【完全版】タイ・バンコク旅行の旅費は!? 航空券やホテル、娯楽まで 予算をまとめてみました

タイ・バンコクへ旅行を考えている方、もしくは、バンコクに行ってみたい方、必見の内容です。バンコク旅行に行くには一体いくら旅費がかかるのでしょうか!?

航空券やホテル、お買い物や娯楽に関する費用を、バンコク渡航歴、約20年の経験からまとめてみようと思います。 参考にしてみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ> 

Surprice!(サプライス)評判の良い格安オンライン旅行サイトで航空券を買おう この記事を読んでみる

タイ・バンコク旅行の旅費は!? 航空券やホテル、娯楽まで 予算をまとめてみました

航空券

海外旅行といえば、1番費用がかかるのは、航空券でしょう。はじめに航空券の値段について、見てみましょう。

航空会社(レガシーキャリア)

 バンコク

私も利用しているJAL(日本航空)など、直航便を利用した場合は、費用は5万円台から6万円台が通常と考えております。

GW、お盆、正月などは高額になりますので、注意が必要です。バンコク行きでは、JAL、 ANA、タイ国際航空などを利用することになります。

経由便(トランジット)の場合は、3万円台から探すこともできます。しかし、時間と体力を使います。時間に余裕のある方はには、おすすめかもしれません。

中華系のキャリアやマレーシア航空、ベトナム航空などの東南アジアのキャリアが中心になるでしょう。

 <関連記事はこちらからどうぞ>

スカイスキャナー(Skyscanner)格安航空券比較サイトを使ってお得に旅をしよう この記事を読んでみる

格安航空会社(LCC)

バンコク行きのLCCは、エアアジア、スクートエアなどが有名な航空会社になります。費用に関して、タイミング次第では、2万円台から探す事が可能です。

しかも直航便です。これは安いでしょう。しかし、予約の時期やタイミング次第では、レガシーキャリアと料金が変わらない事もありますので、確認が必要になります。

LCCは、預ける手荷物や機内食などが別料金になりますので、そういうサービスをご利用しない方には特におすすめでしょう。

レガシーキャリアは、バンコク、スワナプーム空港に到着するのに対して、LCCはドンムアン空港に到着しますので、注意が必要です。ちなみに市内までの距離はほとんど変わりません。

そういう意味では、時間・体力的にもレガシーキャリアの経由便より、LCCの直行便の方がおすすめかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

エクスペディア(Expedia)の航空券+ホテルのパッケージツアーが激安で便利すぎました この記事を読んでみる

   まとめ
・価格より安心とサービスを求める方→JAL、 ANA、タイ国際航空
・時間に余裕があり、LCCは勇気がいるという方→マレーシア航空、シンガポール航空など
・直航便で安ければ最高という方→エアアジア、スクートエア

ホテル

 バンコク

次はホテルの予約です。バンコクには本当に幅広い価格帯のホテルがあります。

普通のホテル(3つ星程度)  :3,000円〜5,000円ほど。

高級ホテル(4つ星、5つ星):10,000円〜

格安ホテル(宿泊施設)    :1,000円〜

外資系の高級ホテルは、基本的に10,000円以上しますが、日本のホテルの値段から考えるとそれでもかなりお得でしょう。

50,000円を超える超高級ホテルもあります。マンダリンオリエンタルなど、サービスも最高級のホテルは高額です。

バックパッカーの聖地、「カオサン」や中華街「ヤワラート」には、1,000円以下で泊まれる、ドミトリーなどの宿泊施設もあります。

しかし、バックパッカーで長期滞在される方以外は、このような格安の宿泊施設は、おすすめ致しません。

セキュリティの問題もあります。実際に女性が危険な目にあったという話もよく聞きますので、注意しましょう。私は、毎回3,000円〜5,000円程度のホテルに宿泊しております。

