タイに移住!? バンコクに住むためにはどうしたらいいのか? ビザとお金の問題は?

海外に移住したいと考えたことはありませんか? 私はタイからの輸入をビジネスの生業にしていることもあり、将来的にタイに移住する選択肢もあっていいのでは?と考えています。

最近では、若者が海外に移住するケースも少なくありません。ということで、今回は、タイに移住するにはどうしたらいいか? について、考えてみようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ホイクワン・ナイトマーケットの激安ローカル屋台で、激辛タイ料理を食べよう この記事を読んでみる

タイに移住!? バンコクに住むためにはどうしたらいいのか? ビザとお金の問題は?

タイ移住について考える

 移住

近年、タイに移住する日本人も増加傾向にあるようです。。日本で退職、リタイヤした後に、タイへ移住する方も多いようです。

また、移住したい若者も増加しています。それでは、実際にタイ移住を実現するためには、どうすればいいのでしょうか?

海外に移住するためには、ビザが必要でしょう。また、最低限の収入ないし、お金の問題も気になるところです。それでは、1つずつ考えていきたいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ヤワラート通り タイ・バンコクの中華街は中国人観光客も懐かしむレトロな街並だった この記事を読んでみる

ビザがなくても住める?

 移住

私も以前バックパッカーでタイを長期訪れたことがあります。ノービザで30日以内であればタイ国内にステイすることができます。

そして、30日以内に1度タイ国外に出国して、またタイに入国するという手段をとりました。これによって、最大60日間滞在することができます。

ちなみに、このやり方で、エンドレスにタイに住み続けることは、理論的には可能なのでしょうか!?

これには諸説ありますが、空路での出国、入国は比較的チェックが厳しくないようです。しかし、滞在期間の長さ次第では、厳しくチェックされます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カワウソ10匹を密輸 タイ・ドンムアン空港で日本人女子大生が逮捕される!? 組織的な犯行? この記事を読んでみる

滞在期間にルールがある?

6か月間の間に3か月間の滞在が可能という話を聞いたことがあります。6か月の間に3か月以上滞在した旅行者が、空港で次回の入国を拒否されることもあるようです。

これは、6か月・180日の間に3か月の滞在期間を超えて、90日以上タイ国内に滞在してはいけないというルールになります。

そして、陸路での隣国への出国、入国に関しては、厳しくチェックされます。内容は非公開のようですが、3回目の入国で拒否されるという定説もあります。注意が必要でしょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

カオサン通り バックパッカーの聖地は米屋街だった?安宿街になったのは最近のこと!? この記事を読んでみる

ビザを取得するには

タイに限らず、基本的に海外に住むため(移住)にはビザが必要になります。特にロングステイ、完全に移住を考えるのであれば、長期間滞在できる許可が必要になります。

それでは、どうすればビザを取得することができるでしょうか?思いつくのは、タイで就職、タイで学校に通うことでしょう。

これらは、労働ビザ、学生ビザというものになります。こちらに関しては、改めて調べてみようと思います。上記以外ではこのような方法があります。

50歳以上であれば1年間滞在できる

 移住

タイ政府が推奨しているビザ(ロングステイビザ)というものを取得できます。こちらは満50歳以上の外国人に与えられるビザです。

しかし、こちらを取得するためには各条件があります。

1. 満50歳以上であること。

2. タイ国内の銀行に80万バーツ以上の貯金があること。

3. 2の貯金がない場合は、月6万5000バーツ以上の年金受給額があること。

上記を満たしていれば、1年間の滞在を認められます。そして、この条件が継続できれば、何回も更新が可能とのことです。下のリンク先に詳細が記載してあります。

在京タイ王国大使館『ノンイミグラントO-A(ロングステイ)』

50歳以下はどうすればいいの?

現状では、銀行預貯金の証明などで取得できるビザは無いようです。やはり、若者は勉学に励むか、働けということでしょう。

私のような人間が移住を考えた時に、50歳まではまだ期間があります。もし、その前に移住したいと思った場合はどうすべきでしょうか?

そうだ!!!タイに会社を作りたい

私が考えたのは、タイで就職するということですが、私のように会社組織を離れて、しばらく経ってしまうと、そこから会社組織に復帰するのはなかなか大変です。

心情的な問題よりも、現在のビジネスの関係もありますので、すぐに辞めることはできません。タイに移住を考える方には、こういう事情を持つ方も多いのではないでしょうか?

それでは、タイに会社を作ってしまうというのはどうでしょう。自分が会社ごとタイに移ってしまう、タイで働くということです。

もちろんハードルはいくつもありますが、どうせやるなら「高いハードルを目標」なんて理想を掲げてみましょう。

ということで、将来的にタイで会社を設立するということを考えながら、実際にリサーチして、進めていきたい思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイで買い付けして、日本のメルカリで販売できるものは何か!? この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

さいごに

移住を考える。今後は海外へ拠点を移したい個人、企業も益々増えるのではないでしょうか?インターネットの普及でPC1台で仕事ができる環境も整ってきました。

次回は、タイ移住において、タイに会社を設立するためには、実際にどうすればいいのか?このような観点から考えてみたいと思います。

タイに移住!? バンコクに住むためにはどうしたらいいのか? ビザとお金の問題は? Part2 この記事を読んでみる

<関連記事はこちらからどうぞ>

なぜバーツ高は続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由は!? この記事を読んでみる

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる