、もしくは2,700バーツほどにタッチする可能性もあります。

為替レート ロイター/ 円・バーツ

なぜバーツ高が続くのか!?

それでは、なぜバーツ高が続くのでしょうか?これに関しては、様々な理由があると思いますが、タイ経済が順調に推移しているということが1番の理由です。

2017年のタイのGDPは、予想以上に堅調に推移しています。順調な個人消費もタイ経済を支える大きな要因の1つです。

これを受けて、下のリンクにあるように、2017年タイの世帯収入の平均は、前年よりも増加しています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均・月2万6,973バーツと増加傾向 1人あたりの平均は9,266バーツ この記事を読んでみる

日本企業は円安・バーツ高を維持したい

 バーツ高

日本の基幹産業でもある自動車産業などは、人口が減少していく日本のマーケットよりも輸出を重要視しています。

よって、現在の円安の状態を維持したいというのが本音です。円安になればなるだけ企業の収益は上がります。

もちろん、資源を輸入に頼っている日本ですから、過度に行きすぎた円安は考えものですが、ある程度の円安を維持したいはずです。

タイの高齢化社会

タイは、東南アジアの中でも非常に速いスピードで高齢化が進んでいます。先進国の中で、重篤な高齢社会を迎えている日本と同じように進んでいく可能性もあります。

しかし、日本と状況が違うのは、タイは家族が協力しあって生活をするという点です。確かにタイも大都市部バンコクにおいては、核家族化が進んでいる現状もあります。

しかし、日本のそれとは大きく異なります。また、子供を取り巻く環境も違います。とはいえ労働人口の減少は産業に大きな変化をもたらす可能性は否定できません。

重要視される介護事業

日本とは大きく異なるとはいえ、タイでも介護事業は注目されています。従来、タイでは、介護は基本的に家族によって行われるべきとした考え方が根付いていました。

現在でも、両親を介護施設に入所させるということは、親不孝であり、周囲から非難の対象になるという考え方は根深いです。

しかし、所帯状況の変化に伴う家族介護力の低下や今後の要介護高齢者の更なる増加により、日本のように家族の介護疲れが社会問題化することも懸念されています。

現状では、タイでの介護事業は、一部の富裕層をターゲットとした高齢者介護施設という形で増加していくと思われます。

タイの政治情勢に注目

 バーツ高

堅調に推移するタイ経済ですが、その一方で政権が安定していないのがタイの現状です。現在も暫定政権による政治が行われています。

今後の政治情勢によっては、バーツの信頼が急激に落ちることも考えられます。結果、突発的にバーツ安に触れることも考えられます。

タイのプラユット暫定首相は、バンコクで記者団に対し、総選挙を2018年11月に実施することを明らかにしました。これによって、軍政長期化の後で民政に復帰する見通しとなります。

しかし、この選挙の結果次第では、大きな方向転換を迫られる可能性もあるため、注視する必要があるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年【タイ】政治的混乱が再燃する!? プミポン前国王・葬儀のあとに注意しよう この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

タイを訪れる旅行者には、どうにか円高・バーツ安になってほしい現状です。しばらくは我慢ということでしょうか。

長い期間の中では、為替は必ず上下します。ということで、次回1万円が4,000バーツ近くなることがあったら、大量にバーツに換金しようと思います。

バーツ建ての外貨預金なんてものもいいかもしれません。やはりバンコクにコンドを買うのが1番かな!?今から貯金しなくてはなりません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年版 日本人男性がタイでモテるための5つの条件とは!?【保存版】 この記事を読んでみる

なぜバーツ高は続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由は!? この記事を読んでみる