このくらいのホテルでもかなり満足できます。プールやフィットネス、もちろん朝食つきのホテルを探すこともできます。

そして、ホテルの料金を調べるには比較サイトが便利でしょう。私も予約する前に幾つかの予約サイトで料金をチェックします。CMでもお馴染みになりました。

ホテルの予約では、少しでも安く泊まりたいところです。また、重要なポイントは、BTSやMRTの駅に近い場所を選ぶことです。電車の駅の近くです。

バンコクでオススメのエリアは、アソーク(スクンビット)駅、サラデーン駅(シーロム)などがとても便利でしょう。

駅近ですから、移動も便利です。観光、買い物、レストランもたくさんあり、とても便利です。この2つの駅からは、バンコク名物のナイトライフを楽しむこともできます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

【保存版】アジアに強いホテル予約サイト『Agoda』の使い方 この記事を読んでみる

  まとめ
・値段とサービスのバランスが良い中級ホテル。3,000円〜5,000円ほど
・最高のホテル、5つ星のサービス10,000円以上
・駅近のロケーションを選ぶべし。BTSアソーク駅エリアがオススメです。 

食費

 バンコク

旅行の費用の中で、必ずかかる費用です。タイ料理を食べること、これはバンコク旅行の大きな目的の1つです。この食費をどうするかで大きく変わってきます。

下に1食分の大まかな料金を書き出してみました。

    屋台         :120円〜

    ローカルレストラン:500円〜

 中級レストラン  :1200円〜1500円

 高級レストラン  :3000円〜

おすすめはローカルレストランです。地元の方が利用するタイ料理レストランです。または、中級クラスのレストランでしょう。バンコクの雰囲気を堪能できるはずです。

タイ料理は、あまり当たりはずれがないと思います。特別味の心配はいらないでしょう。また、キレイ好きな方は、中級以上のレストランを選ぶといいと思います。

また、バンコクの高級レストランはかなり高いです。日本のレストランと比べても高いので、物価の安いタイに来たメリットをあまり感じません。

上記以外にもショッピングモールにあるフードコートは、衛生的にもキレイで、価格もかなり安いです。1食200円程度です。個人的には、屋台もおすすめです。何より雰囲気抜群です。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】 で航空券やホテル、おいしいレストランの口コミ情報をチェックしてみましょう。あなたの素敵な旅をサポートしてくれます。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ホイクワン・ナイトマーケットの激安ローカル屋台で、激辛タイ料理を食べよう この記事を読んでみる

交通費

意外にかかるのが交通費です。基本的に気温の暑いバンコクですので、電車やタクシーを利用するのではないでしょうか。 

電車(BTS・MRT)

バンコク市内の移動であれば電車はとても便利です。バンコク市内にはBTS、MRTという2つの電車が走っています。

交通渋滞の激しいバンコクでは、電車の移動はマストでしょう。ちなみに初乗り50円〜130円で乗ることができます。

かなり頻度を乗る予定の方は、1日乗車券を買いましょう。確か400円ほどだったと記憶しております。電車の乗り方に関して、詳しく解説しております。ご確認下さい。

レストランや買い物でお釣りとしてもらうコインは、BTS(電車)のチケットを購入するのにベストです。どんどん溜まっていくので、電車に乗る際は積極的に使っていきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

BTS(スカイトレイン)が便利 交通渋滞の激しいバンコクでは電車を利用しよう この記事を読んでみる

タクシー

バンコクのタクシーは、日本のタクシーに比べるとかなり安いです。初乗り35B(120円)ほどです。メータータクシーに乗りましょう。観光客相手ではメーターをオンしないこともあります。

