タイ人の平均月収は!? 現地採用で優雅な生活は嘘!? 日本人がタイで暮らすためのお金は!?

現地採用 で裕福な生活!? タイに移住した日本人をフォーカスしたテレビ番組が放送されていました。確かにタイは物価の安い国です。

しかし、テレビで紹介されるような優雅な生活はどうでしょうか!? ということで、今回は、タイ人の月収と日本人の現地での生活について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スーパーリッチ (Super Rich)バンコクで1番人気のある両替所!! レートが良く店舗数も多い!! この記事を読んでみる

タイ人の平均月収は!? 現地採用で優雅な生活は嘘!? 日本人がタイで暮らすためのお金は!?

タイ人の平均月収は!?

 現地採用

タイ人の法律で定められた最低賃金は、1日300バーツという話を聞いたことがあります。また、タイ人の平均的な月収は45,000バーツのようです。

しかし、これは大卒のタイ人で平均年齢が35歳のデータになります。ちなみに大卒の初任給は平均値で17,500バーツほど、一般的にエリートと呼ばれる人たちの収入です。

パートやアルバイトでは、バンコクのコンビニの時給は30バーツらしく、1日10時間勤務でようやく300バーツになります。

加えて、法律で定められた週休1日ですが、生活のために休みなしで働く人、ダブルワーク、トリプルワークと仕事を掛け持ちする人も多いようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均は月2万6,973バーツと増加傾向!! 1人あたりの平均は9,266バーツ!! この記事を読んでみる

タイは貧富の差がとても激しい!!

タイは貧富の差がとても激しい国です。バンコクのエリートは確かに稼いでいるイメージもありますが、地方では月収1万バーツ以下も普通だと思います。

このように収入の差がとても激しく、夫婦共働きは当たり前です。また、働く女性が多いのも特徴でしょう。

特に女性が働いて大家族を養っている家庭も多く、男性が仕事をせずにフラフラしているなんて光景も見かけます。

加えて、大都市へ出稼ぎに行き、実家へ仕送りをする若者も多く、中には自分で学費を払いながら残ったバイト代を仕送りに回す大学生までいるようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

PAWN SHOP タイの質屋が熱い!! 質流れの金製品が安い!? 思わぬ掘り出し物を発見!! この記事を読んでみる

月収1万バーツ以下は貧乏!?

タイでは、月収が1万バーツ以下は貧乏という感覚です。特にバンコクを中心とする大都市圏では物価が高いことも理由でしょう。

また、地方都市の月収はさらに低く、農業や林業などに従事している人の給料は5,000バーツほどと言われています。

ちなみに15,000バーツで中流という認識で、日本人の生活と比較するならば、平均年収は420万円でしょうか!? そして、大卒の平均月収では約20万円といった感じです。

単純に生活レベルを比較することはできませんが、日本の大卒初任給20万円は、約6万バーツなので、やはり日本の初任給は相当高いと言えるでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ移住 物価の安いバンコクに住む!! ビザとお金は!? 50歳以上はロングステイビザがある!? この記事を読んでみる

タイは本当に物価が安い!!

日本との比較ではタイの月収は安いと感じますが、やはり物価も大きく異なります。逆に言うと日本の物価が高すぎるという一面もあるでしょう。

しかし、近年タイの物価は上がり続けていると言う現状もあり、特にバンコクなどの首都圏では、ここ数年で地価も相当上がりました。

それでは、物価を考える上で、タイで実際にお金を使った場合、日本とどれほどの差があるのか!? について、比較してみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Wat Worachanyawas まさに聖地!! バンコク最安値!? 100バーツのタイマッサージ店が密集!! この記事を読んでみる

タイで飲料水を買うといくら!?

分かりやすいモノでの比較では、飲料水があります。タイのコンビニでペットボトルの飲料水500mlを購入した場合、高くとも10バーツ、平均的には25円ほどでしょうか。

あるテレビ番組で一躍有名になった激安飲料水、ドラゴンウォーターは、5バーツという破格でした。しかし、日本で飲料水を買うとおそらく100円ほどでしょう。

よって、飲料水の価格に関しては、約4〜5倍ほどです。この結果からタイでは少なく見積もっても日本の3分の1程度で購入できると思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

水事情 氷であたる!? 東南アジア旅行の飲料水問題!! 途上国の水は飲まない方が良い!? この記事を読んでみる

タイのラーメン(クイッティアオ)を食べる!!

