てるみくらぶ 2017年に倒産した格安旅行会社 この問題について考えてみた

てるみくらぶの倒産に関しては、大きな社会問題となりました。2017年の3月27日に自己破産を東京地方裁判所に申請し倒産しました。

今回は、多くの旅行者に多大な損害と影響を与えた、このてるみくらぶの倒産について、考えてみたいと思います。

関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogateというオンライン旅行代理店の評判は!?格安航空券を購入しよう この記事を読んでみる

てるみくらぶ 2017年に倒産した格安旅行会社 この問題について考えてみた

てるみくらぶとは

 1998年に前身の「アイ・トランスポート」から分社し設立された旅行代理店です。代表取締役社長は山田千賀子、自社のウェブサイトを利用したオンラインで旅行商品を販売していました。

一都市滞在型ツアーを主な商品として、格安旅行会社として一定の地位を築き、札幌、名古屋、大阪、福岡に営業拠点がありました。

また、ハワイ、グアム、サイパンに現地法人を設立し、ヨーロッパ旅行やクルージングなど付加価値の高い旅行商品も販売していました。

また、てるみくらぶは、テレビ業界などでも利用され、新聞広告などにも積極的に力を入れていました。

https://www.tellmeclub.com/index.html

てるみくらぶの破産

2017年3月27日に東京地方裁判所に自己破産を申請し、同日地裁より破産手続き開始決定を受けました。このてるみくらぶの破産申請時の負債は約151億円です。

また、同時に自己破産を申請した(株)自由自在、てるみくらぶホールディングスと合わせて負債総額は約217億7,795万円となり、旅行業として過去3番目の大規模な倒産となりました。

そもそも、2014年頃から粉飾決算を行っていた模様です。2016年にはてるみくらぶに対する信用情報の問い合わせが東京商工リサーチに急増していました。

2017年の3月の段階にはすでに本社、福岡支社、名古屋支社、大阪サロンが営業を停止していることが確認されています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スカイチケット(skyticket)評判が悪い!? 格安航空券予約サイトについて調べてみた この記事を読んでみる

破産の原因は?

破産の原因については、円安による利益率の悪化や人件費の増加、広告費の増加を大きな要因としています。

しかし、債務超過に陥っていた間も社長の山田は高額の報酬を得ていました。その額は3,000万とも言われています。こういった経営の甘さから倒産に至ったということは明白でしょう。

破産による影響は!?

 てるみくらぶ

3万5000名以上の旅行客が損害を受けたようです。そして、損害を受けた方々には返金される可能性は低いということです。

てるみくらぶから購入した航空券やホテル、ツアーに参加していた多くの出国者が海外にてトラブルに巻き込まれます。

代金を支払ったにも関わらず、航空券やホテルの予約がされていなかったり、そもそも出国することができないなどです。実際に帰国できない旅行者も出ることになりました。

空港に行って、航空券の予約がされていないなんて、考えただけでもぞっとします。すべてのスケジュールも無駄になってしまいます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エアトリ 航空券は特に安くない!? 評判や口コミは? カード決済手数料が高すぎる? 真相を調べてみた この記事を読んでみる

倒産は予見できない

そもそも、旅行会社の倒産は、基本的には予測することができないでしょう。今回の件に関しては、銀行まで詐欺に巻き込まれています。

「現金一括入金キャンペーン」というかなり怪しいキャンペーンを行っていました。後から考えれば、運転資金に困った末にキャッシュを集めたかったということでしょう。

このように後から考えれば・・・ということはあります。しかし、実際は予測することは不可能に近いでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travel2beという旅行予約サイトの評判は? 航空券を購入する際は注意が必要かもしれません この記事を読んでみる

このようなトラブルに巻き込まれないためには

 てるみくらぶ

1. 安心できる旅行代理店を利用する

JTBやHISなどの大手の旅行代理店を利用することによれば、企業の倒産などのリスクは少ないでしょう。安心して購入できる分、料金は高い可能性があります。

2. ツアーなどのパッケージ商品は恐い!?

ツアーなどは旅行会社がパッケージを組んでくれるため、とても便利で安く旅行に行くことが可能です。

しかし、てるみくらぶのようなケースの場合、航空券やホテル、移動手段など、ツアーに含まれるすべてが無駄になってしまう可能性を秘めていることが露呈しました。

最近では、若い人たちがこのようなパッケージツアーを購入しなくなってきたということが、てるみくらぶの顧客離れ、販売不振にもつながったとも言われています。

3. 旅行会社に任せすぎない

特に格安旅行会社で購入した航空券やホテルの予約などは、直接、航空会社やホテルに予約の確認を行うこともできます。

特に航空券の予約に関しては、事前に席の予約などもできますので、旅行代理店から予約番号が発行されたらチェックしたほうがいいかもしれません。

4. 航空券やホテルは安心できる予約サイトから自分で予約しよう

航空会社やホテルに直接予約することも可能ですが、やはり割高になってしまいます。私も利用していますが、安心できる予約サイトから自分で予約することをおすすめします。

航空券ならば、スカイスキャナーなどを利用して格安航空券を探しましょう。そして、そのサイトが信頼できることを確認後、購入しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スカイスキャナー(Skyscanner)格安航空券比較サイトを使ってお得に旅をしよう この記事を読んでみる

安心して購入できる予約サイト『Surprice(サプライス)』がおすすめ

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)に決まり

アジアのホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)で決まりです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

さいごに

このてるみくらぶの問題で、たくさんの被害者が出たことは本当に遺憾です。大切な時間とお金が無駄になってしまったことは本当に許せません。

2度とこんなことが起こらないでほしいです。しかし、今後も大なり小なりこのようなことは起きるかもしれません。

これを教訓に旅行会社に任せすぎずに、自分でも確認作業を怠らないことが重要です。そして、この問題を受けて、旅行者自らももっと賢くならなければいけないということでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Travelgenioというオンライン旅行代理店で航空券を購入する方は注意が必要です この記事を読んでみる

mytrip.comというオンライン旅行代理店の評判は!?格安で航空券を購入しよう この記事を読んでみる