タイ語で「チャイ・ミーター」といえばメーターをオンします。覚えておきましょう。バンコク市内では、距離を走ったとしても100B(350円)ほどです。

ちなみにバンコク市内では、ピンクのタクシーがメータータクシーの中でマナーがいいです。基本的にはメーターもちゃんと使ってくれます。

黄色と緑のツートンカラーのタクシーは、交渉しなくてはいけないケースがほとんどです。ということで、あまりおすすめはしません。

これに関しては私の経験則ですので、正確ではないかもしれません。意外と外してはいないとも思います。

タクシーを利用するときは、行きたい場所のsoi(通り)を伝えましょう。例えば、ホテルの名前を言っても、わからないことが多いでしょう。

トゥクトゥク

バンコク観光ではかなり有名です。アジアっぽい雰囲気を味わうために、1度乗ってみたいという方はいいでしょう。しかし、基本的にぼったくりです。詐欺まがいのこともあります。

ドライバーは、提携してる宝石屋やオーダースーツ屋に観光客を連れて行くことで、マージンが入るシステムになっているので、乗車すると「10ミニッツ」とか言って、連れて行こうとします。

連れて行かれるお店自体は、普通のお店のようですが、貴重な時間をとられる上に、トゥクトゥク自体の料金も高いので、私は普段から乗りません。

バンコク市内では様々なところでドライバーが声をかけてきますが、基本スルーでいいと思います。暑いので、タクシーに乗りましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トゥクトゥク詐欺!? バンコクでトゥクトゥクに連れて行かれるお店はぼったくりなのか検証してみた この記事を読んでみる

  まとめ
・時間が正確で渋滞が無く、料金も安い、BTS(電車)を利用しよう。
・メータータクシーはピンク色を選ぼう。行きたい場所のsoi(通り)を伝えよう。
・トゥクトゥクは基本的には利用しない。

通信費

インターネットの環境は非常に重要です。基本的にはホテルはwifiが使えます。格安ホテルは使えないこともあります。また、レストラン、カフェなどでは、wifi環境がある場合もあります。

最近では、日本でwifiをレンタルすることが一般的になってきました。もちろんネットにて予約し、日本の空港で受け取ることもできます。

料金もかなり安くなっているようです。レンタル日数によって、料金が変わりますので、調べてみるといいですね。CMでも有名です。

もう1つの通信手段として、バンコクに到着後、SIMカードを購入するケースです。SIMフリー携帯をお持ちの方は、安くSIMカードを購入して使うことができます。

しかし、個人的にはあまりおすすめしていません。旅慣れた方にはいいかもしれません。私はホテルやレストランで使えるフリーwifiでも問題なく過ごせるとも思っております。

よって、wifiもSIMカード購入もせず、インターネットが使いたい時は、ホテルやwifi環境のあるカフェに入るというのもアリではないでしょうか。

観光・お買い物

観光

観光に関して、王宮や仏閣巡り、有名な観光スポットは、『ワット・ポー』『ワット・プラケーオ』『エメラルド寺院』など。これぞバンコク観光です。

そして、タイマッサージは、バンコク旅行においてマストです。マッサージは、大きくは3つに分かれます。

フットマッサージ   :約1000円
  
タイ(トラディショナル)  :約1000円
  
オイルマッサージ   :約1700円
 

本場のマッサージはとても気持ちいいです。日本と比べて、格段に安いので積極的にマッサージに行きましょう。コストパフォーマンスは抜群です。

私は毎日朝、夜の2回メニューを分けて利用します。これぞバンコク旅行の醍醐味だと考えております。

女性では、エステが魅力的でしょう。本格的なエステを日本よりかなりリーズナブルに堪能できます。このためにバンコクを訪れる方もいるくらいです。

ロケーション、クオリティ、サービス内容によって値段にばらつきがあります。事前に調べるといいでしょう。

さいごに、夜遊び(ナイトライフ)を楽しみたい男性に関しては、どこで、何をしたいのか!?まさに無限です。ここでは多くは語るのはやめておきましょう。

1日の観光にかかるお金は!?