タイの国民食、ソウルフードとも言われるクイッティアオは、一般的なローカルレストランでは60バーツほどです。また、屋台ではさらに安く40バーツだと思います。

日本のラーメン店の平均的な価格は600円〜700円程度でしょうか!? 最近は日本のラーメンの価格がハイペースで上がるので驚きますが、価格差は3倍ほどでしょう。

ちなみに近年バンコクを中心に日本のラーメン店が大流行、出店ラッシュが続いています。タイの物価では超高額ですが、意外にも賑わっているのが驚きです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

二郎系ラーメン もはや日本を超え!? バンコクのタニヤ通りで本格新メニューを食べる!! この記事を読んでみる

タイは衣料品が激安!!

タイ人の若者に大人気のプラチナムファッションモールでは、Tシャツが100バーツで販売されています。中には日本人でもオシャレと感じる洋服もあるでしょう。

日本では安くとも1,000円以上でしょうか!? よって、タイでは3分の1ほどで購入できます。また、日本のような冬が無いので、衣料品にかかる金額は相当安いでしょう。

特に価格が高いコートなど、重衣料を買う必要が無いのは大きく、ビジネス以外ではジーパンとTシャツで一年中過ごせるのがすばらしいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

プラカノン市場 バンコクのローカルマーケット!! 地元タイ人々で賑わう激安市場を歩く!! この記事を読んでみる

現地採用の月収は!? 日本人が現地で暮らすためには!?

 現地採用

日本人現地採用の平均的な月収は、5万バーツほどと言われています。よって、税金や保険を差し引かれても4.5万バーツは残るでしょう。

もちろんこれは働く会社や本人のスキルによっても違います。私の知人の中には、実際に4万バーツほどだったケースもありますが、基本的には5万バーツほどのようです。

よって、比較的物価の高いバンコクでも現地の生活に馴染めれば、普通に暮らせると思います。むしろ、現地のタイ人よりは金銭的には豊かな生活と言えるかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バーツ高 はなぜ続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由とは!? この記事を読んでみる

現地採用!! テレビで見るような憧れの生活は嘘!?

 現地採用

ここで問題になるのは、最近テレビでも頻繁に取り上げられているタイに移住して、優雅な生活は実際にできるのか!? という点でしょう。

結論から言うと、不可能です。プール付きの高級マンションで、週末はドレスアップしてパーティー、タイ人にモテモテの派手な生活は、現実的には夢のまた夢です。

特に現地採用では、高い家賃を払った瞬間に生活がカツカツになります。テレビで切り取られたような日常の良い部分だけを信じると確実に痛い目に遭うでしょう。

日本のテレビ番組の誇張については、現地に住む友人たちもSNSなどで嘘を指摘していますが、こんなはずでは無かったと騙される人もいるようなので、注意喚起したいと思います。

しかし、日本で普通に採用され、日本企業の駐在員として赴任する場合には、憧れの豪華な生活も期待できます。中には車で送迎されるような夢の生活も可能かもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ロレックス 人気のシードゥエラーを定価で購入!! タイの正規店や免税店に希少モデル!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)がおすすめです。アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。

また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。

<アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

現地のタイ人と同じ水準で生活できる自信のある人でも最低2万バーツは欲しいでしょう。もちろん贅沢は確実にできません。

また、現地採用で5万バーツでも比較的楽に生活はできると思います。しかし、テレビで放送されるような優雅な生活は難しいという現実は、知っておいた方が良いかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行 3泊4日!! 日本円でいくら持って行けば良い!? バンコク観光や予算を考える!! この記事を読んでみる

エクスペディア 航空券やホテル予約は安いの!? 評判や口コミ!? トラブルやキャンセル料は!? この記事を読んでみる