ラーメン戦争が勃発!!!バンコクで大流行している日本のラーメンに疑問!?

バンコクで日本のラーメン店が大流行しています。最近では、日本のメディアも大きく取り上げるようになりました。

バンコク都内には、本当にたくさんのラーメン店があります。そして、新規開店するお店も増えています。ということで、今回は、バンコクのラーメン事情について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらかどうぞ>

バンコクカオマンガイ戦争が勃発!? プラトゥナームのみどりのカオマンガイ この記事を読んでみる

ラーメン戦争が勃発!!!バンコクで大流行している日本のラーメンに疑問!?

バンコクのラーメン事情は!?

 ラーメン

もともとタイには、中華料理の影響を受けたクイッティアオなどのおいしい鳥そばがあります。屋台で40バーツ(約100円)ほどで食べることができます。

レストランでも100バーツ(約300円)ほどで食べることができます。とてもおいしいので、私もバンコク出張の際には1度は必ず食べます。

トムヤムクンなどの辛いスープのラーメンもとてもおいしいです。これらのタイラーメンは、1度食べると本当にクセになる味です。何よりこの安さも魅力的です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

THONG KEE RESTAURANT (トンキーレストラン)【再訪】アソークの名店に行ってきました この記事を読んでみる

バンコクの日本のラーメン店は!?

最近では、バンコクで手軽に日本のラーメン店のラーメンが食べられるようになりました。というよりラーメン店が乱立しています。

そうです。バンコクは空前のラーメンブームなのです。とはいえ、海外でよくありがちな事は、日本のラーメンをタイ人の口に合うようにアレンジしたものです。

しかし、バンコクで流行っているラーメンは、日本でも食べられているような本格的なものです。味もほとんど変わりません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

深夜便 バンコクに早朝に到着・ホテルで部屋に入れるまでの過ごし方は!? この記事を読んでみる

世界に進出した一風堂

 ラーメン

日本のラーメンチェーンのなかで、かなりの勢いで世界進出しているラーメン店が一風堂です。もちろんバンコクにもあります。

バンコクでは、ターミナル21などの大規模商業施設に数店舗出店しています。世界中に70店舗近く出店しています。

海外では『IPPUDO』です。なんだかロゴもかわいいです。外観もこだわっていて、見た感じ日本のラーメン店には見えません。

そして、驚くべきはその値段です。バンコクの一風堂では、レギュラーサイズは200バーツ(約700円)と若干高め?という感覚です。

しかし、ニューヨークの一風堂のラーメンは15ドル前後です。日本円にして1,700円くらいします。これにチップを含めると2,000円近くします。

ちょっと高すぎませんか!?もちろん物価の違いはあるので仕方ないことでしょう。しかし、ここまでくると日本人の感覚からかなりズレてしまったように思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

レッドブル(Red Bull)世界中で大人気のエナジードリンクはタイ発祥だった!? この記事を読んでみる

バンコクで日本のラーメンは高い!?

バンコクの日本のラーメン店の価格は、普通サイズで200バーツ〜300バーツと高めです。バンコクの物価からすると結構な強気な値段です。

タイの最低賃金が日給で300バーツです。タイのセブンイレブンの時給は30バーツです。これを考えるとラーメンがかなり高級品であることがわかります。

ちなみに、私のバンコクでの夜ご飯は、地元のローカルレストランでビールとトムヤムクン、ご飯、野菜を食べても200バーツ程度ですので、この値段の違いがわかると思います。

もちろん、バンコクでラーメンが高いと思えば、食べなければいいだけなのですが、ここではこういうことを書きたいわけではありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均・月2万6,973バーツと増加傾向 1人あたりの平均は9,266バーツ この記事を読んでみる

日本のラーメンのクオリティはやっぱり高かった

 ラーメン

ここで思うことは、これだけタイの物価と差がある日本のラーメン店がバンコクで大流行しているということは、日本のラーメンはやはりおいしいということです。

そして、クオリティが高いという証拠でしょう。私が小さい頃の日本では、ラーメンは1杯500円以下でした。1,000円近いラーメンが流行り出した時はどうしようか思いました。

しかし、今ではこれが普通になりました。このラーメンというシンプルな料理ですが、時間をかけて作る1杯の魅力は計り知れません。

特に暑い常夏の国タイでも、日本の熱々のラーメンがうけるということは、日本の食文化が認められた証拠です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ティラピア 日泰友好の証・台所を支えタイ国民に愛される天皇陛下のお魚とは? この記事を読んでみる

タイに120店舗以上ある『8番らーめん』

 ラーメン

1992年にタイに進出した、日本のラーメン店の先駆者といえば、『8番らーめん』です。日本の懐かしいラーメンを100バーツ以下で食べることができます。本当においしいです。

タイで最も店舗数の多いラーメンチェーンではないでしょうか。8番らーめんは、もともと石川県の小さなラーメン店から始まりました。

タイでは、バンコクのシーロムコンプレックスに1号店を出店後、現在タイ国内に122店舗を展開しています。日本国内の店舗と変わらない規模になりました。

今では、この8番らーめんは、大流行しているバンコクの日本のラーメン店の中で、私にとって1番思い入れのあるラーメン店です。

8番らーめん オフィシャルサイト

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイで買い付けして、日本のメルカリで販売できるものは何か!? この記事を読んでみる

そうだ タイに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

今月は、今年最初のバンコク出張に行きますので、早速バンコクのラーメン事情についても詳しく見てこようと思います。

さて、どこに食べに行こうかな!?今から楽しみです。少し前のテレビでエラワンバンコクの地下にできた、『麺屋一燈』が人気という話でした。

チットロムは仕事で必ず行くので、ふらっと食べてみようかと思います。しかし、人気の魚介つけめんの350バーツは、さすがにバンコクでも高いです。ちょっと迷ってしまいます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Gotogateというオンライン旅行代理店の評判は!?格安航空券を購入しよう この記事を読んでみる

M-150(エム ロイ・ハーシップ) タイで激安10バーツの栄養ドリンクが大流行!? この記事を読んでみる