3,000円    遊べます
  
10,000円 かなり遊べます
  
20,000円 けっこう豪遊
 

観光スポットを探したり、調べたりするには、ネットでの口コミは必須です。いろいろな方が情報をアップしてくれております。ここは先人の知恵を拝借するべく、積極的に利用しましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

トリップアドバイザー(TripAdvisor) 5億件の口コミ・世界最大の閲覧数を参考にしよう この記事を読んでみる

お買い物

お買い物です。どこで何を買いたいか!?によって大きく変わるでしょう。なるべく安くタイっぽいお買い物をするにはこんな感じでしょう。

MBK(サイアムエリア)なんでもあります。ex)タイのお土産物など

プラチナムマーケット(プラトゥナームエリア)ex)洋服、雑貨など

普通に日本のようにお買い物をしたい場合はこちら

セントラルワールド、伊勢丹(チットロムエリア)大規模商業施設です。

サイアムパラゴン(サイアムエリア)タイ人も憧れの商業施設です。

時間の関係で、市内で買い物できなかった方は仕方がありませんが、お土産品を空港で買うのはおすすめできません。理由は下の記事に書いてあります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコク ドンムアン・スワナプーム国際空港のお土産は高い? 知らずに損している!? この記事を読んでみる

     まとめ
・タイマッサージはマスト。毎日行きましょう。
・お買い物は予算に合わせて街中でしましょう。
・女性のエステ、男性の夜遊びは無限。楽しんだもの勝ち。。。
 

バンコク旅行の旅費はいくらになったか!?

例として3泊4日で計算してみました。

社会人(仮定)の場合

航空券 55,000円
ホテル 15,000円
食費  12,000円
交通費  3,000円
通信費  3,000円
観光  20,000円
計  108,000円
 

仮定で社会人の場合としましたが、大まかに計算しまして、11万円ほどかかる計算になりました。航空券はレガシー航空会社、ホテルは中級クラスを利用と仮定しております。

このプランであれば、すごく豪華とはいかないまでも、ゆったりと楽しいバンコク旅行になるのではないでしょうか。

学生(仮定)の場合

航空券 30,000円
ホテル 10,000円
食費   4,000円
交通費  1,500円
通信費      0円
観光  10,000円
計   55,500円
 

こちらは、仮定で学生の場合としました。5.5万円ほどでバンコク旅行に行ける計算になります。航空券はLCCを利用、ホテルは少し安めの中級ホテルの利用を仮定いたしました。

ちなみに両者ともに2人旅と仮定した場合は、ホテル料金が半額になりますので、学生のケースでは、約5万円程度で旅行が可能ということになります。

しかし、両プランともにお買い物、お土産などの金額は含んでおりません。この2つのパターンを見て、もっとここを節約できるかな?してみようという方は、さらに安く旅ができるでしょう。

私もそうですが、特に観光スポットに行かなくても、バンコクの街並みを見ながら、100円で買えるタピオカミルクティーを片手にプラプラするというのも一興です。

特にカップルやご家族で訪れる旅行者は、ホテルのプールでのんびりしたり、ウインドウショッピングをするだけでも、とても楽しいのではないでしょうか。

これこそ、旅行の醍醐味でしょう。どこに行くか?そして、誰と行くか!?です。私は出張なので、もっぱら一人旅です。

まとめ

このように、タイ・バンコク旅行は、とてもリーズナブルに行けることがわかりました。リピーターが多い理由も、この価格が魅力という部分も大きいのではないでしょうか。

ちなみにツアーを選択するという選択肢もあります。日程さえあれば、もっと安くバンコク旅行に行けるかもしれません。

今回は、タイ・バンコク旅行の費用や予算について考えてみました。ぜひ参考にしてみてください。それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さい!!!

<人気の関連記事はこちらからどうぞ>

2017年版 バンコクで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 10選【アジアの歩き方】 この記事を読んでみる

2017年版 プーケットで絶対泊まりたい5つ星ホテル!!! 10選【アジアの歩き方】この記事を読んでみる