タイ・バンコクのタクシー事情 タクシーを選んで乗ろう、運賃や乗り方、注意点は!?

タクシーにぼったくられた?乗車拒否された!?などタイ・バンコクでは、タクシーでのトラブルはよく聞く話です。せっかくの楽しい旅行でテンションが下がってしまいます。

ということで、今回は、バンコクのタクシー事情、運賃や注意すべき点などを含めて、タクシーの選び方について、記事にしようと思います。

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイの激安レッドブルがおいしすぎる、飲みすぎ注意・中毒者続出!? この記事を読んでみる

タイ・バンコクのタクシー事情 タクシーを選んで乗ろう、運賃や乗り方、注意点は!?

タクシーの基本的な運賃は?

初乗りは、35バーツ(1kmまで)です。1km以降の運賃に関しては、1km〜10kmまでは1kmごとに5.5バーツ上がっていきます。渋滞中、速度6キロ以下の場合は、1分で2バーツ加算されます。

10km以降は運賃が1kmあたり6.5バーツに変わりますが、市内で10km以上乗ることはあまりないでしょう。ちなみに、メーターは2バーツづつ上がっていきます。

空港からタクシーに乗った場合は空港使用料50バーツが別途かかります。また(ハイウェイ)高速道路をを利用する場合は、高速料金を乗客が払うシステムです。

このような状況を知らずに、不当な料金を請求されたと勘違いしてトラブルになるケースがあります。必ず覚えておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

2018年 タイ旅行の服装は!? 何を着て行けばいいの? 実は恥ずかしいその服装について この記事を読んでみる

タクシー運賃と相場は?

バンコク市内を移動する場合(BTS駅3つくらい)、80〜100バーツでしょう。過度な渋滞に巻き込まれなければ100バーツを見ておけば間違いありません。

空港からバンコク市内(スクンビット辺り)までは、300バーツ前後が相場でしょう。これに空港使用料と高速利用の場合は、高くて450バーツほどと考えておきましょう。

<関連記事はこちらからどうぞ>

なぜバーツ高は続くのか!? 円高・ドル安になっても円高・バーツ安にならない理由は!? この記事を読んでみる

タクシーの種類を覚えておこう!!!

黄色と緑のタクシー

バンコクの個人タクシーです。まれにメーターを使用してくれることがありますが、基本的に交渉制のタクシーになります。初心者には不向きです。

基本的には、乗車前に行き先を伝え、料金の交渉を行います。メータータクシーより割高になることが多いです。

ピンクのタクシー

 タクシー

おすすめのタクシー会社です。新しいタクシー会社のようで、台数も多いです。基本的にメーターを利用します。外国人観光客には、メーターを使わない場合もあるようです。

その場合は、タイ語で「チャイ・ミーター」と言うとメーターをオンするはずです。覚えていきましょう。

黄色、オレンジ、緑のタクシー

こちらも基本的にはメータータクシーなのですが、台数は少ないのかも知れません。基本的にはピンクのタクシーと同様です。

やはりピンクのタクシーが台数が多く、何より色が目立ちます。通りで待っていればすぐに来ますので、ピンクを選びましょう。

タクシーの乗り方はどうすればいい?

ホテルや商業施設のタクシー乗り場では、待っていればタクシーが来ますので、日本での乗車方法と同じです。

日本と異なる点は、ドアは自動では開きません。ドアは自分で開けましょう。また、小銭を用意しておきましょう。お釣りがない場合が多いです。

流しのタクシー(ピンク)の乗り方は?

