タイ移住 物価の安いバンコクに住む!! ビザとお金は!? 50歳以上はロングステイビザがある!?

タイ移住 を考えている人も多いのではないでしょうか? タイに限らず、物価の安い海外に移住したいと考えている人は最近特に増えています。

私はタイからの輸入ビジネスを営んでいる関係もあり、真剣に移住を考えています。ということで、今回は、タイに移住するために必要な事について、記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 バンコクが海外旅行の渡航先ランキング世界1位!! 2年連続首位をキープ!! この記事を読んでみる

タイ移住 物価の安いバンコクに住む!! ビザとお金は!? 50歳以上はロングステイビザがある!?

タイ移住について考える!!

 タイ移住

近年、タイに移住する日本人は増加傾向です。退職後、リタイヤした後に移住する人も多いようですが、最近では若者の移住も多いようです。

また、移住したいと思っている人も多いのではないでしょうか? それでは、実際に移住を実現するためには何が必要でしょうか。

海外移住に必ず必要なモノといえばビザです。そして、最低限の収入など、やはりお金の問題は気になるところでしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

日本の携帯料金が高すぎる!! 4割値下げが可能!? タイの携帯料金の5倍以上の価格!? この記事を読んでみる

ビザがなくても住むことができる!?

 タイ移住

私も昔はバックパッカーとして、タイに長期間滞在したことがあります。ノービザでも30日以内であればタイ国内に滞在することが可能です。

そして、30日以内に1度タイ国外に出国、またタイに入国するという方法をとれば、最大で60日間滞在することができます。

これには諸説ありますが、空路での出入国に関しては比較的チェックは厳しくありませんが、陸路での入国、滞在期間によっては、厳しくチェックされるので注意が必要です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ミャンマー 2018年10月からの1年間は観光目的の日本人と韓国人はビザ免除に!! この記事を読んでみる

滞在期間にはルールがある!!

 タイ移住

6か月の間に3か月間の滞在が可能という話を聞いたことがあります。しかし、6か月の間に3か月以上滞在した旅行者が、空港で次回の入国を拒否されることもあるようです。

これは、6か月、180日の間に3か月の滞在期間を超えて、90日以上タイ国内に滞在してはいけないというルールになります。

そして、陸路での隣国への出国、入国に関しては厳しくチェックされます。内容は非公開のようですが、3回目の入国で拒否されるという定説もあるので注意が必要でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カオサン通り バックパッカーの聖地!! 昔は米屋街だった!? 安宿街になったのは最近!? この記事を読んでみる

ビザを取得するには!?

タイに限らず、基本的に海外に住むためにはビザが必要になります。特にロングステイ、完全に移住を考えるのであれば、長期間滞在できる許可が必要になるでしょう。

それでは、どうすればビザを取得することができるでしょうか? まず考えられるのは、タイで就職する、もしくは、学校に通うことでしょう。

これらは労働ビザ、学生ビザというものになります。こちらに関しては、改めて調べてみようと思いますが、上記以外ではこのような方法が存在するのです。

<関連記事はこちらからどうぞ> 

タイは野良犬がいっぱい!! 自由に力強く生きているわんこに日本人の社畜人生を重ねてみた!! この記事を読んでみる

50歳以上であれば1年間滞在が可能!!

 タイ移住

タイ政府が推奨しているビザ(ロングステイビザ)というものを取得できます。こちらは満50歳以上の外国人に与えられるビザです。しかし、取得するためには諸条件があります。

1. 満50歳以上であること。

2. タイ国内の銀行に80万バーツ以上の貯金があること。

3. 2の貯金がない場合は、月6万5,000バーツ以上の年金受給額があること。

上記を満たしていれば、1年間の滞在を認められます。そして、この条件が継続できれば、何回も更新が可能とのことです。詳しくは下のリンクをチェックしてみましょう。

在京タイ王国大使館『ノンイミグラントO-A(ロングステイ)』

50歳以下はどうすればいいの?

現状では、銀行預貯金の証明などで取得できるビザは無いようです。やはり、若者は勉学に励むか、働けということでしょう。

それでは、私のように50歳以下の人が移住を考えた場合には50歳まではまだ期間があります。もし、その前に移住したいと思った場合はどうすべきでしょうか?

<関連記事はこちらからどうぞ>

屋台飯 タイの庶民の味を食べる!! 激安グルメは豊富なメニューと安定のおいしさ!! この記事を読んでみる

タイに会社を作る!?

社会人でタイに移住するためには、結局はタイで働くという必要があります。日本企業の駐在員や現地採用というのが主な方法でしょう。

しかし、私のように会社組織を離れて、しばらく経ってしまうと、そこから会社組織に復帰するのはとても大変です。

心情的な問題もありますが、現在のビジネスの関係もあるので、すぐに辞めることはできません。タイに移住を考える人の中には、こういった事情もあるのではないかと思います。

それではタイに会社を作るというのはどうでしょうか? 自分が会社と共に移るという方法もあるはずです。もちろんハードルは高いですが、決して不可能ではないはずです。

ということで、将来的にタイで会社を設立するということを考えながら、実際にリサーチをして、進めていきたい思います。また、具体的な方法については、改めて記事にしたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイで買い付け!! 日本のメルカリで高値で販売できるものは何!? 旅の資金を稼ごう!! この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しましょう。サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

これから海外へ拠点を移したい個人、企業も増えるのではないでしょうか? インターネットの普及でPC1台で仕事ができる環境も整ってきました。

そして、物価の安い国に生活の場を求める人が増えるのも当然のことだと思います。ということで、私も実際に移住を実現するために今後色々と考えていきたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2017年 タイの世帯収入の平均は月2万6,973バーツと増加傾向!! 1人あたりの平均は9,266バーツ!! この記事を読んでみる

タイマッサージ タイ旅行で失敗しないマッサージ店の選び方!! 5つのキーワードとは!? この記事を読んでみる