バンコク ドンムアン・スワンナプーム国際空港のお土産は高い? 知らずに損している!?

旅行や出張など、タイを訪れた際に、ほとんどの方がお土産を購入すると思います。スワンナプーム国際空港でも、免税店を含む、たくさんの方がお土産を買ってる姿を見かけます。

今回の記事は、バンコクの空港のお土産は高い!?です。何度も訪れている方には常識と思われるかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

ドン・キホーテがついにバンコクに出店・在タイ日本人にも嬉しいニュース この記事を読んでみる

バンコク ドンムアン・スワンナプーム国際空港のお土産は高い? 知らずに損している!?

空港のお土産

 土産

バンコクの空港にも免税店があります。もちろん免税品など、お得に購入できるものもたくさんあるでしょう。

私も以前は空港のイミグレーションを通った後に、お土産を買っておりました。両手に袋いっぱいに買って、日本に帰っていました。

しかし、ある時バンコク市内の大きなスーパーで買い物していると、あれっ?この象のお菓子は空港でいつも買うやつと一緒じゃない!?

確かに少しだけパッケージが違う気もします。ちなみに値段は・・・半額くらいでした。よく考えればわかることですが、とてもショックでした。そうです。空港料金です。

お仕事やご旅行の都合で、もちろん時間の関係もありますが、タイ滞在中に時間のある方は、バンコク市内で探したほうが、かなりお得です。

モノによっては、相当お得な場合もあります。ということで、バンコクの空港で買うと高いものをいくつかご紹介したいと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

スーパーリッチ(Super Rich)バンコクで1番人気のある両替所で換金しよう この記事を読んでみる

お菓子類全般

代表的なお土産物でもあるパッケージがタイの写真、定番のチョコやクッキーなどは、かなり高めです。

市内にて、購入する場所によっては、半額くらいです。数量を買うと、高級なタイ料理を余裕で食べられる金額になります。

ちなみに、バンコク市内でお菓子などをご購入する場合はどこがいいのか!?滞在先の近くにスーパーがあると思います。例えば、ロビンソンやなどKマートがあるはずです。

わかりやすい場所は、Big-Cでしょう。色々なところにありますが、日本人にも有名な場所では、バンコク伊勢丹の向かいに大きなBig-Cがあります。

最寄駅は、BTSチットロムです。私もよく行きます。ここは、中国人ががっつり買い物しています。お得に買い物ができる証拠です。

あの大陸の方々は、ディスカウントショップやお得なものに対する嗅覚はさすがです。お時間のある方は、ぜひ行ってみてください。

<関連記事はこちらからどうぞ>

Big C(ビッグシー)タイ・バンコクのお土産は観光客に大人気のここで買おう この記事を読んでみる

一般的はお土産物

 土産

一般的なお土産物というと、範囲が広すぎるでしょ!?という感じかもしれませんが、本当に範囲が広いです。

例えば、象の置物やぬいぐるみ、衣料品やストール、ちょっとしたアクセサリーなどもです。写真のようなものも同様です。

タイのお土産で有名はワニ革のバッグなどです。そして、写真を見ても分かりますが、大体ディスカウントの表示があります。

これは、定価の時点でとても割高なため、実際はディスカウント後でも割高ということがほとんどのようです。

<関連記事はこちらからどうぞ>

SEPHORA(セフォラ)バンコクで大人気のコスメショップでお土産・化粧品を買おう この記事を読んでみる

免税店は除外

 土産

しかし、勘違いされやすいですが、ナショナルブランドの免税店は除外です。ブランドショップは別です。

これはブランドにもよりますが、日本で購入するよりお得なモノもあります。あまり変わらないモノ、逆にタイの方が高いモノもあります。

高額品をご購入される場合は、事前に値段をチェックした方がいいでしょう。化粧品や香水などはお得な場合が多いです。

また、日本の税金が高いタバコなどは、持ち込める本数は決まっていますがお得です。ちなみに持ち込める本数に制限があります。

1人あたり日本製たばこ200本、外国製たばこ200本”が免税の範囲です。タバコは1箱に20本入っているものがほとんどですので、免税範囲内の量は1カートン(10箱)になります。

<関連記事はこちらからどうぞ>

MBKセンター(マーブンクロンセンター) バンコクの巨大ショッピングモールでお土産を買おう!!! この記事を読んでみる

民芸品は高い!!!

 土産

タイ国内で生産されるような民芸品全般ということになります。これもバンコク市内の至る所で安く買えます。

有名な場所は、MBKやチャトチャックなどのマーケットでしょう。観光で必ず訪れると思いますので、忘れずにお土産を選んでおくといいでしょう。

ちなみにMBKより安く買えるところもあります。MBKの店主さんが仕入れに行くようなところがあります。

ここは場所が難しいので、また改めて記事にしたいと思います。完全にバイヤーたちが仕入れに行くような問屋街です。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイ旅行のお土産 実は喜ばれないモノもある!?ちょっとショックな事実とは? この記事を読んでみる

番外編

 土産

最後にお土産品ではありませんが、イミグレーション後にお腹が空いて、最後にご飯を食べたいですよね!?

ちなみに、ここで食べるものや飲みものもやはり値段が高めです。これは空港のチェックイン前に食べると若干安いのでお得です。

しかし、ここまで考えると、すべてが損、得という感じで楽しくないかもしれません。私は値段を考えずに食べてしまいます。観光地料金的な感じも仕方ないでしょう。

日本のスキー場のカレーのような感覚です。あそこで食べるからおいしいものもあります。これと同じような感じでしょう。

http://www.suvarnabhumiairport.com/jp

そうだ バンコクに行こう!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

ホテル予約はエクスペディアに決まり!!

ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。

掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。

<エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ>

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

さいごに

お土産は空港で買うからいいんだよ、高くてもいいという方もいるかもしれません。それはそれでいいと思います。

しかし、市内で買えば、キャリーバッグに詰めて荷物も減らせます。お時間に余裕のある方は、バンコク市内で、スーパーや民芸品屋さんにお土産を探しに行ってみましょう。

特に、お土産をたくさん買う方は、その浮いたお金で、豪華なレストランで食事ができるかもしれません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

電子たばこ(iQOSなど)タイは持ち込み禁止、他に持ち込めない国は!? 2018年最新情報 この記事を読んでみる

タイ・バンコクを中心に電子たばこやiQOS使用による日本人の逮捕者が続出!?注意が必要!!! この記事を読んでみる