シベリアンハスキー・タイの愛犬家の間で人気の犬種について調べてみた

2018年は戌年ということで、犬にちなんだ話です。実はタイの愛犬家の間で、シベリアンハスキーという犬種が流行っているとこのことです。ちなみに私も大の愛犬家です。

シベリアンハスキーといえば、日本でもバブルの時代に流行った犬種ですね。それではタイで流行っているらしいこのハスキー犬についての記事にしてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコクは野良犬天国!? この気合を読んでみる

シベリアンハスキーがタイの愛犬家の間で人気らしい

シベリアンハスキー

 シベリアンハスキー

シベリアからカナダ北極圏にかけてを原産国とする犬種です。非常に社会性に富んだ大型犬ですね。よく犬ぞりでみるわんこです。

シベリアやアラスカを訪れた探険家や毛皮交易を行う北米商人らがチュクチ族などのイヌイットを「ハスキー」と呼称していました。

そして、その用務犬として用いられていたことが理由として、ハスキーと呼ばれるようになりました。

狼に似た容姿、美しい毛皮のハスキー犬はペットとしても、世界中で人気のある犬種です。特に寒い地域で人気というイメージですね。

日本でも、『動物のお医者さん』という漫画の影響で、知名度が一気に上がり、バブル景気の世相を追い風に飼育者が激増し、「ハスキー犬ブーム」として社会現象を引き起こしました。

タイで流行っている!?

 シベリアンハスキー

そもそもタイでは、犬を飼うということが流行っています。野良犬の多いタイですが、実は非常に愛犬家の多い国です。

そして、ここ最近では本当にシベリアンハスキーを見かけることが多いように感じます。バンコクでも朝方に散歩させている姿を見かけます。

タイでは、外国人が犬の散歩をしているよく見かけます。あまりタイ人が散歩をさせてる姿は見かけない気もします。

チャットゥチャックなどで、子犬がワゴンで売られている姿を見るとなんだか雑な感じもしますが、タイでは空前のペットブームらしいです。

特にタイでも若ものが1人ぐらしの相棒として、犬を飼うということも多いようです。これに関しては日本と同じですね。

バンコクで人気のドッグカフェ「TrueLove@Neverland」

TrueLove@Neverland

住所:153 Soi Ari Samphan 2, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok 10400 Thailand

電話:+66 85 908 2777

https://www.facebook.com/neverlandsiberians

バンコクにシベリアンハスキーと遊べるドッグカフェがあります。場所はBTS「Ari(アリ)」駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

True Loveというカフェです。こちらは、たくさんのハスキー犬と戯れることができる珍しいドッグカフェです。

たくさんのハスキー犬ともふもふできます。実際に何度か訪れている友人の話では、かなりの大迫力のようです。

オーナーさんが大のハスキー犬愛好家ということで、このTrueLove@Neverlandをオープンしたとのことです。シベリアンハスキー好きの方は、ぜひ訪れてみる価値はありそうですね。

そうだ!!!タイへ行こう。

タイに行ってみたいと思いませんか!?タイは最も人気のある旅行先です。行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな旅の航空券やホテルの予約には、値段がリーズナブルで、特に安心して購入出来るオンライン旅行サイト、エクスペディア(Expedia)が大変おすすめです。

日本でも抜群の知名度を誇ります。私もよく利用しております。特にホテルの予約に関してはほぼ100%エクスペディアを利用しております。

エクスペディアは、アフターケアや日本語のサポートもしっかりしています。トラブルにも対応できる非常にバランスの良いウェブサイトです。ぜひエクスペディアを使って、お得に旅に出かけましょう。

<エクスペディア(Expedia)はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

まとめ

バンコクにシベリアンハスキー犬のドッグカフェがあるということは、タイでハスキー犬が流行っていると言えそうですね。

もしくは人気があるということでしょうか。しかし、ハスキー犬はもともと寒い国出身の犬ですから、常夏の国タイではきっと暑いでしょうね。

暑い国タイに、雪とか犬ぞりのイメージが強いシベリアンハスキーは、ちょっとミスマッチですが、なんだか面白い光景ですね。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ジカ熱・2017年タイに上陸したウイルス感染症 どのような対策を この記事を読んでみる

2018年 円安・バーツ高はなぜ続くのか!? バーツが強い理由を考えてみた この記事を読んでみる