通りを走っているタクシーのフロントガラスの右あたりに、空車を示す赤いネオンが光っているタクシーを止めましょう。手をあげれば止まってくれます。ピンクのタクシーに乗りましょう。

タクシーが停車したら、乗車しましょう。行き先を伝えます。注意点は、ホテルの名前などでは場所がわかりません。通りの名前を伝えます。ex)スクンビットsoi12 などです。

メーターをオンにしたことを確認しましょう。オンしない場合は、タイ語「チャイ・ミーター」でオンするにはずです。

黄色と緑のタクシーの乗り方は?(上・中級者向き)

基本的に交渉になりますので場所を伝えましょう。ドライバーが値段を言ってきます。納得できれば乗りましょう。大体近距離でも100バーツとふっかけてくるでしょう。

上にあげた相場より少し安く提案して、相場くらいに収まれば乗車するのもいいでしょう。あまりに高い場合はパスです。

近年では、英語の通じるドライバーも増えましたが、英語で話しかけると確実に観光客料金になります。簡単なタイ語を覚えましょう。そういう意味で中級者向きとしています。

<関連記事はこちらからどうぞ>

バンコク・スクンビットでタクシー乗車中にタイの警察に職質される この記事を読んでみる

タクシーに乗る上での注意は?

乗車拒否はあたりまえ!?

日本人は乗車拒否されることは少ないですが、中東系の観光客が乗車拒否されるのをよく見かけます。理由はいろいろあるようですが、気持ち良く見送って、次のタクシーを拾いましょう。

ホテル、観光名所、通りなどの客待ちタクシーは避けよう

高級ホテル付近や観光名所など、通りで客待ちをしているタクシーは、ぼったくりタクシーであることが多いでしょう。

ドライバーから声をかけてくるので分かりやすいです。適当なことを言って客引きをしてきますので、注意したほうがいいでしょう。

小銭を用意しましょう

多くのタクシードライバーは、大きな紙幣に対してのおつりを持っていません。最低でも100バーツと小銭を用意しましょう。小学のおつりをチップとして、あげてもいいかもしれません。

深夜に女性1人でタクシーにのらない

常識中の常識ですが、危険な思いをした話をよく聞きます。密室で2人になるわけですから注意が必要です。土地勘のない海外です。人気のないところに連れて行かれたらアウトです。

渋滞にまきこまれます

朝、夕の通勤時間帯やスコールが降ってくると、必ず渋滞が発生します。バンコクの慢性的な渋滞は社会問題になっています。

特にスクンビット、プラトゥナームなどは激しく渋滞します。歩いたほうが早い場合もあります。時間に余裕を持って行動しましょう。

BTS・MRTを利用しましょう

バンコクの渋滞緩和に一役かっているBTS・MRTは運賃も安く、時間が正確です。積極的に利用しましょう。トラブルもなくストレスを感じることもありません。

<関連記事はこちらからどうぞ>

BTS(スカイトレイン)が便利 交通渋滞の激しいバンコクでは電車を利用しよう この記事を読んでみる

そうだ バンコクに行こう!!!

評判が良く、安心して購入することができるSurprice!(サプライス)で、お得に航空券を予約しよう。サプライスは、HISが運営している旅行サイト、信頼できる日本の会社です。

リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、日本語での対応など、全てにおいてバランスの良い予約サイトです。積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。

<人気の予約サイト Surprice!(サプライス)はこちらからどうぞ>

航空券予約はサプライスで

アジアのホテル予約はアゴダ(agoda)もおすすめ

 ゴールデンウィーク

アジアのホテル予約では、圧倒的なシェアを誇るアゴダ(agoda)もおすすめです。アジア圏に強いアゴダでは、人気のホテルをとてもお得に予約することができます。

日本人による安心のカスタマーサポート・日本語でのアフターサポートも便利でしょう。アゴダ(agoda)を使って、お得に旅に出かけましょう。

<アゴダ(agoda)オンライン予約はこちらからどうぞ>

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

さいごに

バンコクのタクシーは、基本的に最低限の知識があれば、トラブルやストレスはほとんどありません。この記事を参考にタクシーを利用してみましょう。

バンコク.wiki

<関連記事はこちらからどうぞ>

タイで英語は通じるのか?2017年 気になることばの問題について考えてみた この記事を読んでみる

深夜便 バンコクに早朝に到着・ホテルで部屋に入れるまでの過ごし方は!? この記事を読んでみる